今週のメインdeパツイチ2015
第61回エンプレス杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第61回 エンプレス杯 川崎・ダ2100m  4歳上牝オープン(JpnII) 2015年3月4日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ダブルスパーク OROスプ 1着 良績は芝の短距離に集中。条件合わない。 - -
2 2 ケイティバローズ ブリーダーズ 4着 ダート戻りで一変あっていい。相手も手頃で。
3 3 チェリッシュハート 川崎C2 2着 格下感否めず。さらに自己条件でも今一つで... - -
4 4 カヤドーモトヒメ 森のハーモニ 1着 嵌まれば強い競馬するがさすがに交流重賞だと。 -
5 5 アムールブリエ 雅S 1着 この相手なら即通用していい。あとは展開次第。
6 ユーセイクインサー 東海クラウン 3着 地元で堅実に走るもこの条件ではさすがに。 - -
6 7 アスカリーブル 関東オークス 1着 交流重賞勝ちある馬だがその頃の勢いなくて... -
8 マイネジェシカ 川崎宿特別 1着 格下。展開嵌まってもこの条件では入着まで。 - -
7 9 アクティビューティ JBCレディ 2着 かなり持ち直す。この相手ならワンチャンス有。
10 ワイルドフラッパー レディスプレ 1着 去年の勝ち馬。この相手ならすんなり勝てる筈。
8 11 タッチデュール クイーン賞 4着 去年は11着。この条件では出番なさそうで。 - -
12 クロスオーバー ロータス賞 1着 前2走が負けすぎ。ここも出てきただけ。 - -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第61回エンプレス杯の展望と予想とヨタ話

 冬の牝馬限定交流重賞シリーズもここで一段落?
 大一番といえば大一番、第61回エンプレス杯。

 でもって、このエンプレス杯。JBCレディスクラシックというダート牝馬路線の大一番が終わった後も、 クイーン賞・TCK女王盃とそれなりの格の重賞が続いたが...そんなダート牝馬路線もこのエンプレス杯で一段落。

 そんなこんなで、締めくくりの一戦みたいになっていることもあって、それなりにメンバーが揃うのがこのエンプレス杯...なのだが、 今年はダート牝馬路線の頂点に君臨するサンビスタ、JBCレディスクラシック2着馬でクイーン賞勝ち馬トロワボヌールがいないというのがねぇ。 とりあえず、去年の勝ち馬ワイルドフラッパーやこの手の牝馬限定戦で手堅く上位確保するアクティビューティはいたりするが、やや盛り上がりに欠く感じするのは否めないんじゃないかと。

 まぁ、それはそれとして。エンプレス杯の予想。こういうメンバー構成だし、ここはワイルドフラッパーとアクティビューティで勝負するしかないでしょう。 雅Sの勝ちっぷりが良かったアムールブリエとかダート戻りで巻き返しありそうなケイティバローズも狙えなくはないんだが...あまり確実性がないんでねぇ。 一発狙いで単勝1点勝負とか、そういうのだったらアリなんだが、ワイルドフラッパーとアクティビューティに絡めるとなると、なかなか取り扱いが難しい感じ。 いい塩梅にオッズが割れてくれればどうにかなるのだが、ワイルドフラッパーとアクティビューティに人気が集中するようだと...ねぇ。そう簡単に買い目も増やせないだろうし。

<第61回エンプレス杯予想>

◎ワイルドフラッパー
○アムールブリエ
▲アクティビューティ
△ケイティバローズ

 まぁ、どこまで買い目絞るかは...オッズ次第ということで。

結果

1着アムールブリエ
2着ワイルドフラッパー
3着ケイティバローズ
4着アクティビューティ
5着アスカリーブル

タイム:2分17秒1 3F:39.0秒
アムールブリエ 牝4歳
騎手:濱中俊 厩舎:栗東・松永幹厩舎
単勝:5番380円
複勝:5番110円、10番100円、2番140円
枠連:5-7 190円 馬連:5-10 220円
枠単:5-7 500円 馬単:5-10 640円
3連複:2-5-10 670円
3連単:5-10-2 2580円
ワイド:5-10 140円
    2-5 350円 2-10 230円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。ただ、順序が微妙だなぁ...
 ワイルドフラッパーは2着だし、アクティビューティは4着だし。

 まぁ、それはそれとして。エンプレス杯の結果。根本的な能力差があったのか、終始前に行った中央勢4頭の争い。 ワイルドフラッパーが逃げ、それをアクティビューティ・アムールブリエ・ケイティバローズが追いかける展開。 ただ、勝負所でアクティビューティ・ケイティバローズが早々に下がってしまったもんで、結局、直線ではワイルドフラッパー・アムールブリエの一騎打ちに。

 と、まぁ、そんな感じの展開になったが、一騎打ちに持ち込んだワイルドフラッパーも直線半ばで早々に止まってしまい終了。 最終的にはアムールブリエがワイルドフラッパーに3馬身もの差をつけ快勝という結果に。

 しかし...そろそろ世代交代ですかねぇ。実績を考えればワイルドフラッパー・アクティビューティで決まりといっても過言ではないレースだったが、 蓋を開けてみればこれですからね。ワイルドフラッパーはいい頃の勢いはもうないのか、踏ん張りが利かずアムールブリエに突き放されてしまう始末だし、 アクティビューティはケイティバローズにも交わされ4着止まりだったりするしさ。まぁ、極端な負け方はしていないだけに、 展開次第では上位争い出来ていいんだろうけど...それ以上はもう厳しいのかもしれませんな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。