今週のメインdeパツイチ2015
第53回京都金杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第53回 京都金杯 京都・芝1600m  4歳上オープン(GIII) 2015年1月4日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 エキストラエンド 京都金杯 1着 去年の勝ち馬。前走上々だし連覇あっても。 -
2 マイネルメリエンダ キャピタルS 5着 昇級戦まずまず。54kgなら多少はやれる。 -
2 3 ショウナンワダチ NZトロフィー 2着 叩き3戦目。ハンデも軽めだしそろそろ。
4 ウインフルブルーム 皐月賞 3着 前走案外。能力的には通用していい筈だが... -
3 5 シェルビー キャピタルS 1着 富士S大敗が気掛かりもこの条件なら上位に。 -
6 メイショウヤタロウ 錦S 1着 京都マイル得意も昇級後の成績今一つで。 - -
4 7 フルーキー チャレンジC 2着 復帰後の成績上々。相手揃うがここでも。 -
8 グランデッツァ マイルCS 3着 京都合っている様子。前走ぐらい走れば。 -
5 9 アクションスター 逆瀬川S 1着 マイルは少し短い感あり。相手も揃うし。 - -
10 ダノンヨーヨー 安田記念 4着 前2年の成績物足りず。一変は... - -
6 11 ブレイズアトレイル 京成杯AH 2着 いい末脚持っているが展開に左右される馬で。 -
12 レッドデイヴィス 鳴尾記念 1着 前走久々の割には健闘も凡走続きの現状では。 - -
7 13 コアレスドラード 修学院S 1着 2桁着順連発。良績ある京都でも... - -
14 シャイニーホーク リゲルS 5着 相変わらず不振。ここではさすがに辛い。 - -
15 ニシノビークイック タンザナイト 2着 前走相手が悪く。もう少しはやれる馬で。 -
8 16 アズマシャトル NIKKEI杯2歳S 2着 条件恵まれた。ここなら勝ち切っても。 -
17 ホウライアキコ 桜花賞 4着 一叩きされた効果見込める。一変あれば。 -
18 ミッキーラブソング 六甲アイS 1着 勢いと53kg魅力もこの相手となると。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第53回京都金杯の展望と予想とヨタ話

 年明け一発目の重賞といえはやはり金杯。
 こっちはマイル戦。第53回京都金杯。

 で、この京都金杯。今年一発目の重賞ではあるが、今年のマイル路線を占う上で意外と重要な一戦だったりするのがこの京都金杯。 一昨年の勝ち馬ダノンシャークはその年の安田記念・マイルCSで3着を確保した上に、翌年にはマイルCSを制覇するなど大活躍していたりするし、 去年はエキストラエンドにガルボ、シャイニープリンス、ブレイズアトレイル、サンライズメジャーと重賞好走馬を多数輩出していたりしますからねぇ。

 で、今年の京都金杯はというと...マイルCS組やチャレンジC組に加え各種OP・準OP好走馬も多数出走し、かなり混沌とした状態に。 とりあえず、マイルCS3着のグランデッツァや、去年の勝ち馬でマイルCSでも5着に入っているエキストラエンド辺りが実績的には抜けている感じではあるが... 抜けているといっても、頭一つ抜けている程度のものだったりするのがねぇ。去年のマイルCSも主役不在で混戦模様だったが、その流れをそのまま引き継いだかのようなメンバー構成になってしまいました。

 しかし...こういうメンバー構成だと、予想するのも何かと厄介。ハンデ戦の割には極端なハンデ差が出ず、ある程度実績重視で勝負できるのは不幸中の幸いだったりするが... それでも、ショウナンワダチ・アズマシャトル・アクションスターの54kgやホウライアキコ・ミッキーラブソングの53kgは近走成績や重賞実績を考えるとなかなかの脅威。 今回はこの辺りの馬の逆転もあるものとして予想するのが正解なんじゃないでしょうか。

 そんなこんなで、中心はアズマシャトル。ここ数戦詰めの甘い競馬続いているが、ポートアイランドS・カシオペアSは展開が不向きでその結果前を捕らえきれず2着、 前走のチャレンジカップは早めに動いた分、後方で待機していた馬に捕まって4着と、展開がうまく嵌まらず負けている感があるだけにねぇ。いい塩梅の展開になれば巻き返しあっていいでしょう。 あと、54kgと実績の割には軽めのハンデだったりするしさ。あとは、ハンデはそれなりに背負うも実績を評価してグランデッツァ・エキストラエンド・フルーキー、そして徐々に復調しつつあるショウナンワダチを。

<第53回京都金杯予想>

◎アズマシャトル
○ホウライアキコ
▲グランデッツァ
△フルーキー
△ショウナンワダチ
△エキストラエンド

 あと、ホウライアキコの単騎逃げに期待するものアリかと。

結果

1着ウインフルブルーム
2着エキストラエンド
3着マイネルメリエンダ
4着フルーキー
5着グランデッツァ

タイム:1分32秒8 3F:34.0秒
ウインフルブルーム 牡4歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・宮本厩舎
単勝:4番710円
複勝:4番280円、1番230円、2番460円
枠連:1-2 1600円 馬連:1-2 2390円
馬単:4-1 4960円
3連複:1-2-4 12420円
3連単:4-1-2 69520円
ワイド:1-4 880円
    2-4 1480円 1-2 1740円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。上位馬、印は打っているんだが...
 重めに打ったところが来ないんではなぁ。うーん。

 でもって、京都金杯の結果。行く馬が行ってそれなりのペースになると踏んでいたのだが、蓋を開けてみればどの馬も積極的に行こうとせず、 結局、押し出されるような形でウインフルブルームがハナを切る形に。で、そういう形の逃げになったもんだから前半3ハロン通過が35.6秒と、この距離のレースにしてはかなり緩い流れに。

 そんなこんなで、逃げたウインフルブルーム、そのまま残っちゃいました。2番手から競馬したグランデッツァに一旦は並ばれたりしたものの、譲らず先頭をキープ。 で、最後はグランデッツァの方がヘタれてしまい、残ったウインフルブルームがそのままゴールへ。内をうまく立ち回ったエキストラエンド・マイネルメリエンダも最後は伸びていたんだが、 結局、ウインフルブルームを捕らえるには至らず。

 という訳で、勝ったのはウインフルブルーム。内容的には前々走のカシオペアSの再現をした、そんな感じのレースでしたな。 スローペースからの上がり勝負を制して重賞制覇。まぁ、皐月賞・朝日杯FSで3着に入っていることを考えれば、 能力的にはいつ重賞勝ってもいい馬だっただけに、この結果は妥当なところでしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。