今週のメインdeパツイチ2015
第55回京成杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第55回 京成杯 中山・芝2000m  3歳オープン(GIII) 2015年1月18日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 クラージュシチー 東スポ杯2歳S 5着 前走5着も見所あり。この相手なら勝ち負け。
2 ブライトバローズ 寒竹賞 5着 前走案外。現状では末脚勝負がベスト? - -
2 3 オトコギイッポン 新馬 1着 単調。今回同型馬もそれなりに揃って... - -
4 ダノンリバティ エリカ賞 12着 前走案外も時計出る馬場なら巻き返し可。 -
3 5 クルーガー エリカ賞 2着 芝こなした前走評価。ただ多少パンチ不足で。 - -
6 イーデンホール 500万下 1着 堅実だが芝ではちょっと狙い辛そうで。 - -
4 7 ブラックバゴ ホープフルS 3着 前走ぐらいはやれていい馬。ここでも上位に。
8 タケルラムセス 寒竹賞 1着 前がそれなりに飛ばせば出番アリ。3連勝も。 -
5 9 マイネルシュバリエ 札幌2歳S 2着 スピード不足?時計要す馬場なら怖いが... -
10 フォワードカフェ 札幌2歳S 5着 成績尻すぼみ。重賞ではちと苦しいようで... - -
6 11 ディアコンチェルト 東スポ杯2歳S 8着 後方から差を詰める程度。展開嵌まらないと。 - -
12 バルビエール 未勝利 1着 未勝利戦だが前走の完勝それなりに評価でき。 -
7 13 ソールインパクト 東スポ杯2歳S 3着 少し足りない競馬続いたがこの相手なら。 -
14 ナスノセイカン 未勝利 1着 前走の末脚なかなか。重賞でも展開次第で。 -
8 15 コスモナインボール アイビーS 1着 前走が今一つ。もう一変あればいいが... - -
16 ザイディックメア 未勝利 1着 前走展開嵌まった感否めず。重賞では... - -
17 ベルーフ エリカ賞 1着 能力はなかなか。あとは折り合い次第か。 -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第55回京成杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第55回京成杯の展望と予想とヨタ話

 重賞に昇格したホープフルSの余波がここに?
 何かが変わるかもしれない一戦、第55回京成杯。

 という訳で、この京成杯。皐月賞と同じ中山芝2000mで行われることもあり、その皐月賞に繋がるような結果になっても不思議ではないのだが、 実体は...ねぇ。それなりに活躍しそうな馬は出ているのだが、結局、ほとんどの馬が結果を出せずに終わってしまう始末。

 ただねぇ、今年は2歳戦がいろいろ変わった影響が出てきそうな雰囲気。 特に、この京成杯で主力を形成するような馬を多数輩出していたホープフルSが重賞に昇格してしまったのはインパクト大ですな。 ホープフルSの出走馬のレベルが重賞昇格によって底上げされ、さらにその出走メンバーがこの京成杯に出てくるとなるとねぇ。 クラシック戦線で活躍するような馬を輩出したりする等、例年とひと味違う京成杯になってしまうんじゃないかと。

 まぁ、その辺りは結果が出てから評価するとして、とりあえず京成杯の予想。素直にホープフルS上位馬ブラックバゴ・ソールインパクトで勝負してもいいのだが、 ここは東スポ杯2歳S5着のクラージュシチーに期待してみましょうか。前走の東スポ杯2歳Sはいい位置につけるも、思ったほど伸びず5着という結果に終わったが、 前々走の未勝利戦圧勝を考えるとねぇ。巻き返しあっていいんじゃないかと。

 で、あとは無難にホープフルS上位馬のブラックバゴ・ソールインパクトを。エリカ賞組や新馬・未勝利勝ち上がり馬で勝負するのも手だが...まぁ、ホープフルSでは3・4着確保していたり、 他の重賞好走で好走していたりすることを考えるとねぇ。これらホープフルS上位馬、頭一つ分ぐらいリードしていると考えるのが妥当なところでしょう。

<第55回京成杯予想>

◎クラージュシチー
○ナスノセイカン
▲タケルラムセス
△ソールインパクト
△ブラックバゴ
△ベルーフ

 新馬・未勝利勝ち上がり組は...展開次第といったところかな。

結果

1着ベルーフ
2着ブラックバゴ
3着クルーガー
4着ソールインパクト
5着ダノンリバティ

タイム:2分02秒3 3F:35.7秒
ベルーフ 牡3歳
騎手:川田将雅 厩舎:栗東・池江厩舎
単勝:17番530円
複勝:17番190円、7番170円、5番270円
枠連:4-8 650円 馬連:7-17 1350円
馬単:17-7 2710円
3連複:5-7-17 3700円
3連単:17-7-5 16830円
ワイド:7-17 550円
    5-17 820円 5-7 800円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、どうもイマイチ。
 印は打っているんだが、△同士での決着ではなぁ。

 でもって、京成杯の結果。比較的長めの距離だった上に、これといった逃げ馬もいなかったこともあって前半1000m通過は1:01.9とペースは緩め。 そんなこんなで、あとは典型的な上がり勝負の競馬に。馬群があまりバラけなかったこともあって、直線入った段階でも相変わらず各馬団子状態ではあったが...脚色は外を回った馬の方が上。 結局、坂を登り切った辺りで形勢が一気に逆転し、外を回った差し・追込馬が横一線に並んだままゴールすることに。

 で、そんな横一線の争いを制したのがベルーフ。大外を回ったこともあって、直線入った段階では前の集団よりやや置かれた位置取りになってしまったが、そこからの伸びは抜群。 最後、早めに動いていった馬の脚色が鈍ったことと相まって、直線の坂を登り切ったところで前との差を一気に詰め、内にいたブラックバゴやクルーガー、ソールインパクトらをまとめて交わしゴールへ。

 しかし、勝ったベルーフ。道中は相変わらず気難しい面をみせていたり、こういう緩いペースにも関わらず大外を回るというロスの多い競馬をしたのだが...結果はこれですからねぇ。 着差はハナ差だったが能力の高さはアピールできたんじゃないでしょうか。まぁ、気性面で問題を抱えているのは相変わらずなんで、あまり過信しすぎちゃいけないんだろうけど...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。