今週のメインdeパツイチ2015
第62回毎日杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第62回 毎日杯 阪神・芝1800m  3歳オープン(GIII) 2015年3月28日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ペガサスボス 白梅賞 2着 自己条件で勝ち切れず。ここでは入着まで。 - -
2 2 グリュイエール きさらぎ賞 4着 前走まずまずだが一押し足りない感じで。 - -
3 マサハヤドリーム アルメリア賞 1着 ややジリ脚傾向だが多少時計要すなら。 -
3 4 ナヴィオン デ杯2歳S 3着 着実に差は詰める。あとは展開次第か。
5 ロードフェリーチェ シンザン記念 2着 前走よく差を詰めたがもうワンパンチ欲しい。 - -
4 6 テイエムクロタカ アルメリア賞 5着 前走が物足りず。重賞では力不足っぽく。 - -
7 ソールインパクト 東スポ杯2歳S 3着 いい末脚は使っている。阪神外回りなら。
5 8 ダノンリバティ 京成杯 5着 時計出る馬場なら巻き返し可も今の阪神は... - -
9 ミュゼエイリアン 共同通信杯 4着 どこでも相手なり。入着はありそうで。 -
6 10 シュヴァルグラン 京都2歳S 3着 能力はなかなかも妙に詰め甘い面あって。 - -
11 アルバートドック ゆきなやぎ賞 1着 堅実駆け評価。重賞でも上位争い可能。 -
7 12 ルナプロスペクター 若竹賞 1着 前走の勝ちっぷり評価。嵌まればここでも。
13 アッシュゴールド デ杯2歳S 2着 ここならそれなりにやれる筈。勝ち負け。 -
8 14 ジュヒョウ あすなろ賞 1着 前走は相手に恵まれて勝てた感あって。 - -
15 アンビシャス 共同通信杯 3着 前走より条件楽。ここなら出番あっても。

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第62回毎日杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第62回毎日杯の展望と予想とヨタ話

 皐月賞に滑り込み?それともスルー?
 運命を分ける一戦、第62回毎日杯。

 という訳で、この毎日杯。ここで賞金を上積みして皐月賞に滑り込んでやろうと足掻く馬がちらほら出走してきたりもする一戦だが、 基本的には日本ダービーやNHKマイルカップなどに目標を切り替えた馬がメイン。となると、敗者復活戦的なノリの重賞になりがちだが... キズナやディープスカイ、キングカメハメハ、クロフネのように一気にトップまで上り詰めてしまう馬もいるだけにねぇ。そういう感じの重賞だからといって軽視できないのがこの毎日杯。

 ただ...今年はどうも敗者復活戦っぽいのが気になるところ。アルバートドックやルナプロスペクター、マサハヤドリーム、ジュヒョウなど500万下特別勝ち馬もちらほらいたりするが、 基本的には重賞で好走するも賞金を加算できなかったり、加算したとしても本番に出走するにはまだ足りないといった感じの重賞好走馬が主力を形成。

 そんなこんなで、予想も、この手の重賞好走馬で組み立てていけば良さそうな感じ。 末脚勝負を仕掛けやすいこの阪神外回りコースで浮上ありそうなソールインパクト、アッシュゴールド、ナヴィオンとかさ。 で、あとはこれらに500万下特別勝ち馬を絡める形で。

<第62回毎日杯予想>

◎ソールインパクト
○マサハヤドリーム
▲アッシュゴールド
△ナヴィオン
△ルナプロスペクター
△アルバートドック

 ただ、今の阪神、ちょっと時計が掛かるのが気になるところ。
 馬場状態次第ではマサハヤドリームを中心にするのもアリかも。

結果

1着ミュゼエイリアン
2着ダノンリバティ
3着アンビシャス
4着アルバートドック
5着シュヴァルグラン

タイム:1分47秒2 3F:34.7秒
ミュゼエイリアン 牡3歳
騎手:川田将雅 厩舎:美浦・黒岩厩舎
単勝:9番1400円
複勝:9番330円、8番240円、15番150円
枠連:5-5 5670円 馬連:8-9 5690円
馬単:9-8 12300円
3連複:8-9-15 6280円
3連単:9-8-15 50680円
ワイド:8-9 1670円
    9-15 940円 8-15 650円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、イマイチでしたなぁ。
 軸馬はサッパリだし、ダノンリバティが無印では...

 まぁ、それはともかく。毎日杯の結果。テイエムクロタカが逃げる形となったが、積極的な逃げではなく押し出されたような逃げに。 そんなこともあってか、1000m通過が1:00.5とペースはあまり速くならず。

 そんなこんなで、直線の追い比べで勝敗を決する展開となったのだが...末脚自慢の馬が軒並み不発だったこともあって、 結局、2番手追走から先頭に立ったミュゼエイリアンがそのまま押し切ってしまうことに。

 しかし、他の有力馬。ここまで伸びないとはねぇ。目立った末脚を使ったのはダノンリバティぐらいで、他はじりじりとしか伸びず。 ナヴィオン・アッシュゴールドに至っては馬群の中に沈んでしまい、ナヴィオンは12着、アッシュゴールドはビリという散々な結果に。 多少時計は要したものの、末脚をまともに使えないような悪い馬場状態ではなかったんだけどねぇ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。