今週のメインdeパツイチ2014
第31回ホープフルステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第31回 ホープフルステークス 中山・芝2000m  2歳牡牝オープン(GII) 2014年12月28日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 タンタアレグリア 芝二千2:02.0 1着 長くいい脚使う。うまく仕掛けが嵌まれば。
2 レトロロック 黄菊賞 2着 京都2歳S馬と僅差の競馬あるが前走案外で。 - -
2 3 ソールインパクト 東スポ杯2歳S 3着 重賞好走は評価。中山克服できれば。 -
4 フォワードカフェ 札幌2歳S 5着 成績頭打ち。中山で一変あればいいが... - -
3 5 マイネルシュバリエ 札幌2歳S 2着 時計勝負は分が悪い様子。時計かかれば。 -
6 コメート きんもくせい 1着 強敵揃った新潟2歳Sで4着。ここなら。
4 7 ブラックバゴ 芝千八1:50.2 1着 新馬2着も内容上々。未勝利勝ちでも注意。 -
8 エニグマバリエート 芝二千2:01.3 1着 パンチ不足だが中山なら立ち回り方次第で。 -
5 9 ダノンメジャー 京都2歳S 2着 前走まずまず。この相手なら前走以上も。 -
10 シャイニングレイ 芝二千2:04.1 1着 後続を軽く突き放して完勝。能力高い。
6 11 マサハヤドリーム 萩S 5着 ワンパンチ足りない。ここも入着までか。 - -
12 ディアコンチェルト 東スポ杯2歳S 8着 このクラスではもう一押し必要っぽくて。 - -
7 13 ジャジャウマナラシ 兵庫ジュニア 1着 芝云々よりもきちんと走るかが問題で。 - -
14 タイセイアプローズ 黄菊賞 7着 前走が今一つ。ただ上がり要せば多少は。 - -
8 15 ティルナノーグ 紫菊賞 1着 前走案外も時計出る馬場なら巻き返しも。 -
16 ナンヨーテンプル 芝二千2:04.8 1着 新馬戦平凡。重賞ではちょっと苦しいか。 - -
17 メイプルレインボー 500万下 6着 ダート専門っぽく。芝を使ってみるが... - -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第31回ホープフルステークスの展望と予想とヨタ話

 ラジオNIKKEI杯2歳Sの後釜という位置付けだが...
 やっぱり例年通り?第31回ホープフルステークス。

 という訳で、このホープフルステークス。前述しているように、同時期行われていたラジオNIKKEI杯2歳Sの後を引き継ぐような形でOPから重賞に昇格した一戦。 回数もラジオNIKKEI杯2歳Sのものを引き継いでいたりするが...蓋を開けてみれば、ラジオNIKKEI杯2歳Sがなくなった分、出走頭数が増えた程度の変化しかなく、 結局、ほぼ例年通りのホープフルステークス。

 そんなこんなで、予想もこれまでのホープフルSの傾向を踏まえておけば大丈夫だったりするんじゃないでしょうかねぇ。 東スポ杯2歳S・京都2歳S組をおさえつつ、うまく新馬・未勝利勝ち上がり馬を拾うといった感じで。 とりあえず、東スポ杯2歳S・京都2歳S上位のダノンメジャー・ソールインパクトを軸にして、新馬戦の勝ちっぷり評価できるシャイニングレイ、 仕掛け所が鍵だがいい末脚使うタンタアレグリア、あと、なかなかのメンバーが揃った新潟2歳Sで僅差の4着に入ったコメート辺りを絡めておけばいいんじゃないかと。 あと、前走が案外だったが良馬場でそれなりにスピードがでるのであれば巻き返しありそうなティルナノーグも注意必要かな。

<第31回ホープフルステークス予想>

◎ダノンメジャー
○タンタアレグリア
▲シャイニングレイ
△ティルナノーグ
△コメート
△ソールインパクト

 ただ、妙に荒れる一戦なのでスンナリ決まるかどうかは...

結果

1着シャイニングレイ
2着コメート
3着ブラックバゴ
4着ソールインパクト
5着エニグマバリエート

タイム:2分01秒9 3F:35.9秒
シャイニングレイ 牡2歳
騎手:川田将雅 厩舎:栗東・高野厩舎
単勝:10番450円
複勝:10番220円、6番660円、7番680円
枠連:3-5 1540円 馬連:6-10 9330円
馬単:10-6 15000円
3連複:6-7-10 76660円
3連単:10-6-7 345220円
ワイド:6-10 3060円
    7-10 2720円 6-7 7090円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。とりあえず、○△で拾いました。
 3着のブラックバゴにも印は打っているが、こっちは△△○で届かず。

 まぁ、それはそれとしてホープフルステークスの結果。2歳時のこういう距離の一戦ということもあって、スローな流れからの上がり勝負になるのは、まぁ、仕方がないところ。 フォワードカフェ・マイネルシュバリエといった逃げ馬を見る形で駒を進めたシャイニングレイ・コメートが直線でこの先頭2騎を交わしゴールへ一目散。 最後の一伸びで後続を突き放したシャイニングレイが1着、内を突いて伸びてきたブラックバゴに並ばれるものの、なんとかこれを凌いだコメートが2着を確保することに。

 という訳で、勝ったのはシャイニングレイ。さすがに重賞ということもあって、新馬戦のような余裕の勝利とはいかなかったが、 それでも2着に1・1/4馬身の差をつけ完勝するなど、なかなか強い内容。まぁ、条件が変わるとどうなるかは分からんが、とりあえずこの条件でこれだけやれたのは評価していいでしょう。 弥生賞・皐月賞といった3歳クラシック一冠目に繋がる競馬にはなったんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。