今週のメインdeパツイチ2014
第19回東京スポーツ杯2歳ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第19回 東京スポーツ杯2歳ステークス 東京・芝1800m  2歳オープン(GIII) 2014年11月24日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サトノクラウン 芝千八1:50.0 1着 新馬戦余裕の勝利。重賞でもいきなり。 -
2 2 アヴニールマルシェ 新潟2歳S 2着 強敵相手に好走光る。仕上がっていれば。 -
3 3 グリュイエール 芝二千2:00.3 1着 レコード勝ち一応評価。流れに乗れれば。 -
4 4 ペガサスボス 中京2歳S 4着 良血馬だがもう一押し欲しいところで。 - -
5 ストリートキャップ 芙蓉S 3着 前走馬体重+12kg堪えた?巻き返しも。 -
5 6 グァンチャーレ 萩S 3着 もう一押し欲しい。ここでは入着までか。 - -
7 マイネルシュバリエ 札幌2歳S 2着 重賞2着は評価も時計要す馬場じゃないと... -
6 8 ジャストドゥイング 芙蓉S 1着 瞬発力勝負制した前走評価。ここも。 -
9 クラージュシチー 芝二千2:01.1 1着 未勝利だが力の違いみせつける。重賞でも。
7 10 エミネスク 芝千八1:48.9 1着 未勝利の勝ちっぷり良かったがこの相手だと? - -
11 ソールインパクト 芝千六1:35.5 1着 新馬では後の新潟2歳S馬の2着。侮れず。
8 12 ディアコンチェルト 新潟2歳S 13着 前走案外。重賞ではちと足りないのかも... - -
13 スワーヴジョージ アイビーS 2着 前走2着もロジチャリスに先着したのは評価。 -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第19回東京スポーツ杯2歳ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第19回東京スポーツ杯2歳ステークスの展望と予想とヨタ話

 周辺にいろいろ新しい重賞ができていたりしますが...
 クラシックへの登竜門はやはりこれ?第19回東スポ杯2歳S。

 で、この東京スポーツ杯2歳ステークス。前述しているように、数々のスターホースをクラシック戦線に送り込んだ重賞ということもあり、 今年も注目せざるを得ないレースだったりするのだが...今年は朝日杯FSの開催場変更やデイリー杯2歳Sの開催時期変更、いちょうS・京都2歳Sの重賞昇格、 ラジオNIKKEI杯2歳SからホープフルSへの重賞引き継ぎなど、周辺環境がかなり変化しているだけにねぇ。これまで通りの東スポ杯2歳Sになるんでしょうか?

 まぁ、それは結果が出てから考えるとして、今回の東スポ杯2歳ステークス。デイリー杯2歳S・京都2歳Sとこことで有力馬が分散する可能性があったが、 ダービーと同じ東京コースで行われるという優位性は揺るがなかったようで。頭数はやや少なめだが、今年も先々が楽しみな素質馬が多数出走することに。

 でもって、そんな東スポ杯2歳ステークスの予想。実績的には、重賞・OP好走馬を続々輩出している新潟2歳Sでハナ差の2着があるアヴニールマルシェや、 クラシックへの登竜門として名高い札幌2歳Sで2着に入ったマイネルシュバリエなのだが...今回は他に魅力的な馬がいますからねぇ。 直線1000m戦並みの瞬発力勝負となった芙蓉Sを制したジャストドゥイングや、未勝利勝ち上がり馬ではあるが、新馬戦で上がり3ハロン32.2秒という末脚を使ったり、 未勝利戦で後続を10馬身ちぎって圧勝したりしているクラージュシチー、新馬戦では好位追走から楽に抜け出し完勝したサトノクラウンとかさ。 実績はまだまだ足りないが、能力的には前述の重賞好走馬と遜色ないんじゃないかと。今回はこの辺りから勝負してみましょう。

<第19回東スポ杯2歳ステークス予想>

◎ジャストドゥイング
○クラージュシチー
▲サトノクラウン
△アヴニールマルシェ
△ソールインパクト

 ただ、馬券的にはどうなんでしょうかねぇ。いい配当になればいいんだが...

結果

1着サトノクラウン
2着アヴニールマルシェ
3着ソールインパクト
4着エミネスク
5着クラージュシチー

タイム:1分47秒9 3F:34.9秒
サトノクラウン 牡2歳
騎手:R.ムーア 厩舎:美浦・堀厩舎
単勝:1番810円
複勝:1番240円、2番120円、11番560円
枠連:1-2 1040円 馬連:1-2 1020円
馬単:1-2 2440円
3連複:1-2-11 8130円
3連単:1-2-11 40850円
ワイド:1-2 400円
    1-11 2930円 2-11 1140円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。だけど、軸馬が来ていないのはなぁ。
 とりあえず、○▲△で3着までカバーはしているんだが...

 でもって、東スポ杯2歳Sの結果。ここで優劣がある程度ハッキリするもんだと踏んでいたのだが...結果はこれですからねぇ。 この時期のこういう距離のレースだけに、比較的ペースが緩く直線入ってよーいドンの競馬になるのは仕方がないところだが...各馬スパートしても馬群から抜けてくる馬はおらず横一線に並んだままになるとはねぇ。 最終的には多少馬群がバラけることにはなったのだが、それでも1着から最下位までが1秒内に犇めく結果に。

 そんなこんなで、大激戦となった今回の東スポ杯2歳S。これを制したのはサトノクラウン。直線では前にソールインパクトやクラージュシチーがいたもんでなかなか抜け出せずにいたが、 残り100m辺りで進路を確保し進出。一足先に馬群を抜けたアヴニールマルシェをゴール手前で捕らえ1着に。まぁ、この辺りは新馬戦で同じような伸びをみせていただけに、 ここでも同様の走りをしただけなんでしょうけど...この相手にここまでやれるとはねぇ。これは期待してもいいんじゃないでしょうか。

 で、あと、他の馬。こういうレース内容&着差だっただけに、ここの着順はそこまで気にしなくてもいいんじゃないでしょうかねぇ。展開次第でこの辺りの着順はガラっと変わっても不思議ではない内容だったんだしさ。 特に、ジャストドゥイング・マイネルシュバリエは今回馬体重増が堪えた感あるだけに、この辺りは巻き返しあってもいいんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。