今週のメインdeパツイチ2014
第7回カペラステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第7回 カペラステークス 中山・ダ1200m  3歳上オープン(GIII) 2014年12月14日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ダノンレジェンド なにわS 1着 OPで伸び悩む。ここも入着が精一杯っぽく。 - -
2 タールタン 欅S 1着 距離短縮は歓迎も中山コースでどこまで? - -
2 3 ノーザンリバー 東京杯 1着 前走時計速すぎた?1分10秒台の決着なら。 -
4 エイシンゴージャス 越後S 1着 前走流れかなり厳しく。見限りは早計。
3 5 シルクフォーチュン フェブラリー 2着 一昨年の勝ち馬。展開さえ嵌まれば。 -
6 マルカバッケン 北海道SC 2着 中山に良績あるも今年の成績今一つでは。 - -
4 7 ダッシャーワン 室町S 1着 最近の堅実駆け評価も重賞となると... -
8 アドマイヤサガス 北海道SC 1着 スノードラゴンに楽勝した馬だが良化スローで。 -
5 9 サトノプリンシパル レパードS 2着 前走の楽勝評価もこの条件となると? - -
10 タイセイファントム 千葉S 1着 千葉Sを評価。今回重賞だがチャンスあり。
6 11 インペリアルマーチ ペルセウスS 2着 一時期の勢いなく。これ以上の上積みは... - -
12 サトノタイガー JBCスプ 2着 JpnIで僅差の2着。軽視は禁物。
7 13 スリーボストン カペラS 5着 去年は5着。重賞では足りないようで。 - -
14 ナンチンノン 西陣S 1着 連勝は評価も今回条件一気に厳しくなり。 - -
8 15 サウンドガガ スパーキング 1着 牝馬だがOPの勝ちっぷり評価できるだけに。
16 メイショウノーベル 室町S 3着 力つけているが重賞ではまだ足りないか。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第7回カペラステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第7回カペラステークスの展望と予想とヨタ話

 ダート短距離路線の大一番は終了したが...
 ハイレベルな戦いはまだ続きます。第7回カペラS。

 という訳で、ダート短距離路線の大一番・JBCスプリントが終わったこともあり、有力馬はここいらで一服...みたいな感じになりそうだが、 距離に融通の効く馬はフェブラリーSに向け再始動したりするわ、比較的数の少ないダート短距離重賞で一稼ぎしたい馬は間髪入れず使ってくるわと、 何かといろいろあって結局それなりのメンバーが残ってしまうのがこの時期のダート短距離路線。

 そんなこともあって、GIIIという格の割には毎年かなりのメンバーが揃うことになるのがこのカペラS。 今年もJBCスプリント上位のサトノタイガー・ノーザンリバーに加え、短距離重賞・OPで活躍した馬が多数出走し、レベルの高い一戦に。

 しかし...何だかんだあっても、結局、この馬があっさり勝ってしまったりするんじゃないでしょうかねぇ。ノーザンリバー。 JBCスプリントの5着や58kgという斤量がちょっと微妙な感じではあるが、JBCは1分9秒台のスピード決着が堪えたと考えるならば、 それよりも多少時計を要しそうな中山に替わるのは歓迎だし、斤量も負けはしたがプロキオンSで58kg背負ってそれなりに健闘していることを考えれば十分こなせていいだろうし。

 そんなこんなで、予想もノーザンリバーから。あとはその相手探し...なのだが、ここは一捻りして牝馬のサウンドガガとかどうでしょうかねぇ。 重賞勝ちが「牝馬限定戦のスパーキングレディカップだけ」ということもあり、牡馬相手では荷が重いという評価を下しがちだが、 オルフェーヴルカップでダッシャーワンに2・1/2馬身の差をつけ完勝していることを考えれば、なんとかなりそうな気も。 あと、同じ牝馬だがエイシンゴージャスも展開次第でチャンスはあるんじゃないかと。斤量も他の馬よりかなり軽めの53kgだったりするしさ。

<第7回カペラステークス予想>

◎ノーザンリバー
○エイシンゴージャス
▲サウンドガガ
△タイセイファントム
△サトノタイガー
△ダッシャーワン

 あとは無難にOP好走馬&中山実績ある馬で。

結果

1着ダノンレジェンド
2着サトノタイガー
3着メイショウノーベル
4着サウンドガガ
5着タールタン

タイム:1分09秒5 3F:36.2秒
競走除外:5番
ダノンレジェンド 牡4歳
騎手:丸田恭介 厩舎:栗東・村山厩舎
単勝:1番4680円
複勝:1番1230円、12番530円、16番530円
枠連:1-6 7630円 馬連:1-12 51150円
馬単:1-12 104680円
3連複:1-12-16 247890円
3連単:1-12-16 1654200円
ワイド:1-12 12590円
    1-16 8560円 12-16 4260円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、ダノンレジェンドはなぁ。
 他はそれなりに拾っているのだが、さすがにそこは...

 そんなこんなで、競走除外があったにも関わらず3連単で165万馬券が飛び出すという波乱の決着になったカペラステークス。 レース自体は、まさに勝ったダノンレジェンドの一人旅といった感じのレース。スタート直後こそサトノプリンシパルが行く構えを見せていたりしたが、 二の脚を使ってダノンレジェンドがハナを奪取すると、もうそのまんま。前半3ハロン通過が33.3秒というペースで逃げたにも関わらず、 直線では失速どころか逆に後続を突き放してしまい、結局、2着に5馬身もの差をつけ楽勝してしまうことに。

 しかし...ここまで強い競馬するとはねぇ。ダノンレジェンド。前々走のテレビ静岡賞やなにわSで後続を引き離して楽勝していることを考えれば、 案外これ位はやれてよかったのかもしれんが...実績のない中山&重賞&同型の存在といった課題をまとめてクリアしてしまうとはねぇ。 ま、今回はすんなり自分の競馬に持ち込めた分勝てた感あるだけに、この調子で一気にダート短距離路線の頂点へ...と考えるのは早計だったりしますが。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。