今週のメインdeパツイチ2014
第34回ジャパンカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第34回 ジャパンカップ 東京・芝2400m  3歳上オープン(GI) 2014年11月30日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ジャスタウェイ ドバイDF 1着 東京なら巻き返しある。ただ距離実績が?で。
2 アイヴァンホウ バーデン大賞 1着 実績それなりもスピード競馬への適応が... - -
2 3 ジェンティルドンナ ドバイシーマ 1着 一叩きした効果見込める。3連覇も視野に。
4 エピファネイア 菊花賞 1着 今回叩き2戦目。一変あれば上位に。
3 5 ヒットザターゲット 宝塚記念 4着 GI好走光る。有力所が崩れれば出番も。 -
6 ハープスター 桜花賞 1着 凱旋門賞6着もいい末脚使った。東京なら。 -
4 7 アップウィズザバーズ アーリントン 4着 格下感否めず。この相手ではちと苦しい。 - -
8 デニムアンドルビー ジャパンC 2着 去年は僅差2着。今年も上位狙える。
5 9 イスラボニータ 皐月賞 1着 前走が精一杯?相手強化されるここでは... - -
10 ワンアンドオンリー 日本ダービー 1着 前走案外。距離短縮&東京で変わればいいが。 - -
6 11 トーセンジョーダン 天皇賞秋 1着 去年の3着馬。ただ今年の成績今一つなだけに... - -
12 タマモベストプレイ 有馬記念 5着 相手なりに走るがさすがにこの相手では... - -
7 13 ディサイファ エプソムC 1着 前走が物足りず。GIではやや厳しいようで。 - -
14 サトノシュレン 丹頂S 2着 GIどころか重賞でも通用しない馬。ここでは。 - -
15 スピルバーグ 天皇賞秋 1着 前走の末脚評価。ただ今回相手も揃って。 -
8 16 フェノーメノ 天皇賞春 1着 叩き2戦目で変わる余地あるも相手強化が... -
17 アンコイルド 天皇賞秋 4着 今年は去年ほどの勢いなく。入着も厳しい。 - -
18 トレーディングレザー KG6&QES 5着 欧州の大レースで好走するも日本の芝は... - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第34回ジャパンカップの展望と予想とヨタ話

 世界各国から有力馬が集結!とはいかなかったが...
 実質的にはそう言っても差し支えないかも。第34回ジャパンC。

 で、今回のジャパンカップ。海外勢にこれといった実績馬がいないこともあって、国内のGIとあまり代わり映えしない一戦となってしまったが... まぁ、今年はジャスタウェイ・ジェンティルドンナといったドバイで結果出した馬や、凱旋門賞では圧倒的に不利な大外一気という戦法をとったにも関わらず6着まで突っ込んできたハープスターがいますからねぇ。 国内勢が主体であるが、レースの中身自体は世界レベルだったりするんじゃないかと。

 ただねぇ、今回のジャパンカップ。前述しているように、海外で結果を出した馬が揃ってはいるが...これらの馬ですんなり決着しそうにないのが今回のジャパンカップ。 何せ、日本ダービー馬ワンアンドオンリーに皐月賞馬イスラボニータ、天皇賞秋馬スピルバーグに天皇賞春馬フェノーメノと今年の中長距離GI好走馬が一堂に会している上に、 去年のジャパンカップ2・3着馬デニムアンドルビー・ トーセンジョーダン、 去年の菊花賞馬エピファネイアまでいますからねぇ。

 そんなこんなで、有力所が勢揃いしたもんで予想もなかなか厄介なことに。まぁ、ここ狙いのジェンティルドンナは素直に買っていいんだろうけど...問題は他の馬。 実績的には海外での好走評価してジャスタウェイ・ハープスターなのだが...ジャスタウェイは2000m超での好走例がなかったりするし、ハープスターもオークス2着のような結果にならないこともないだけにねぇ。距離に不安を抱えている以上、あまり過信はできないんじゃないかと。

 となれば、「ここは国内GI好走馬で勝負!」という流れになるところだが...まぁ、こっちはこっちで何かと問題を抱えていたりするのがねぇ。 天皇賞秋を勝ったスピルバーグはいい馬場状態のところを走れた分勝てた感は否めないし、イスラボニータは天皇賞秋3着がどうも力負けした内容っぽいのが×。 ワンアンドオンリーは菊花賞の敗北が気掛かりだし、フェノーメノは休み明けとはいえ前走の天皇賞秋が負けすぎだったりするしさ。 とりあえず、休み明けにしては比較的内容がマシだったエピファネイア・デニムアンドルビー辺りの一変に期待してみますが...

<第34回ジャパンカップ予想>

◎ジェンティルドンナ
○デニムアンドルビー
▲エピファネイア
△スピルバーグ
△ジャスタウェイ
△ハープスター

 海外勢に期待するというのも手としてはなくはないんだが...うーん。

結果

1着エピファネイア
2着ジャスタウェイ
3着スピルバーグ
4着ジェンティルドンナ
5着ハープスター

タイム:2分31秒1 3F:35.2秒
エピファネイア 牡4歳
騎手:C.スミヨン 厩舎:栗東・角居厩舎
単勝:4番890円
複勝:4番320円、1番320円、15番410円
枠連:1-2 970円 馬連:1-4 4120円
馬単:4-1 7800円
3連複:1-4-15 19750円
3連単:4-1-15 91790円
ワイド:1-4 1780円
    4-15 2170円 1-15 1980円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。うーん、とりあえず○→△→△で拾ったが...
 軸馬が来ていないのはなぁ。ジェンティルドンナは4着まで。

 でもって、ジャパンカップの結果。実力馬が揃ったこともあり、もっと際どい争いになるかと思われたが...終わってみればこの結果ですからねぇ。エピファネイア、 ジャスタウェイやジェンティルドンナ、ハープスターといった海外遠征組や天皇賞秋馬スピルバーグらをまるで相手にせず、2着に4馬身もの差をつけ完勝。

 レース自体は、サトノシュレンがハナを奪取し逃げることとなるが、ペースは前半1000m通過は0:59.6と多少時計を要す馬場を考慮してもそこまで速くはならず。 そんなこともあってか、これらの逃げ馬を見る形で競馬したエピファネイア、直線で悠々と抜け出し独走態勢に持ち込みそのままゴールへ。 後続馬が思ったような切れ味を見せられず終わったこともあって、最終的には4馬身もの差をつけ完勝してしまうことに。

 そんなこんなで、勝ったエピファネイア。天皇賞秋は休み明けだったにも関わらず6着とそれなりに好走。で、今回。叩き2戦目ということできっちり一変し、この結果に。 馬場や展開も味方した感はあるが、まぁ、3歳牡馬クラシックで活躍した馬だけにねぇ。こういう結果になるのも不思議ではないんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。