今週のメインdeパツイチ2015
第62回日経新春杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第62回 日経新春杯 京都・芝2400m  4歳上オープン(GII) 2015年1月18日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ゼンノルジェロ カウントD 1着 嵌まればそれなりに走る馬。重賞でも一発注意。 -
2 ハギノハイブリッド 京都新聞杯 1着 前3走今一つだが重賞勝ちの京都なら。
2 3 ホーカーテンペスト オリオンS 1着 前走完勝。いい頃の走り戻ったなら怖い。 -
4 アドマイヤデウス 若葉S 1着 GIでもそこそこ健闘。ただ今回久々なだけに... - -
3 5 フーラブライド 中山牝馬S 1着 去年は3着。ただ今年はハンデ重く... -
6 アドマイヤフライト 日経新春杯 2着 去年の2着馬だがそれ以降の成績今一つで。 - -
4 7 タマモベストプレイ 京都大賞典 2着 この条件ならもう少しやれていい。ヒモで一考。
8 メイショウカンパク 京都大賞典 1着 良績ある条件だが凡走続きの現状では。 - -
5 9 サトノノブレス 菊花賞 2着 去年の勝ち馬。58kg克服できれば連覇あっても。 -
10 コウエイオトメ 日経新春杯 4着 去年の4着馬。51kgだし嵌まれば3着なら。
6 11 ビービートレイター 緑風S 1着 もう一押し欲しい。叩き3戦目で変われば... - -
12 アクションスター 京成杯 2着 前走負けすぎも準OP好走時の走り戻れば。 -
7 13 ヴィクトリースター 烏丸S 1着 パンチ不足。時計要さないと出番はなさそう。 - -
14 ダコール 小倉大賞典 2着 GIII止まりの馬っぽく。目標は次の小倉大賞典? -
15 コスモロビン 目黒記念 3着 2桁着順続く。一変はちょっと望み薄か。 - -
8 16 メイショウサミット 天の川S 1着 たまに大駆けあるが、2桁着順続いては... - -
17 ムーンリットレイク 福島テレビOP 1着 伸び悩む。現状ではOPまでの馬っぽく。 - -
18 トウシンモンステラ DインパクトC 1着 やや詰め甘いがそれなりの末脚はある馬で。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第62回日経新春杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第62回日経新春杯の展望と予想とヨタ話

 条件が少々アレなもんで一線級の馬は出てきませんが...
 それなりの馬は揃う一戦・第62回日経新春杯。

 で、この日経新春杯。この時期のGIIは、有馬記念使った余力で...とか、ドバイ遠征に備えて...とか、 そういった理由で唐突に一線級の馬が参戦してくることが多々あったりするのだが、この日経新春杯はハンデ戦ということもあってか、 重いハンデを背負わされることになる実績馬はあまり出走して来ず。ただ、GIで好走するもののなかなか賞金を加算することが出来ずにいる馬が、 賞金の上積みを目論みここに出走してくることが結構あるもんで、そこまで手薄になることもないのがこの日経新春杯。

 でもって、今年の日経新春杯もそんな感じのメンバー構成に。重賞やOPで結果を出しGIに出走するも、 結果はそこそこ止まりだったサトノノブレス・タマモベストプレイ・アドマイヤデウス・ハギノハイブリッド・フーラブライドが再起をかけここに出走することに。

 そんなこんなで、予想もこれらの馬中心。こういう条件だし、ここは準OPやOPを勝ち上がった新興勢力に期待するのもアリなんだが... ややパンチ不足だったり、大駆けタイプの馬で走る走らないがイマイチ掴めない馬ばかりなのがねぇ。ここは、ハンデが重いとか前走から間隔が開くという問題があったりするが、 この条件で巻き返しありそうな前述の実績馬で勝負してみましょうか。58kgが鍵だが、小倉記念では57kgで快勝していること考えればこなせていい感じがするサトノノブレス、 やや間隔が開くが、重賞勝ちある京都&55kgなら巻き返しありそうなハギノハイブリッドとかさ。

<第62回日経新春杯予想>

◎サトノノブレス
○ゼンノルジェロ
▲ハギノハイブリッド
△タマモベストプレイ
△コウエイオトメ
△アクションスター

 ただ、ハンデ戦らしく荒れることが多々あるのが気になるところ。

結果

1着アドマイヤデウス
2着フーラブライド
3着アドマイヤフライト
4着コウエイオトメ
5着ダコール

タイム:2分24秒8 3F:34.4秒
アドマイヤデウス 牡4歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・橋田厩舎
単勝:4番1210円
複勝:4番480円、5番430円、6番480円
枠連:2-3 2100円 馬連:4-5 10150円
馬単:4-5 19580円
3連複:4-5-6 35650円
3連単:4-5-6 200130円
ワイド:4-5 3210円
    4-6 2970円 5-6 2360円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、この組み合わせはちょっとなぁ。
 休み明けとかハンデとか、手が出しにくい条件揃って...

 でもって、日経新春杯の結果。皐月賞・日本ダービーとそれなりに好走したアドマイヤデウスが1着、エリザベス女王杯4着のフーラブライドが2着、去年の日経新春杯2着馬アドマイヤフライトが3着と、 実績的にはこういう結果になっても不思議ではない馬が上位に来たのだが...アドマイヤデウスは久々、フーラブライドは牡馬相手&ハンデ55kg、アドマイヤフライトは久々と近走成績と、 それぞれ不安を抱えていたもんで、あまり人気にはならず。で、その結果、馬連・馬単は万馬券、3連単は20万馬券と波乱の決着に。

 レース自体は、これといった逃げ馬がいなかったこともあり、メイショウサミットがハナを奪取するとそれで隊列はすんなり確定。で、淡々とした流れのまま勝負所に差し掛かったが...ここでも大きな動きはなくそのまま直線に。 そんなこともあって、結局、好位から無難な競馬をしたアドマイヤデウス・フーラブライド・アドマイヤフライトがそのままゴールに流れ込み上位を独占することに。

 そんなこんなで、勝ったのはアドマイヤデウス。前述しているように、展開が嵌まった感は否めないが...ダービー以来の出走でこれだけやれるのであれば、まぁ、悪くないんじゃないかと。 今回好走した反動がなければ、今シーズン、それなりにはやっていけそうな感じですな。これとは逆に、どうも怪しい感じになってしまったのが1番人気のサトノノブレス。 まぁ、オールカマーで突然16着と大敗してしまったりした馬だけに、今回の敗北は「気まぐれ」ということにしておいてもいいのだが...スランプに陥った可能性も考慮しておいた方がいいのかもしれませんな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。