今週のメインdeパツイチ2012
第50回札幌記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第50回 札幌記念 札幌・芝2000m  3歳上オープン(GII) 2012年8月24日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ロゴタイプ 皐月賞 1着 去年の5着は度外視していいが今年の成績が... - -
2 2 トウカイパラダイス 大阪杯 2着 相手強力だが大阪杯ぐらい走れば出番も。
3 3 タマモベストプレイ 有馬記念 5着 どこでもそれなりに差は詰める。ヒモで。 -
4 ムーンリットレイク 福島TVOP 1着 重賞では荷が重い感あり。相手関係も悪く。 - -
4 5 ゴールドシップ 宝塚記念 1着 たまに凡走あるのが難点だがまともなら。 -
6 トウケイヘイロー 香港カップ 2着 去年の勝ち馬だが今回条件変わる。今年は?
5 7 エアソミュール 鳴尾記念 1着 今回相手強いが一角欠けるなら出番あり。
8 ハープスター 桜花賞 1着 斤量有利だが仕掛け所が問題。差し切れる? -
6 9 アドマイヤフライト 日経新春杯 2着 前走それなりに好走。ただ今回相手が揃って。 - -
10 ホエールキャプチャ ヴィクトリア 1着 ベストは東京マイル。今回相手も揃うし... -
7 11 ラブイズブーシェ 有馬記念 4着 連勝でサマー2000制覇したいが、相手が... - -
12 ルルーシュ AR共和国杯 3着 久々。今回は相手も揃うし様子見が妥当。 - -
8 13 スーパームーン 札幌グランド 1着 後の天皇賞春3着馬と接戦あり。侮れず。 -
14 ナカヤマナイト 中山記念 1着 多少走るようになるが今回相手揃って。 - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第50回札幌記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第50回札幌記念の展望と予想とヨタ話

 サマー2000シリーズの要となる一戦なのだが...
 それどころではない?第50回札幌記念。

 という訳で、この札幌記念。サマー2000シリーズの中では唯一のGII、さらに北海道に滞在したままシリーズ制覇を目指す馬にとっては天王山となる一戦なだけに、 そっち方面で注目を集めていい筈なんだが...ねぇ。毎年、秋のGIや海外遠征を目指す一線級の馬が出走してくるもんで、そっちばかり注目を集めることに。

 でもって、今年の札幌記念もそんな感じ。函館記念勝ちのラブイズブーシェに同レース4着のアドマイヤフライトといったシリーズ制覇を目論む有力馬がいたりするのだが... まぁ、この馬がいるんではねぇ。凱旋門賞を狙うゴールドシップ・ハープスターがここで再始動。

 そんなこんなで、今回の札幌記念。実績を考えればもうゴールドシップ・ハープスターの2頭で仕方がないでしょう。 ただ、ゴールドシップはたまに凡走があったり、ハープスターは直線が短い札幌で差し切れるか微妙だったりと、それぞれ不安点を抱えているだけに、 本当にこの2頭で決まるかといわれると...ねぇ。この2頭以外の馬も結構揃っていることだし、状況次第では結構割って入るチャンスはあるんじゃないかと。

 で、その辺りを踏まえて札幌記念の予想を。凡走する可能性あるが、まともに走るのであればゴールドシップでいいでしょう。 あと、ゴールドシップ・ハープスターが互いに牽制し合って動くのが遅れるようであればワンチャンスありそうなエアソミュール・トウカイパラダイス・トウケイヘイローといった先行勢、 そして、やはり外せないハープスターといった感じでしょうかねぇ。

<第50回札幌記念予想>

◎ゴールドシップ
○トウカイパラダイス
▲エアソミュール
△ハープスター
△トウケイヘイロー

 ホエールキャプチャやロゴタイプも多少気にはなるが、
 ここまで手を広げると馬券的な妙味がなくなるんで...

結果

1着ハープスター
2着ゴールドシップ
3着ホエールキャプチャ
4着ラブイズブーシェ
5着エアソミュール

タイム:1分59秒1 3F:36.3秒
ハープスター 牝3歳
騎手:川田将雅 厩舎:栗東・松田博厩舎
単勝:8番370円
複勝:8番140円、5番110円、10番690円
枠連:4-5 270円 馬連:5-8 400円
馬単:8-5 900円
3連複:5-8-10 5310円
3連単:8-5-10 19780円
ワイド:5-8 220円
    8-10 2510円 5-10 1530円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、妥当なところなんだけど...
 ホエールキャプチャまでカバーしておくべきだったか。

 まぁ、それはそれとして。札幌記念の結果。久々だとかコースとか位置取りとか不安点があったのだが、蓋を開けてみればこれですからね。 人気を集めたゴールドシップ・ハープスターが他馬を寄せ付けず格の違いをみせつけ勝利。

 レース自体は、大方の予想通りトウケイヘイローが逃げる展開。人気のゴールドシップ・ハープスターはともに最後方からの競馬。 ただ、こういうコースだけに「最後方待機からの直線一気」という競馬はせず、3コーナー付近から早めに上がっていく形。 で、直線に入ったところで後続を突き放し、ゴールドシップ・ハープスターの一騎打ちに。

 そんなこんながあったりしたが、ゴールドシップより斤量が軽めだったり位置取りが前だった分余計な脚を使わずに済んだこともあって、軍配はハープスターに上がることに。 ゴールドシップは差を詰めるものの3/4馬身届かず2着。まぁ、2着とはいっても3着以下には5馬身の差をつけ、力の違いを見せつける結果にはなりましたけど。

 という訳で、勝ったハープスターと2着のゴールドシップ。今回はこういう着順での決着となったが、 現段階でこれだけやれればもう十分でしょう。ともに次に繋がる競馬はできたんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。