今週のメインdeパツイチ2014
第60回クイーン賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第60回 クイーン賞 船橋・ダ1800m  3歳上牝オープン(JpnIII) 2014年12月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 エイシンルンディー ルプランタン 1着 JBCレディスCでビリ。ここでは力不足。 - -
2 2 トウホクビジン シアンモア記 1着 このレースで3着ある馬だが最近凡走続いて。 - -
3 3 シラヤマヒメ 関東オークス 3着 大崩れしないが一時期ほどの勢いはなく。 -
4 カチューシャ スパーキング 2着 牝馬同士ならそれなり。流れに乗れれば。
4 5 ブルーチッパー JBCレディス 5着 この条件ならもう少しやれる。巻き返し期待。
6 クロスオーバー 関東オークス 6着 多少マシにはなるが交流重賞では厳しく。 - -
5 7 トロワボヌール JBCレディ 2着 前走2着は素直に評価。この相手なら。
8 エミーズパラダイス エンプレス杯 2着 交流重賞好走ある馬だが最近は今一つで。 -
6 9 ボーラトウショウ ミラク特別 1着 JBCブービーで決着済。ここは荷が重い。 - -
10 タッチデュール かしわ記念 6着 交流重賞で入着なし。ここも厳しそうで。 - -
7 11 レッドクラウディア クイーン賞 1着 一昨年の勝ち馬だが最近の成績今一つで。 - -
12 アスカリーブル 関東オークス 1着 一時期ほど走らぬ。もう一変ないと... -
8 13 アクティビューティ クイーン賞 1着 去年の勝ち馬だが今回そこそこ相手揃って。 -
14 ゴールドソレイユ イチイの木賞 1着 関東オークスで大敗。能力差ありそうで... - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第60回クイーン賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第60回クイーン賞の展望と予想とヨタ話

 JBCレディスクラシックという大一番は終わったが...
 ダートの牝馬限定重賞は続きます。第60回クイーン賞。

 という訳で、ダート路線を歩む牝馬にとって最大の目標となるJBCレディスクラシックが終了し、ここいらでちょいと一服...といった感じの頃合いだったりするが、 このクイーン賞を皮切りに、TCK女王盃、エンプレス杯と続く冬の牝馬限定交流重賞がスタートするとなるとねぇ。おちおち休んでもいられないのか実情。

 そんなこともあってか、このクイーン賞。毎年JBCレディスクラシック組が多数参戦。さすがにJBCレディスクラシックを勝った馬は一息入れて次に備えることもあってここに出てくることは稀だが、 今のうちに1つでも重賞を勝っておきたいJBCレディスクラシック好走馬が多数参戦しそれなりのメンバーが揃うのがこのクイーン賞。 今年もトロワボヌール・アクティビューティ・ブルーチッパーといったJBCレディスクラシック好走馬が参戦することに。

 そんなこんなで、予想もこのJBCレディスクラシック好走馬中心になるのは仕方がないところ。ハンデ戦という波乱要素はあったりするが...「実力差>ハンデ差」という構図になるケースがほとんどなんで、 まぁ、ここは素直にJBCレディスクラシック好走馬に乗っかるのが正解でしょう。あとはその好走馬の中での順序付け。仕掛け所が鍵だが、ここは無難にJBCレディスクラシック最先着馬トロワボヌールで勝負してみましょうか。 前々走の柳都Sのように比較的前のポジションで競馬できれば船橋コースでも前を捕らえることはできるんじゃないかと。あとは、前走より条件楽になるブルーチッパー、 JBCレディスクラシックは未出走だがスパーキングレディC・レディスプレリュードの好走を考えれば上位争いできていいカチューシャを。

<第60回クイーン賞予想>

◎トロワボヌール
○ブルーチッパー
▲カチューシャ
△アクティビューティ

 去年の勝ち馬アクティビューティも条件好転して巻き返す余地はあるが...
 ここ3戦差のある競馬続いているのがねぇ。ここは3着までかな。

結果

1着トロワボヌール
2着アクティビューティ
3着ブルーチッパー
4着タッチデュール
5着トウホクビジン

タイム:1分53秒0 3F:39.5秒
トロワボヌール 牝4歳
騎手:戸崎圭太 厩舎:美浦・畠山吉厩舎
単勝:7番170円
複勝:7番100円、13番160円、5番140円
枠連:5-8 620円 馬連:7-13 650円
枠単:5-8 850円 馬単:7-13 790円
3連複:5-7-13 700円
3連単:7-13-5 2140円
ワイド:7-13 220円
    5-7 170円 5-13 400円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。トロワボヌールはバッチリだったが...
 ちょっと薄めのアクティビューティが2着というのはねぇ。

 まぁ、それはともかく。クイーン賞の結果。前で競馬する馬が揃っていたが、やはりスピードの違いですんなり中央勢が先手を奪取。 しかし、逃げたブルーチッパーをカチューシャやエミーズパラダイスが追っかけたもんだから、ペースは落ちず。結局、ここで息を入れられなかったこともあって、 最後まで持たず、その後ろで競馬していたトロワボヌール・アクティビューティの台頭を許すことに。

 そんなこんなで、勝ったのはトロワボヌール。前走のJBCレディスクラシックの結果を考えれば、こうなるのは妥当なところなんだけど... まぁ、展開嵌まった感もあるだけにねぇ。これで軌道に乗ったと判断するのはちと早計かな。 逆に、やや厳しい流れにも関わらず最後まで踏ん張って3着確保したブルーチッパーは、展開嵌まれば逆転あってもいいんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。