今週のメインdeパツイチ2014
第5回みやこステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第5回 みやこステークス 京都・ダ1800m  3歳上オープン(GIII) 2014年11月9日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ブライトライン JCダート 4着 去年の勝ち馬。一変あれば今年も上位に。
2 ソロル マーチS 1着 前2走の凡走気掛かり。巻き返しは? - -
2 3 マイネルバイカ ブラジルC 1着 前走強敵下す。重賞実績もあるし要注意。 -
4 ランウェイワルツ 兵庫CS 2着 勝ち切れない競馬続くが堅実駆けは評価。 -
3 5 クリノスターオー シリウスS 1着 ここ3戦の走りは素直に評価。ここも。 -
6 イッシンドウタイ 大沼S 3着 またスランプに。一変あればいいが... -
4 7 ニホンピロアワーズ JCダート 1着 実績ダントツも今年の春の成績物足りなく。 -
8 カシュカシュ 平城京S 1着 今回重賞&別定戦。前走のようには。 - -
5 9 ラガートモヒーロ 上賀茂S 1着 2桁着順続く。重賞では苦しいようで... - -
10 ナムラビクター アンタレスS 1着 重賞実績は評価もベストは阪神っぽくて。 - -
6 11 サトノプリンシパル シリウスS 4着 展開がすべて。行き切れればチャンス。 -
12 ヴォーグトルネード ジュライS 1着 OPで足踏み。展開嵌まらないと辛いか。 - -
7 13 グラッツィア 川崎記念 3着 多少は走るようになるも一時期の勢いは... - -
14 インカンテーション レパードS 1着 復調した様子。この勢いなら去年以上も。
8 15 タガノジンガロ かきつばた記 1着 京都に良績あった馬。復調したなら。 -
16 アスカノロマン レパードS 5着 自己条件きっちり勝つもこの相手だと? - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第5回みやこステークスの展望と予想とヨタ話

 ここを使ってJCダート...ではありませんね。
 チャンピオンズCに向けての一戦、第5回みやこS。

 という訳で、このみやこステークス。この重賞自体はあまり変更はなかったりするのだが...次の一戦が大きく変わっちゃっていたりしますからねぇ。 ジャパンカップダートが終了し、それに替わって今年からチャンピオンズカップが開催されることに。で、これにあわせて条件も阪神ダ2000mから中京ダ1800mに変更。

 そんなこんなで、レースの立ち位置が結構変わってしまったこのみやこステークス。とりあえずチャンピオンズカップへのステップレースであることには違いはないのだが、 左回り&直線の急坂がある中京と条件が結構変わることを考えるとねぇ。ここの結果がそのままチャンピオンズカップに結びつくかといわれると微妙なところ。 どちらかというと武蔵野Sや今年は左回りの盛岡で行われたJBCクラシックの方が分があるんじゃないかと。実際、有力GI・JpnI馬のほとんどがJBCクラシックに出走していたりしますし...

 そんなこともあって、メンバーが少々小粒となった今回のみやこステークス。とりあえず、JCダート馬ニホンピロアワーズはいたりするが、有力GI馬といえばその程度。 さらに、そのニホンピロアワーズも今年の成績が今一つだったりしますからねぇ。まぁ、有力所が少ない分、新興勢力が台頭する余地もかなり残されているだけに、今回はその辺りに期待するのが妥当なのかもしれませんな。 それなりに相手揃ったOPを連勝したインカンテーションとか、走り一変して重賞で好走続けるクリノスターオー、強敵相手に好走続ける3歳馬のランウェイワルツとかさ。

<第5回みやこステークス予想>

◎インカンテーション
○サトノプリンシパル
▲クリノスターオー
△ランウェイワルツ
△ブライトライン
△ニホンピロアワーズ

 あと同型不在で単騎逃げ嵌まりそうなサトノプリンシパルにも注意。

結果

1着インカンテーション
2着ランウェイワルツ
3着ナムラビクター
4着イッシンドウタイ
5着クリノスターオー

タイム:1分50秒2 3F:36.7秒
インカンテーション 牡4歳
騎手:大野拓弥 厩舎:栗東・羽月厩舎
単勝:14番550円
複勝:14番210円、4番390円、10番250円
枠連:2-7 3500円 馬連:4-14 4480円
馬単:14-4 7630円
3連複:4-10-14 10300円
3連単:14-4-10 54980円
ワイド:4-14 1460円
    10-14 800円 4-10 1820円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。ランウェイワルツ人気薄でいい配当に。
 3着まで当てられればベストだったが、ナムラビクターはなぁ...

 でもって、みやこステークスの結果。やや外目の枠を引いたりしたが、下馬評通りサトノプリンシパルが単騎で逃げる展開。で、これを1番人気のクリノスターオーが追いかける形。 ペースは途中で一息入ったこともあって、前半3ハロン通過が36.2秒、1000m通過が1:01.3とそこまで速くならず、かつ、そこまで遅くならずといったペースに。

 そんなこともあって、ペースそのものの有利不利はなかったのだが...直線が平坦な京都コースということもあって、前に行った馬はそう簡単に止まらず、 結局、「早め早めに動いていかないとダメ」という感じの結果になってしまいましたな。勝ったインカンテーションは中団より後ろからの競馬も早めに動き、そのポジションを押し上げた勢いのまま直線でも伸び、 粘るクリノスターオー・ナムラビクター・サトノプリンシパルらを交わして先頭。で、そのままゴールへ駆け込む...といった競馬。ランウェイワルツ・イッシンドウタイも差は詰めてはいたが、動くのが遅かったこともあってインカンテーションには及ばず。

 そんなこんなで、勝ったのはインカンテーション。まぁ、去年このレースで2着に入っているように、能力的にはこれ位はやれていいんでしょうな。 ニホンピロアワーズといったライバルが今一つ振るわなかったりしたことも勝因ではあるが、今回の勝利で3連勝達成したことを考えれば、今、状態がかなり良かったりするんじゃないかと。 この勢いを維持できるのであれば、今回より相手強化されるGIでも好勝負できるんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。