今週のメインdeパツイチ2014
第4回JBCレディスクラシック出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第4回 JBCレディスクラシック 盛岡・ダ1800m  3歳上牝オープン(JpnI) 2014年11月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 コーリンベリー ユニコーンS 2着 強敵相手に好走。距離さえ克服できれば。
2 エイシンルンディー ルプランタン 1着 交流重賞でビリ・ブービー続きではさすがに。 - -
2 3 ピッチシフター サマーCh 2着 交流重賞好走は評価も今回相手揃って。 -
4 ワイルドフラッパー レディスプレ 1着 上昇余地まだある。ここは順当に勝利?
3 5 マイネエレーナ 埼玉新聞栄冠 1着 交流重賞でそこそこ健闘。展開嵌まれば。 -
6 トロワボヌール 柳都S 1着 強敵相手に好走。牝馬限定なら重賞でも。
4 7 カミノマーチ OROディス 2着 地元重賞で勝ち切れず。JpnIではさすがに。 - -
8 フラッシュモブ ひまわり賞 1着 後方追走から差を詰めるだけの馬。出番は... - -
5 9 アクティビューティ JBCレディ 2着 去年の2着馬だが今年は相手揃うだけに... - -
10 サンビスタ ブリーダーズ 1着 前走で決着済?逆転あればいいが... -
6 11 マムティ OROディス 3着 堅実駆け評価もこの条件では見劣りして。 - -
12 ブレーヴスキー トルマリンOP 2着 力不足。ここでは入着も厳しそうで。 - -
7 13 コウギョウデジタル OROディス 1着 大きなところで結果出せず。JpnIでは辛い。 - -
14 カイカヨソウ ロジータ記念 1着 この条件ちと苦しい。入着あれば上々か。 - -
8 15 ブルーチッパー オークランド 1着 この勢い侮れぬ。展開次第で大物狩りも。
16 ボーラトウショウ ミラク特別 1着 連勝は評価も今回JpnI。さすがに厳しい。 - -

以上登録16頭(出走馬、五十音順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第4回JBCレディスクラシックの展望と予想とヨタ話

 中央に続いて月曜にも盛岡でJpnIが。
 まずは牝馬。第4回JBCレディスクラシック。

 という訳で、このJBCレディスクラシック。牝馬限定のダートJpnIがこのレースしかないこともあり、有力牝馬が多数出走しダート路線の最強牝馬を決めるに相応しい一戦となることが多々。 今年も牝馬限定の交流重賞で結果を出し続けているワイルドフラッパー・サンビスタがダート女王の座に就くべくこのJBCレディスクラシックに参戦。

 ...といってみたが、この辺りの話は前走のレディスプレリュードで決着がついてしまってますからねぇ。まだ余裕残しの感があったワイルドフラッパーだったが、 一叩きした効果は絶大だったようで、ブリーダーズGCの借りをきっちり返しサンビスタに1・3/4馬身の差をつけ完勝。で、そんなワイルドフラッパーがJBCレディスクラシックに出走してきたとなると...ねぇ。 もうこの馬から入るしかないんじゃないかと。

 そんなこんなで、予想もワイルドフラッパー中心となるのは仕方がないところだが...ブルーチッパー・トロワボヌール・コーリンベリーといった気になる新興勢力もちらほらいるだけに、 すんなり決着するかとい言われると少々微妙なところ。今回はこれらの新興勢力の台頭があるかどうかの判断が予想の鍵となるんじゃないでしょうかねぇ。 馬券的には、ワイルドフラッパーを蹴ってこれらの馬で勝負するのもアリなんじゃないかと。

<第4回JBCレディスクラシック予想>

◎ワイルドフラッパー
○コーリンベリー
▲ブルーチッパー
△トロワボヌール
△サンビスタ

 まぁ、この辺りの取捨はオッズをみてから考えるのが正解かな。

結果

1着サンビスタ
2着トロワボヌール
3着ワイルドフラッパー
4着アクティビューティ
5着ブルーチッパー

タイム:1分49秒3(R) 3F:37.2秒
サンビスタ 牝5歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・角居厩舎
単勝:10番490円
複勝:10番100円、6番120円、4番100円
枠連:3-5 1480円 馬連:6-10 1840円
馬単:10-6 3500円
3連複:4-6-10 260円
3連単:10-6-4 5760円
ワイド:6-10 240円
    4-10 110円 4-6 150円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印は打っているんだが...
 軸のワイルドフラッパーが3着止まりではなぁ。うーん。

 でもって、JBCレディスクラシックの結果。直線に入った段階ではワイルドフラッパーがこれまで通り楽勝する雰囲気だったが... 追ってもどうも反応が今一つでこれまでのように後続を突き放せず。結局、ワイルドフラッパーの後ろにつけていたサンビスタだけではなく、 トロワボヌールにまでもあっさり交わされてしまい3着という結果に。

 そんなこんなで、勝ったのはサンビスタ。前走のレディスプレリュードで決着ついた感があったが、 今回再びワイルドフラッパーの動きが今一つになってしまったこともあって、これを再逆転しJpnI制覇。 まぁ、そういう理由もあったりするんで、今回の勝利をそのまま鵜呑みにする訳にはいかんのだが... とりあえずここ数戦の安定した走りっぷりは評価していいんじゃないかと。相手の調子次第では再びこういう結果になっても不思議ではないのかもしれませんな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。