今週のメインdeパツイチ2015
第31回フェアリーステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第31回 フェアリーステークス 中山・芝1600m  3歳牝オープン(GIII) 2015年1月12日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 テンダリーヴォイス 赤松賞 2着 この相手ならそれなりに。流れに乗れれば。 -
2 コートシャルマン りんどう賞 1着 前走案外もこの相手なら巻き返し可能で。 -
2 3 ヤマタケマツリ 500万下 15着 昇級戦散々。好枠引いて先手取れても... - -
4 ノットフォーマル きんもくせい 3着 前走は位置取り悪く。もっとやれていい。 -
3 5 トラストレイカ 牝新馬 1着 芝よりも距離が問題。克服できれば怖いが... - -
6 オーミアリス 小倉2歳S 1着 阪神JF9着も内容そこまで悪くないだけに。 -
4 7 ハナズプルメリア つわぶき賞 3着 ジリ。重賞ではさすがにパンチ不足か。 - -
8 マラケシュ 赤松賞 11着 時計要した上に展開嵌れば多少は通用。 -
5 9 エヴァンジル 牝未勝利 1着 末脚まずまず。今回重賞だが3着はありそう。 -
10 カービングパス 赤松賞 3着 前走は位置取りの差。巻き返しあっていい。
6 11 ナイアガラモンロー ダリア賞 2着 伸び悩む。牝馬同士だが重賞では... - -
12 ギンザヴィクトリア 赤松賞 6着 少し切れ足りず。展開嵌らないと辛いか。 - -
7 13 アドマイヤピンク ひいらぎ賞 2着 能力は通用も展開が鍵。仕掛け所次第。 -
14 メイショウメイゲツ 赤松賞 4着 重賞でブービーも巻き返した前走評価。 -
8 15 ローデッド 未勝利 1着 切れる脚はないが着実に差を詰めるのは評価。 -
16 トーセンラーク アルテミスS 3着 阪神JFが負けすぎ。一度様子見したい。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第31回フェアリーステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第31回フェアリーステークスの展望と予想とヨタ話

 今週は3日間開催。ということで月曜に重賞が。
 3歳牝馬限定の重賞・第31回フェアリーステークス。

 で、このフェアリーステークス。牝馬限定の重賞ということもあって、3歳牝馬クラシックを目指す牝馬が多数出走してくるのだが...時期が時期なのか、そこまで強力な馬は出て来ず。 その結果、レースのレベルもそこまで高くはならず、3歳牝馬クラシックにあまり繋がらない結果となってしまうのがこのフェアリーステークス。前日のシンザン記念のように、ここで賞金を上積みしてGIへの出走を確実なものにして一服、 万全の状態で3歳牝馬クラシックを迎えるというローテーションも組めたりするんだけどねぇ...

 まぁ、それはともかく。フェアリーステークスの予想を。今年も「頭数自体は揃うが抜けた馬がいない」という相変わらずの状態。それでいてトリッキーな中山芝1600mだったりしますからねぇ。 ここはある程度荒れることを前提にして予想するのが正解でしょう。真っ当に予想するなら、今回の出走馬の大半を占める赤松賞の上位馬テンダリーヴォイス・カービングパス辺りを狙うところなんだろうけど... ここは阪神JF10着からの巻き返し期待でコートシャルマンで勝負してみましょうかねぇ。 前々走のりんどう賞ぐらい走れば、この相手なら勝ち負けできてよさそうだしさ。

 あとは、無難にテンダリーヴォイス・カービングパス辺りをおさえつつ、前走の阪神JFでは休み明け&距離延長にも関わらずそこそこの末脚使って9着に突っ込んできたオーミアリス、 展開が鍵だが嵌まればいい末脚使うアドマイヤピンクで好配当狙ってみましょうか。

<第31回フェアリーステークス予想>

◎コートシャルマン
○ノットフォーマル
▲カービングパス
△オーミアリス
△テンダリーヴォイス
△アドマイヤピンク

 あと、この相手ならノットフォーマルにもチャンスあるんじゃないかと。
 前々走、後のホープフルS2着馬に迫ったりしているんだしさ。

結果

1着ノットフォーマル
2着ローデッド
3着テンダリーヴォイス
4着コートシャルマン
5着メイショウメイゲツ

タイム:1分35秒2 3F:35.2秒
ノットフォーマル 牝3歳
騎手:黛弘人 厩舎:美浦・中野厩舎
単勝:4番3490円
複勝:4番720円、15番600円、1番260円
枠連:2-8 10350円 馬連:4-15 32220円
馬単:4-15 68300円
3連複:1-4-15 53320円
3連単:4-15-1 482170円
ワイド:4-15 7640円
    1-4 2730円 1-15 1850円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中!ノットフォーマル、ズバリでしたな。
 ローデッドも△ではあるがカバーして高配当ゲットです。

 でもって、フェアリーステークスの結果。これといった逃げ馬がいなかった上に、比較的前で競馬する馬が内枠を引いてしまったもんだから、先手争いは内枠の馬ですんなり決着。 スタートは普通だったがダッシュを効かせて出て行ったノットフォーマルが、同枠のヤマタケマツリ、思い切って先行策に打って出たオーミアリス、ナイアガラモンロー等を封じハナへ。

 そんなこんなで、大きな波乱もなく隊列がすんなり確定したもんだから、前半3ハロン通過が35.7秒、1000m通過が1:00.0とペースはあまり速くならず。 結局、そんなペースだったもんだから、逃げたノットフォーマル、最後まで止まらずそのまま押し切ってしまうことに。2着以下も、ペースが緩いと判断したのか早々にスパートして前との差をつめたローデッドや、 枠順なりに出て最内でじっと待機し3〜4コーナーのコーナーワークで進出してきたテンダリーヴォイス・コートシャルマンなど、「直線入った段階で前につけていた馬」がそのまま残ってしまうという前残りの競馬に。

 しかし...今回のフェアリーステークス。うまく流れに乗ったり、立ち回りがうまかった馬が上位を占めただけっぽいのがちょっとアレですなぁ。 この結果が3歳牝馬クラシックに繋がるかというと...微妙な感じですな。スタート後ダッシュがつかず後方に下がった上に、 4コーナーでは大外をブン回すというロスの多い競馬した割にはそこそこの位置まで突っ込んできたエヴァンジル(9着)の方が案外いい結果出したりするんじゃないかと...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。