今週のメインdeパツイチ2014
第14回JBCスプリント出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第14回 JBCスプリント 盛岡・ダ1200m  3歳上オープン(JpnI) 2014年11月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ノーザンリバー 東京盃 1着 前走完勝。ここも順当に勝てていい筈。 -
2 コパノリチャード 高松宮記念 1着 ダートが鍵もこの相手なら実力でねじ伏せる。
2 3 サトノタイガー アフター5賞 1着 今回相手強力。ただ2・3着なら可能性も。
4 スマイルヴィジット 夕刊フジ賞 1着 地元で展開嵌まって馬券に絡める程度では... - -
3 5 ランドオウジ 栗駒賞 1着 クラスターC・南部杯で決着済。入着あれば。 - -
6 タイセイレジェンド JBCスプ 1着 一昨年の勝ち馬。斤量楽になるし一変も。 -
4 7 サトノロマネ ブルースター特 1着 交流重賞で全く歯が立たず。出番は... - -
8 エーシンハダル 金沢スプC 4着 嵌まってようやく着拾える程度の馬。厳しい。 - -
5 9 ドリームクラフト トウケイ記念 1着 地元の成績評価もJpnIではさすがに苦しく。 - -
10 ハードデイズナイト アフター5賞 1着 去年ほどの勢いなく。嵌まって入着まで。 - -
6 11 ヤサカファイン アフター5賞 4着 一時期ほどの走りはないが嵌まれば多少は。 -
12 ドリームバレンチノ JBCスプ 2着 去年の2着馬。復調しつつあるだけに注意。
7 13 キモンレッド JBCレディ 3着 今年の成績今一つ。もう一変ないと苦しい。 - -
14 ティアップワイルド かきつばた記 1着 最近2桁着順続く。一変を望むのは... - -
8 15 セイクリムズン かしわ記念 2着 堅実駆け評価。流れに乗れれば2着も。
16 エスワンプリンス 園田FCスプ 1着 地元では通用も大きいところでは足りなく。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第14回JBCスプリントの展望と予想とヨタ話

 中央に続いて月曜にも盛岡でJpnIが。
 2戦目は短距離戦。第14回JBCスプリント。

 でもって、このJBCスプリント。ダート路線では貴重な1200mのJpnIということもあり、短距離路線を中心に活躍している馬が多数出走してきているのだが... 最近は芝・ダート区別なく走る馬が多いもんで、ダートだけではなく芝の短距離戦で活躍した馬が参戦することもしばしば。

 で、今年のJBCスプリント。ダート短距離戦だけではなく高松宮記念・スプリンターズSと芝のGIでも結果を出したスノードラゴンが不在なのはイタいが、 その代わりといってはアレだが高松宮記念馬コパノリチャードがこのJBCスプリントに参戦。このレースが初ダートなだけに、こなせるかどうかが鍵となるが... 時計を要した高松宮記念を圧勝しているようにパワーは相当のものを持っている馬だけにアッサリこなしても不思議ではないでしょう。

 とはいえ、この辺りはやってみないと分からん部分でもあるだけに、ここは無難にノーザンリバーを中心にして勝負してみましょう。 で、相手にコパノリチャード、そして一時期スランプに陥っていたが、かなり復調してきたドリームバレンチノ、勝ち切るのは難しいかもしれんが、流れに乗れれば2・3着はありそうなサトノタイガー・セイクリムズンを。

<第14回JBCスプリント予想>

◎ノーザンリバー
○タイセイレジェンド
▲コパノリチャード
△ドリームバレンチノ
△サトノタイガー
△セイクリムズン

 あと、条件楽になるタイセイレジェンドの一変にも注意したいところ。

結果

1着ドリームバレンチノ
2着サトノタイガー
3着タイセイレジェンド
4着セイクリムズン
5着ノーザンリバー

タイム:1分09秒0 3F:35.5秒
ドリームバレンチノ 牡7歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・加用厩舎
単勝:12番270円
複勝:12番120円、3番490円、6番360円
枠連:2-6 7570円 馬連:3-12 7190円
馬単:12-3 10850円
3連複:3-6-12 15000円
3連単:12-3-6 103000円
ワイド:3-12 1090円
    6-12 630円 3-6 3540円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。とりあえず△○で当てたが...
 穴予想◎タイセイレジェンドが来ていればなぁ。3着止まり。

 まぁ、それはともかく。JBCスプリントの結果。「結局、ダートはダメだった」ということでコパノリチャードが大敗してしまうのは仕方がないところだが、 ノーザンリバーがイマイチだったのはちょっとねぇ。先頭集団を見る形で追走するも直線に入ってからの伸びがイマイチで、 前に行った馬を捕らえるどころか並びかけることもできず。結局、直線入った段階で先頭に立っていたドリームバレンチノ・サトノタイガー・タイセイレジェンドがそのまま残って上位を独占することに。

 という訳で、勝ったのはドリームバレンチノ。相手が勝手に沈んでくれた分勝てたといえなくもない結果だったが、 一時期のスランプから脱して手堅く結果出せるようになったのは評価していいんじゃないでしょうか。 また崩れたり年齢的な衰えがないのであればもう少しは活躍できそうな雰囲気。ただ、新興勢力が台頭してくると...ねぇ。 さすがに、苦しくなりそうな気が。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。