今週のメインdeパツイチ2014
第66回朝日杯フューチュリティステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第66回朝日杯フューチュリティステークス  阪神・芝1600m 2歳牡牝OP(GI)2014年12月21日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ネオルミエール いちょうS 2着 展開不向きも2着に突っ込んだ前走評価。 -
2 ダノンプラチナ ベゴニア賞 1着 前走いちょうS3着馬を相手にせず。強い。 -
2 3 コスモナインボール アイビーS 1着 いつも人気ないが結果出しているのは評価。 -
4 ケツァルテナンゴ 中京2歳S 1着 一叩きした効果見込めるがどこまで変わる? - -
3 5 タガノアザガル 万両賞 1着 重賞・OP成績が物足りず。ここでは。 - -
6 アルマワイオリ もみじS 1着 デ杯2歳S4着が気になり。逆転は? - -
4 7 セカンドテーブル 京王杯2歳S 1着 前走ぐらいはやれる馬。フロック視禁物。
8 ナヴィオン デ杯2歳S 3着 末脚はそれなり。展開嵌ればここでも。 -
5 9 アッシュゴールド デ杯2歳S 2着 前走2着でそれなりにやれることは証明。 -
10 ジャストドゥイング 芙蓉S 1着 一度使って変わる余地有。一変あれば。 -
6 11 ワキノヒビキ ダリア賞 1着 末脚それなりにあるがGIでは苦しいか。 - -
12 アクティブミノル 函館2歳S 1着 前走が今ひとつ。叩き2戦目で変わる? - -
7 13 ペプチドウォヘッド もちの木賞 1着 ダで底見せず。芝もOKそうな血統だし... -
14 クラリティスカイ いちょうS 1着 レコード勝ちのスピード評価。ここでも。
15 タガノエスプレッソ デ杯2歳S 1着 前に行っていい脚使った前走評価。ここも。 -
8 16 ブライトエンブレム 札幌2歳S 1着 時計要す馬場で結果出す。良馬場だと? - -
17 ペイシャオブロー 福島2歳S 1着 OP2勝は評価もこの条件は厳しそうで。 - -
18 メイショウマサカゼ 500万下 1着 今回距離も相手も悪く。さすがに... - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第66回朝日杯フューチュリティステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第66回朝日杯フューチュリティステークスの展望と予想とヨタ話

 牝馬、ダートと続いた2歳GIもこれで終了。
 最後は牡馬の出番。第66回朝日杯フューチュリティS。

 という訳で、この朝日杯FS。今年から開催場が中山から阪神に変更。これまでの中山なら、 中山マイルらしく内枠の先行馬だとか、やや時計を要す馬場をこなせる馬だとか、そういう線で攻めていけばよかったのだが... この開催場変更によってこれらがまるっとリセットされてしまうことに。まぁ、コースの特性自体は先週行われた阪神JFを参考にすれば、 それなりには予測がつくんで、楽になったといえば楽だが...

 まぁ、そんなことをいっていても仕方がないので、とっとと朝日杯FSの予想を。 先週の阪神JFをみる限り、コースや展開で著しく差がでるような様子はなさそう。 ここはもうがっつり実績・能力重視で勝負していっていいんじゃないでしょうかねぇ。

 で、ピックアップしたのがダノンプラチナ。ステップレースとなる各種重賞で健闘した訳ではないが、 前走の ベゴニア賞でいちょうS3着馬ミッキーユニバースと5着馬ニシノクラッチを全く相手にせず楽勝してしまったことを考えるとねぇ。 実は、いちょうS1・2着クラリティスカイ・ネオルミエールよりも能力が上だったりするんじゃないかと。

 でもって、あとは無難に重賞好走馬を。重賞の格やローテーションを考えれば、デイリー杯2歳S組や京王杯2歳S組なんだろうけど、 ここは前述のいちょうS組を狙ってみましょうかねぇ。東京開幕週で時計が出やすかったのは確かだが、とりあえずレコード勝ちした点を評価してクラリティスカイ、 そして2着に破れるものの、比較的前残りの流れの中、よく突っ込んできたネオルミエールを。あと、京王杯2歳Sを勝ったセカンドテーブル。 11番人気で勝ったこともあってフロック視されがちだが...まぁ、ちゃんと走ればあの位の走りはできる馬だったりしますからねぇ。 今回もあまり人気を集めないようなら積極的に狙っていってもいいんじゃないかと。

<第66回朝日杯フューチュリティステークス予想>

◎ダノンプラチナ
○セカンドテーブル
▲ネオルミエール
△クラリティスカイ
△ナヴィオン
△アッシュゴールド

 末脚ならアッシュゴールドも悪くはないんだが...
 血統が血統なだけに人気先行になってしまうのがなぁ。

結果

1着ダノンプラチナ
2着アルマワイオリ
3着クラリティスカイ
4着ネオルミエール
5着アクティブミノル

タイム:1分35秒9 3F:36.1秒
ダノンプラチナ 牡2歳
騎手:蛯名正義 厩舎:美浦・国枝厩舎
単勝:2番460円
複勝:2番190円、6番1060円、14番180円
枠連:1-3 6160円 馬連:2-6 14050円
馬単:2-6 20260円
3連複:2-6-14 20560円
3連単:2-6-14 133570円
ワイド:2-6 4030円
    2-14 440円 6-14 4520円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。アルマワイオリはなぁ。
 ダノンプラチナやクラリティスカイ、ネオルミエールは来たんだが...

 ま、それはそれとして。朝日杯フューチュリティステークスの結果。好スタートを決めたアクティブミノルがセカンドテーブルとのハナ争いを制しすんなり逃げる形になったのだが... その割には、前半3ハロン通過が34.9秒と多少時計を要す馬場状態になっていたことを考えれば結構速めのペースに。

 そんなこともあって、終わってみれば差し・追込馬が台頭する結果に。道中は中団よりやや後ろ、内でじっと待機していたダノンプラチナが外に持ち出し直線一気で進出し先頭でゴールへ。 そして、ダノンプラチナと同じような位置でじっと待機していたアルマワイオリが馬群を割って進出し2着を確保することに。

 しかし...どうなんでしょうかねぇ、この結果。一応、1番人気のダノンプラチナが順当に勝ち、 いちょうS1・2着のクラリティスカイ・ネオルミエールが上位を確保するという実績通りの決着となったのだが...ねぇ。 この馬場に泣かされた有力所もそれなりにいそうだし、この結果をそのまま鵜呑みにする訳にはいかないんじゃないかと。 まぁ、2歳戦だし、ここはもう少し様子見するのが正解でしょうな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。