今週のメインdeパツイチ2014
第34回小倉2歳ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第34回 小倉2歳ステークス 小倉・芝1200m  2歳オープン(GIII) 2014年9月7日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 メイショウマサカゼ ダ千0:59.1 1着 スピードは上々も芝の重賞となると... -
2 クリノヤクマン ひまわり賞 2着 前走差のある2着。この条件では苦しいか。 - -
2 3 リッパーザウィン 芝千二1:10.3 1着 時計平凡。もう一押しないと重賞では。 - -
4 ゼンノイザナギ 芝千二1:08.6 1着 未勝利勝ちの時計評価。あとは展開次第。
3 5 ダンツメガヒット フェニックス 6着 フェニックス賞6着で決着済。逆転は... - -
6 ロットリー 芝千二1:09.6 1着 新馬戦悪くないが相手揃ったここでは。 -
4 7 タムロダイチ 芝千二1:10.7 1着 新馬戦快勝するも破った相手微妙で... - -
8 オーミアリス 芝千二1:09.8 1着 新馬の同着馬がフェニックス賞5着。微妙。 - -
5 9 ヒマラヤテンカ ひまわり賞 6着 一本調子。同型いるここでは苦しいか。 - -
10 ノーブルルージュ フェニックス 4着 前走が案外。現状はこんなところかも... - -
6 11 タガノアザガル 芝千四1:23.3 1着 平凡。重賞では入着が精一杯っぽく。 - -
12 タガノヴェルリー 芝千二1:11.1 1着 新馬でそれなりの相手に完勝。重賞でも。 -
7 13 スノーエンジェル 芝千二1:10.4 1着 時計は平凡も最後の伸び脚は評価でき。 -
14 デイドリーム 芝千二1:10.0 1着 牝馬限定の新馬だが内容上々なだけに。
15 セカンドテーブル 芝千二1:09.3 1着 能力一枚上。重賞でも即通用しそうで。
8 16 レオパルディナ フェニックス 1着 OP勝ち評価もメンバー手薄だった感あって。 -
17 オメガタックスマン 芝千二1:11.1 1着 新馬でレオパルディナと接戦有。侮れず。 -
18 クールホタルビ フェニックス 2着 函館2歳S8着気掛かりも前走ぐらい走れば。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第34回小倉2歳ステークスの展望と予想とヨタ話

 夏場に行われた他の2歳重賞と比べると地味だが...
 それなりに活躍馬は輩出する一戦・第34回小倉2歳S。

 でもって、この小倉2歳ステークス。先週行われた新潟2歳ステークスや、土曜の札幌2歳ステークスと比べるとどうも地味な一戦になりがちだが、 去年のホウライアキコ・ベルカントや、2011年のエピセアロームとそれなりに活躍馬を輩出するのがこの小倉2歳ステークス。

 で、今年の小倉2歳ステークスもそんな感じの結果になりそうな雰囲気。クラシックでも通用しそうな素質馬はいないが、 2歳戦や比較的短めの距離で活躍できそうな馬はちらほら。荒天が続いたお陰で馬場が渋り、時計自体はそこまで出てはないが、 好位追走から後続を楽々突き放して完勝したセカンドテーブル・デイドリーム・スノーエンジェル、そこまで派手な勝ち方ではなかったが、 小倉の未勝利で好時計を出し続けたムーンエクスプレス相手に完勝したタガノヴェルリーとかさ。

 で、予想もこれらの馬中心で。ベタに勝負するならフェニックス賞組なんだが...そのフェニックス賞、3着に未勝利馬が入っていることを考えるとねぇ。 レースのレベルはそこまで高くなかったんじゃないかと。ここは前述した新馬勝ち馬で勝負していいんじゃないでしょうか。

<第34回小倉2歳ステークス予想>

◎セカンドテーブル
○ゼンノイザナギ
▲タガノヴェルリー
△デイドリーム
△レオパルディナ
△オメガタックスマン

 あと、前崩れ期待でゼンノイザナギを狙ってみるのもアリかな。

結果

1着オーミアリス
2着レオパルディナ
3着スノーエンジェル
4着ゼンノイザナギ
5着リッパーザウィン

タイム:1分08秒4 3F:35.4秒
競走除外:7番
オーミアリス 牝2歳
騎手:国分優作 厩舎:栗東・藤沢則厩舎
単勝:8番12020円
複勝:8番1960円、16番150円、13番180円
枠連:4-8 2580円 馬連:8-16 21630円
馬単:8-16 64410円
3連複:8-13-16 38210円
3連単:8-16-13 472690円
ワイド:8-16 6250円
    8-13 8890円 13-16 410円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。人気所が上位確保しているんだが...
 15番人気のオーミアリスが来てしまってはなぁ。

 そんなこんなで、大波乱となった小倉2歳ステークス。小倉の短距離戦、かつ前に行く馬が揃ったもんだから前半3ハロン通過が33.0秒と速めのペースに。 まぁ、この位のペースでも押し切れないことはないし、実際、前に行ったリッパーザウィン・ゼンノイザナギ・レオパルディナが残っていたりするんだが... 今回は差し・追込馬の方が優勢だったようで。後方で待機していたオーミアリス・スノーエンジェルが直線一気で突っ込み上位を確保することに。

 しかしなぁ、勝ったオーミアリス。末脚は評価するが...展開に乗じて突っ込んできた感があるだけに、どこまでやれるかちと分からん感じですな。 まぁ、そもそもレース自体のレベルが「?」であるかもしれんし、何だかんだ言う以前の問題だったりするかもしれんが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。