今週のメインdeパツイチ2014
第32回ローズステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第32回 ローズステークス 阪神・芝2000m  3歳牝オープン(GII) 2014年9月21日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ヒルノマテーラ 弥彦特別 2着 堅実駆け評価もパンチ不足。重賞では辛い。 -
2 メイショウラバンド 若戸大橋特別 6着 昇級戦がイマイチ。重賞では苦しい。 - -
2 3 タガノエトワール 牝未勝利 1着 キャリア不足。ここでは荷が重い。 - -
4 アドマイヤアロマ 十勝岳特別 1着 近走手堅く走ってるが、重賞となると。 -
3 5 アドマイヤシーマ 大倉山特別 4着 流れにさえ乗れれば多少はやれる。3着なら。 -
6 ヌーヴォレコルト オークス 1着 コース取りの差あったがGI勝ちは素直に評価。 -
4 7 アドマイヤビジン 紅梅S 1着 良績1400mまで。この距離は厳しそうで。 - -
8 レッドオリヴィア 牝500万下 1着 相手強化&斤量増。ここはさすがに厳しく。 - -
5 9 ディルガ 忘れな草賞 1着 オークスで決着済。一変は望み薄っぽくて。 - -
10 リリコイパイ 西海賞 5着 1000万下を抜け出せず。この辺りが壁? - -
6 11 サングレアル フローラS 1着 オークスは馬体重減が堪えた?馬体戻れば。
12 ダンツキャンサー マーガレット 1着 NHKマイルCもそこそこ健闘。前残りあれば。
7 13 ブランネージュ オークス 5着 詰め甘い。上位は狙えるが勝ち切るのは... -
14 レッドリヴェール 阪神JF 1着 手頃な条件に戻る。あとは仕上がっていれば。 -
8 15 リックタラキチ 東海クイーン 2着 ダートの走り悪くないが芝ではさすがに... - -
16 リラヴァティ チューリップ 3着 重賞ではちと足りない。嵌って3着まで。 -
17 プリモンディアル 有松特別 4着 チューリップ賞9着が問題。重賞では。 - -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第32回ローズステークスの展望と予想とヨタ話

 海外遠征のためハープスターは不在。
 鬼の居ぬ間になんとやら?第32回ローズステークス。

 でもって、このローズステークス。3歳牝馬クラシック三冠目・秋華賞に向けての一戦...なのだが、 前述しているように、春の二冠で強さを見せつけたハープスターは凱旋門賞挑戦のため不在。そんなこんなで、 他の馬にとってはGI制覇の好機ということもあり、ここで結果を出して万全の状態で本番を迎えたかったりするところなんだが...ねぇ。 ハープスターがいなくても、オークス馬ヌーヴォレコルト、阪神JF馬レッドリヴェール、この2頭がいるんでは、その願いも叶わなそうな感じ。

 という訳で、まぁ、ここは前述したヌーヴォレコルト・レッドリヴェールの一騎打ちだったりするんじゃないでしょうかねぇ。 ともに休み明けだったり成長力にケチがついてコケる可能性もあるが、他に通用しそうな馬がサングレアル・ブランネージュぐらいしかいないことを考えると、 こういう結論になってしまうのは仕方がないんじゃないかと。あとは、このヌーヴォレコルトとレッドリヴェールのどちらが勝つのか、その辺りの予想ですな。 とりあえず、阪神JF・桜花賞の内容を評価してレッドリヴェールを頭にして勝負してみますが...

<第32回ローズステークス予想>

◎レッドリヴェール
○ダンツキャンサー
▲ヌーヴォレコルト
△サングレアル
△ブランネージュ

 一発狙うなら前残り期待でダンツキャンサーかな。
 先行馬は多いが、逃げる馬はこの馬ぐらいしかいないし、嵌れば...

結果

1着ヌーヴォレコルト
2着タガノエトワール
3着リラヴァティ
4着ブランネージュ
5着ヒルノマテーラ

タイム:1分46秒0 3F:34.2秒
ヌーヴォレコルト 牝3歳
騎手:岩田康誠 厩舎:美浦・斉藤厩舎
単勝:6番250円
複勝:6番120円、3番2950円、16番690円
枠連:2-3 3240円 馬連:3-6 21060円
馬単:6-3 28160円
3連複:3-6-16 172890円
3連単:6-3-16 759650円
ワイド:3-6 5930円
    6-16 1430円 3-16 55280円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、これはちょっと苦しい。
 軸は来ないし、2着タガノエトワールではなぁ...

 まぁ、それはともかく。ローズステークスの結果。オースク勝ちのヌーヴォレコルトがその実績通りの走りをして順当に勝利...といいたいところだが、内容的にはどうなんでしょうか。 2着以下が未勝利勝ち直後のタガノエトワールや重賞で頭打ち気味のリラヴァティだったり、終わってみれば内をロスなく回った馬が上位を独占していたりすることを考えるとねぇ。 案外恵まれてこういう結果になっただけなのかもしれませんな。

 あと、ヌーヴォレコルトと人気を分け合ったレッドリヴェール。外を回った馬があまり伸びなかったことを考慮しても、この6着という結果はちょっと気になるところ。 休み明けを一度使って変わる余地はあるが、早熟気味で成長力に乏しかった可能性もあったりするんでねぇ。ちょっと様子見したいところですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。