今週のメインdeパツイチ2014
第65回全日本2歳優駿出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第65回 全日本2歳優駿 川崎・ダ1600m  2歳オープン(JpnI) 2014年12月17日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 グランシェフ 秋桜特別 4着 自己条件で結果出せず。ここでは苦しい。 - -
2 2 タケルオウジ サンライズC 1着 前走大敗。単に気分の問題ならいいのだが。 -
3 3 ワンダフルラスター なでしこ賞 1着 堅実駆け評価もJpnIではもう一押し必要。 -
4 クラバズーカー 北海道2歳 3着 前走差のある3着。ここも3着までか。
4 5 イナズマアリオーン 門別2歳5組 1着 格下。この条件ではさすがに厳しそうで。 - -
6 タイセイラビッシュ 500万下 1着 500万下勝ちは評価も展開嵌まった感あって。 -
5 7 ディアドムス 北海道2歳 1着 北海道2歳優駿完勝。この相手なら連勝も。 -
8 パーティメーカー コスモス賞 4着 芝で好走したスピード評価。嵌まれば上位も。 -
6 9 タップザット プラタナス賞 1着 前に行ってしぶとく脚使う。この条件合いそう。
10 ウインバローラス クローバー賞 3着 中央OP好走あるもここ数戦が今一つでは。 -
7 11 ハイランドグラス 若駒OP 6着 多少持ち直すがJpnIでは通用しそうになく。 - -
12 ラッキープリンス 鎌倉記念 3着 前2戦の敗因が馬体重なら巻き返す余地有。 -
8 13 タケデンタイガー 函館2歳S 2着 前走が今一つ。ダートは合わないのかも... - -
14 アロマベール 金沢ヤング 1着 道営の成績物足りず。ここは荷が重い。 - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第65回全日本2歳優駿の展望と予想とヨタ話

 先週・今週と中央では2歳GIが続きますが...
 地方でも2歳JpnI開催ですよ。第65回全日本2歳優駿。

 そんなこんなで、この全日本2歳優駿。2歳ダート路線の頂点を決める一戦...なのだが、今年は何だか微妙。 とりあえず、このレースで好走例多い北海道2歳優駿組は多数出走してきているのだが、他がちょっとねぇ。 兵庫ジュニアGPからは5着のタケデンタイガーが出てきた程度だし、地元・南関東勢は鎌倉記念3着のラッキープリンスぐらいしか目立った馬がいないという有様。

 となれば、ここはもう北海道2歳優駿上位馬か中央500万下勝ち上がり馬で決まりだったりするんじゃないでしょうかねぇ。 幸い、北海道2歳優駿を楽勝したディアドムスや、プラタナス賞でそのディアドムスを破ったタップザットとか、それなりの馬は揃っているんだしさ。 あとは、500万下勝ちのワンダフルラスター・タイセイラビッシュが前述の2頭にどこまで迫れるか、そんなところでしょう。

<第65回全日本2歳優駿予想>

◎タップザット
○パーティメーカー
▲ディアドムス
△ワンダフルラスター
△クラバズーカー
△タイセイラビッシュ

 まぁ、パーティメーカー・タケルオウジで一発狙うのもアリだが...
 どういう条件で爆走するかがまだ不明瞭なのがちょっとねぇ。

結果

1着ディアドムス
2着タップザット
3着タイセイラビッシュ
4着ワンダフルラスター
5着パーティメーカー

タイム:1分45秒3 3F:42.1秒
ディアドムス 牡2歳
騎手:三浦皇成 厩舎:美浦・高橋裕厩舎
単勝:7番420円
複勝:7番130円、9番120円、6番130円
枠連:5-6 510円 馬連:7-9 570円
枠単:5-6 1150円 馬単:7-9 1210円
3連複:6-7-9 720円
3連単:7-9-6 3830円
ワイド:7-9 220円
    6-7 300円 6-9 240円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。ま、こんなもんだろうけど...
 パーティメーカーが来ていればなぁ。結局、差を詰めるも5着まで。

 まぁ、それはともかく。全日本2歳優駿の結果。タイセイラビッシュが一旦はハナを奪取するも、内にいたワンダフルラスターが1コーナーのコーナワークで逆転し、そのまま逃げる展開に。 ただ、ハナは奪ったものの、一旦交わしたタイセイラビッシュやタップザット・ディアドムスといった有力所に突かれたもんだから、楽な逃げにはならず。実際、ペースもそれなりに速かったようで、 最終的には上がり3ハロンが42.1秒とかなりタフさを要求されるレースになってしまうことに。

 そんな中、抜けてきたのはディアドムス。今回も北海道2歳優駿のように中団よりやや前の位置取りで先行勢の出方を窺う形。で、3〜4コーナーの勝負所でマクって進出し、 先行していたワンダフルラスター・タイセイラビッシュをまとめて交わし先頭へ。直線では一足遅れて上がってきたタップザットとの争いとなったが、最後までこれを抜かせず、リードを保ったままゴールへ。

 そんなこんなで、ディアドムスがこの全日本2歳優駿を制覇することとなったのだが...2着のタップザットもなかなか惜しい競馬。 スタートしてから1コーナーまでの間にラッキープリンスに寄られたり、直線でワンダフルラスター前に入られてしまったりと要所要所で苦しい場面があったにも関わらず、最終的には1/2馬身差の2着ですからねぇ。 今回はこういう着順になってしまったが、能力的には勝ったディアドムスとほぼ互角、といってもいいのかもしれませんな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。