今週のメインdeパツイチ2014
第41回北海道2歳優駿出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第41回 北海道2歳優駿 門別・ダ1800m  2歳オープン(JpnIII) 2014年11月6日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 フォーティクイン フローラルC 2着 前走が負けすぎ。条件厳しくなるここでは。 - -
2 2 ハニームーン サンライズC 2着 展開嵌まれば多少は。3着なら可能性も。 -
3 3 ディアドムス プラタナス賞 5着 前走が今一つ。もう一押しないと出番は... -
4 4 サダムリスペクト すずらん賞 4着 前々走の好走評価。うまく流れに乗れれば。
5 5 トウケイファルコン 未勝利 1着 前走一変したがここで同じ走りできるとは... - -
6 タケルオウジ サンライズC 1着 ダートならそれなりに走る。上位争い可能。
6 7 オヤコダカ ブリーダーGJC 1着 極端。嵌まれば強い勝ち方するのだが... -
8 デヴァスタシオン プラタナス賞 2着 前2走素直に評価。この相手なら順当に。
7 9 サクセスストーリー イノセントC 4着 展開頼み。前崩れの流れにならないと... - -
10 ヘブンズゲート Aiba浦河特別 1着 押し切れなかった前走不満。ここでは... - -
8 11 カラパナビーチ 未勝利 1着 ダート合っている様子。ここでも勝ち負けに。
12 クラバズーカー ヴァーミリア 1着 地元の走り悪くないが交流重賞では苦しい。 - -

以上登録16頭(出走馬、五十音順)
※念の為、第41回北海道2歳優駿枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第41回北海道2歳優駿の展望と予想とヨタ話

 2歳ダート路線もぼちぼちやってますよ。
 牡馬にとっては初の重賞・第41回北海道2歳優駿。

 という訳で、この北海道2歳優駿。阪神JF・朝日杯FSに向けての一戦が続き徐々に盛り上がりつつある2歳芝路線同様、 ダート路線も大一番となる全日本2優駿に向け徐々にヒートアップ。ここで結果を出して次の全日本2歳優駿に繋げたいところ。

 で、今年の北海道2歳優駿。去年はハッピースプリントという大物がここに出走し順当に勝利、そして一気に飛躍しただけに、 「今年も」...と期待したくなるところだが、どうも今年はメンバーが小粒。中央勢が揃わないのはたまにあることだし、あまり気にしていないのだが... 地元道営勢がちょっと足りないのがねぇ。サンライズC勝ちのタケルオウジ、ブリーダーズゴールドジュニアC勝ちのオヤコダカ辺りはそれなりに期待はできるんだが、 芝の成績が今一つだったことを考えると「多少スピード不足かな」といった感じはするし。

 そんなこんなで、今回の北海道2歳優駿。ちょっと足りない感じだが、ここは中央勢中心で勝負してみましょうか。 プラタナス賞では2着に敗れるもののしぶとく伸びたデヴァスタシオン、未勝利戦ではあるがダートで走り一変したカラパナビーチで勝負。 あとは、無難に前述のタケルオウジ、そして前走は5着と今一つな結果だったが未勝利戦ぐらい走ればそれなりにはやれそうなディアドムスを。

<第41回北海道2歳優駿予想>

◎デヴァスタシオン
○サダムリスペクト
▲カラパナビーチ
△タケルオウジ
△ディアドムス

 あと、芝のOPで好走しているサダムリスペクトにも注意かな。

結果

1着ディアドムス
2着カラパナビーチ
3着クラバズーカー
4着デヴァスタシオン
5着オヤコダカ

タイム:1分54秒9 3F:38.3秒
ディアドムス 牡2歳
騎手:三浦皇成 厩舎:美浦・高橋裕厩舎
単勝:3番510円
複勝:3番220円、11番240円、12番1250円
枠連:3-8 1640円 馬連:3-11 2090円
馬単:3-11 3820円
3連複:3-11-12 26130円
3連単:3-11-12 92470円
ワイド:3-11 770円
    3-12 3670円 11-12 4590円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。それなりの配当にはなったが...
 軸馬が来ないのはどうもスッキリしませんな。

 でもって、北海道2歳優駿の結果。メンバーが小粒だったこともあり、ちょっと実績的に足りない感じのする中央勢でも勝負になるという読みは正解だったんだが...そっちが来てしまうとはねぇ。 勝ったのはプラタナス賞最先着のデヴァスタシオンではなく5着のディアドムスの方でした。

 レース自体は、どの馬も積極的に行かなかったこともあってか、じわーっと出て行ったトウケイファルコンが押し出されるようにハナへ。ただ、そういう流れだったこともあって馬群はバラけず一団のまま。 で、その状態のまま3〜4コーナーの勝負所に差し掛かったのだが...馬場の良し悪しがあったのか、ここで外をマクって上がっていった馬が上位を占めることに。外を回って上がっていったディアドムス、 直線に入ってもその勢いは衰えることなくそのまま独走態勢に持ち込み、最終的には2着に4馬身の差をつけ楽勝してしまいました。

 そんなこんなで、勝ったのはディアドムス。前走が少々パッとしなかっただけに今回の楽勝を鵜呑みにする訳にはいかないんだが...まぁ、こういう競馬ができたのは評価していいんじゃないかと。 条件さえ整えばそれなりには活躍しそうな感じですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。