今週のメインdeパツイチ2015
第75回桜花賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第75回 桜花賞 阪神・芝1600m  3歳牝オープン(GI) 2015年4月12日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 コンテッサトゥーレ 紅梅S 1着 前走今一つも良馬場なら巻き返しあっていい。 -
2 ムーンエクスプレス 阪神JF 4着 もう一押し欲しい。この条件では苦しいか。 - -
2 3 ノットフォーマル フェアリーS 1着 前走が負けすぎ。一変あればいいが... - -
4 トーセンラーク アルテミスS 3着 パンチ不足。この条件では入着も厳しく。 - -
3 5 ペルフィカ フィリーズ 2着 着実に差は詰める。展開嵌まれば多少は。 -
6 レッツゴードンキ 阪神JF 2着 条件問わず安定した走り評価。ここでも。 -
4 7 クルミナル エルフィンS 1着 まだ見限れぬ。良馬場なら巻き返しも。 -
8 ルージュバック きさらぎ賞 1着 前走楽勝。一強と呼んでも差し支えない? -
5 9 アンドリエッテ チューリップ 2着 それなりの末脚アリ。展開嵌まれば上位も。
10 アースライズ フラワーC 2着 前走の末脚悪くないが、この条件だと... - -
6 11 キャットコイン クイーンC 1着 まだ底見せておらず。GIでも通用していい。 -
12 ローデッド フェアリーS 2着 地味だがなかなかの末脚使う。嵌まれば。 -
7 13 クイーンズリング フィリーズ 1着 勢いは評価。ただ今回相手揃うだけに... - -
14 テンダリーヴォイス アネモネS 1着 アネモネSのレベル微妙。GIではさすがに。 - -
15 ココロノアイ チューリップ 1着 堅実駆け評価。ここも上位確保できそうで。 -
8 16 メイショウメイゲツ アネモネS 2着 重賞でもそこそこ好走。ただGIとなると。 - -
17 レオパルディナ 小倉2歳S 2着 伸び悩む。もう一変ないと出番は... - -
18 クールホタルビ ファンタジー 1着 前2走負けすぎ。嵌まれば一発あるが... -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第75回桜花賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第75回桜花賞の展望と予想とヨタ話

 今週から本格的に春のGIシリーズスタート。
 まずは3歳牝馬クラシック一冠目・第75回桜花賞。

 でもって、今年の桜花賞。阪神JF馬ショウナンアデラが故障で戦線離脱するといったアクシデントがあったりしたが... それ以外はこれといった波乱もなく、順当に各種トライアル・重賞上位馬がこの桜花賞に集うことに。

 そんなこんなで今年の桜花賞。各種トライアル・重賞上位馬による熱戦が期待されるところだったりするんだが...ねぇ。 今回の桜花賞、すっかりこの馬の一強ムードに。ルージュバック。前走のきさらぎ賞ではアッシュゴールド・ポルトドートウィユといった良血馬相手に完勝。 さらに、内容自体も、後続を軽く突き放し余裕の勝利という内容だっただけにねぇ。阪神JFやトライアル上位馬が揃ってはいるが、ここもすんなり突破しそうな勢い。

 という訳で、まぁ、予想もこのルージュバック中心になってしまうのは仕方がないところ。思い切ってこれを外し大穴狙いしてみるのもアリなんだが、ここは素直にこの馬から勝負してみましょう。 あとはその相手探しだが...阪神JF・トライアル組はある程度勝負付け済んでしまっていますからねぇ。こちらも素直にキャットコイン・ココロノアイ・レッツゴードンキ辺りで勝負するのが妥当なところだったりするんじゃないでしょうか。

<第75回桜花賞予想>

◎ルージュバック
○コンテッサトゥーレ
▲キャットコイン
△ココロノアイ
△レッツゴードンキ
△アンドリエッテ

 一発狙うならチューリップ賞凡走組の巻き返し。
 コンテッサトゥーレ・クルミナルは馬場に泣かされた感あるので...

結果

1着レッツゴードンキ
2着クルミナル
3着コンテッサトゥーレ
4着クイーンズリング
5着ノットフォーマル

タイム:1分36秒0 3F:33.5秒
レッツゴードンキ 牝3歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・梅田厩舎
単勝:6番1020円
複勝:6番260円、7番610円、1番750円
枠連:3-4 740円 馬連:6-7 7860円
馬単:6-7 17370円
3連複:1-6-7 34480円
3連単:6-7-1 233390円
ワイド:6-7 2030円
    1-6 2260円 1-7 3910円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。コンテッサトゥーレ・クルミナルはいい狙いだったんだが...
 この順序だとなぁ。コンテッサトゥーレが2着なら随分マシだったんだが。

 まぁ、それはともかく。桜花賞の結果。前で競馬する馬はそれなりに居たんだが...どの馬も積極的に出て行こうとせず。 で、結局、レッツゴードンキが出て行って単騎で逃げる形となったのだが...ペースは全く上がらず、前半3ハロン通過が37.1秒、1000m通過が1:02.5と長距離戦並みのスローペースに。

 そんなこんなで、直線入ってよーいドンの競馬となったのだが...まぁ、強い馬を前で楽に競馬させすぎでしたな。逃げたレッツゴードンキ、上がり3ハロンを33.5秒でまとめて終了。 パンパンの良馬場で31-32秒台の末脚が使えるのであればなんとかなったのかもしれんが、前日の雨が微妙に残っていたのか、そこまでの末脚を使える馬は現れず終い。

 という訳で、勝ったレッツゴードンキ。こういう展開だっただけに、4馬身差の圧勝というのをそのまま評価する訳にはいかないが...上がり3ハロンを33.5秒でまとめたのは評価していいでしょう。 他の馬は...もう展開と馬場状態がすべてでしたな。今回の結果は度外視してしまってもいいんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。