今週のメインdeパツイチ2014
第49回札幌2歳ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第49回 札幌2歳ステークス 札幌・芝1800m  2歳オープン(GIII) 2014年9月6日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 フォワードカフェ 芝千八1:51.1 1着 後続突き放した末脚評価。重賞でも出番あり。 -
2 2 ブライトエンブレム 芝千六1:39.2 1着 多少時計かかる馬場合う。ここも馬場次第。 -
3 3 サウスキャロライナ 芝千八1:52.7 1着 新馬は展開嵌まった感あり。ここだと? - -
4 ミュゼエイリアン 芝千八1:51.3 1着 ロスの多い競馬するも完勝。能力高い。
4 5 スワーヴジョージ 芝千八1:51.4 1着 新馬快勝も時計要す馬場で浮上した感あって。 - -
6 シゲルケンカヤマ コスモス賞 5着 前走今一つ。時計要す馬場じゃないと辛い? - -
5 7 トウカイバレット ダ千七1:48.9 1着 芝こなせなくはないが現状ダ向きっぽくて。 - -
8 ミッキーユニバース 芝千八1:48.8 1着 逃げて止まらず。楽に行ければここも。 -
6 9 キッズライトオン 函館2歳S 7着 函館2歳は流れに乗れず。もう少しやれる筈。 -
10 アルマワイオリ 芝千五1:31.1 1着 後続を寄せ付けず完勝。重賞でも注意。 -
7 11 マイネルシュバリエ 芝千八1:52.4 1着 そこそこの末脚使う。展開嵌まれば。 -
12 マイネルサクセサー コスモス賞 1着 OP勝ちは評価も今回重賞。相手も揃って... - -
8 13 レッツゴードンキ 芝千八1:53.2 1着 タイム平凡も持ったまま楽勝の内容評価。 -
14 アドマイヤガスト 芝千八1:51.2 1着 良血馬下して新馬勝ち。能力はある筈。

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第49回札幌2歳ステークスの展望と予想とヨタ話

 去年は新潟2歳Sばかり注目を集めることになったが...
 このレースも相変わらず健在ですよ。第49回札幌2歳S。

 という訳で、この札幌2歳ステークス。去年は新潟2歳ステークス上位のハープスター・イスラボニータに話題を持っていかれたり、 使い詰めの函館&雨で極端に時計の掛かる馬場状態になったもんで全く参考にならないレースになったりと、何かと散々な一戦だったりしたが... 終わってみれば阪神JF馬レッドリヴェール、日本ダービー3着馬マイネルフロスト、オークス3着馬バウンスシャッセといったGI好走馬を輩出。 まぁ、いつも通りの札幌2歳ステークスだった訳でして。

 で、今年の札幌2歳ステークス。例年だと、函館2歳Sやコスモス賞・クローバー賞を使った馬がそれなりに出てきて結果を残すことが多いのだが... 今年はこの手の馬がほとんどおらず、新馬勝ち馬が大半を占めるという状態。まぁ、その新馬を好内容で勝ち上がった馬がそれなりに揃っていたりするんで、 「レベルが低い」なんてことはないんでしょうけど...ちょっと予想し辛いのがねぇ。

 とかいっても、予想しない訳にはいかないんで、とりあえず札幌2歳ステークスの予想を。 「好位追走から楽に抜け出し余裕の勝利」という勝ちパターンの馬が多数いるが、今回はこの手のパターンとは違う形で圧勝したミュゼエイリアンで勝負してみましょう。 新馬戦が福島だったり、7月のものだったりと他の新馬戦と比較し辛かったりするのがちょっとアレだが、コースロスの多い外を回って進出したにも関わらず、 そのまま後続をちぎって圧勝してしまったのは評価していいんじゃないかと。

<第49回札幌2歳ステークス予想>

◎ミュゼエイリアン
○ミッキーユニバース
▲レッツゴードンキ
△アルマワイオリ
△アドマイヤガスト
△フォワードカフェ

 あとは、新馬戦を楽勝したレッツゴードンキ・アルマワイオリを。

結果

1着ブライトエンブレム
2着マイネルシュバリエ
3着レッツゴードンキ
4着ミュゼエイリアン
5着フォワードカフェ

タイム:1分50秒0 3F:36.6秒
ブライトエンブレム 牡2歳
騎手:田辺裕信 厩舎:美浦・小島茂厩舎
単勝:2番1110円
複勝:2番450円、11番860円、13番460円
枠連:2-7 4430円 馬連:2-11 23610円
馬単:2-11 37730円
3連複:2-11-13 86130円
3連単:2-11-13 452740円
ワイド:2-11 4990円
    2-13 2920円 11-13 5740円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。マイネルシュバリエ人気薄で高配当に。
 ただ、印が微妙に食い違って的中は△○止まりというのが...

 まぁ、それはそれとして。札幌2歳ステークスの結果。2歳戦でこういう距離のレースとなれば、道中は折り合い重視で超スロー、そして直線での追い比べ勝負となるのがお約束だったりするが... 今回の札幌2歳ステークスはそれなりに前に行く馬が揃ったこともあってか、前半3ハロン通過が36.5秒、1000m通過が1;01.2と結構早めのペースに。 そんなこともあってか、前につけていた人気どころが最後まで持たず、後方待機の馬が突っ込んでくるという前崩れの結果になってしまいました。

 で、勝ったブライトエンブレム。スタートが悪く最後方からの競馬となったが、こういう展開になったこともあり直線で一気に台頭することに。 好位追走から粘り込みを図るマイネルシュバリエや、中団から伸びてきたレッツゴードンキ、後方待機から外を回って伸びてきたミュゼエイリアンを封じ戦闘でゴールへ。

 ただねぇ、内容的には前崩れの展開や時計のかかる馬場&展開に助けられた面もあるだけに、1・1/4馬身の差をつけ完勝したといってもそれをそのまま鵜呑みにする訳にはいかないんじゃないかと。 とりあえず、この辺りの評価は時計が出る馬場でどこまでやれるかを見てから判断しましょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。