今週のメインdeパツイチ2015
第20回アンタレスステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第20回 アンタレスステークス 阪神・ダ1800m  4歳上オープン(GIII) 2015年4月19日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 タガノゴールド 摩耶S 1着 昇級後の成績イマイチ。この条件では... - -
2 サンレイレーザー 毎日王冠 2着 前走そこそこ差を詰める。見限りは早計か。 -
2 3 アジアエクスプレス 朝日杯FS 1着 前走は休み明け堪えた?叩き2戦目なら。 -
4 ナムラビクター チャンピオン 2着 去年の勝ち馬。この条件なら即通用。 -
3 5 ダノンバトゥーラ 韓国馬事会杯 1着 しぶとさ評価もさすがに重賞となると。 - -
6 イッシンドウタイ マーチS 2着 中山以外でもそこそこ走る。あとは展開次第。 -
4 7 ダノンカモン 名古屋大賞典 1着 もう一押し足りない。ここでは入着までか。 -
8 トウショウフリーク 川崎記念 3着 去年の2着馬だが近走成績物足りなくて。 - -
5 9 マスクゾロ 伊丹S 1着 勢いは評価も重賞となるとさすがにキツいか。 - -
10 サミットストーン 東京大賞典 3着 交流GI好走評価もこの相手ではちと苦しいか。 - -
6 11 ローマンレジェンド 東京大賞典 1着 それなりに走るが一時期の勢いはなくて。 - -
12 マルカプレジオ 仁川S 1着 重賞成績芳しくないが今の勢いなら通用しても。
7 13 クリノスターオー シリウスS 1着 去年のビリが気がかりも、きちんと走れば通用。
14 ワイドバッハ 武蔵野S 1着 展開次第なのは相変わらず。前崩れになれば。 -
8 15 ポアゾンブラック 南部杯 2着 スランプに陥った様子。能力はあるのだが... -
16 アスカノロマン ダイオライト 3着 良績京都に集中。阪神でどこまでやれる? - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第20回アンタレスステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第20回アンタレスステークスの展望と予想とヨタ話

 帝王賞・かしわ記念に向け有力馬続々再始動。
 次に繋がる競馬を。第20回アンタレスステークス。

 でもって、このアンタレスステークス。京都で行われていた頃は荒れることも結構あったが、阪神で行われるようになってからは大きな波乱もなく、強い馬が上位を占めるという順当な結果が続くことに。 まぁ、阪神に変更されて2年しか経っていないだけに、堅く収まるレースになったと判断するのは早計だったりしますが...

 まぁ、それはそれとして。今回のアンタレスステークス。ここを使わずかしわ記念に直行する有力馬がいたりするもんで、ダートの一線級が勢揃い...という形にはなからなかったりするが、 手頃な条件であることには変わりないようで、毎年それなりの馬が揃うのがこのアンタレスステークス。今年もローマンレジェンド・アジアエクスプレスといったGI勝ち馬に加え、各種重賞勝ち馬が揃うことに。

 でもって、そんなアンタレスステークスの予想。朝日杯FS勝ちやレパードS楽勝という実績を考えればアジアエクスプレスなんだが...前走の名古屋大賞典がちと物足りない競馬だっただけにねぇ。 一叩きされて変わる余地あるだけに無碍にはできないのだが、ここはナムラビクターを中心にして勝負してみてもいいんじゃないでしょうか。前走の東海Sから間隔が開くのはちと気掛かりだが、 去年のこのレースやチャンピオンンズC2着を考えると、あっさり勝ってしまっても不思議ではない馬。前走の敗北で人気落ちするならば、馬券的な妙味もあるしさ。

 あとは、無難にアジアエクスプレス、そして展開が鍵だが能力的には通用していい筈のワイドバッハ、阪神に良績あるマルカプレジオ・クリノスターオーで勝負といったところ。 一発狙うなら、中山巧者の印象強いが他の場でも流れに乗れればそれなりに突っ込んでくるイッシンドウタイ、前走のマーチSは9着もそれなりに差を詰めたこともあり、まだ見限れぬサンレイレーザー辺りなのだが、 そこまで荒れるレースじゃなかったりするんでねぇ...

<第20回アンタレスステークス予想>

◎ナムラビクター
○イッシンドウタイ
▲アジアエクスプレス
△ワイドバッハ
△マルカプレジオ
△クリノスターオー

 ダノンバトゥーラ・マスクゾロといった新興勢力に期待するのもアリだが...
 いきなりこの相手というのはさすがに厳しいんじゃないかと。

結果

1着クリノスターオー
2着アジアエクスプレス
3着ナムラビクター
4着ダノンバトゥーラ
5着イッシンドウタイ

タイム:1分49秒6 3F:37.4秒
クリノスターオー 牡5歳
騎手:幸英明 厩舎:栗東・高橋義忠厩舎
単勝:13番1320円
複勝:13番330円、3番150円、4番160円
枠連:2-7 830円 馬連:3-13 2860円
馬単:13-3 7080円
3連複:3-4-13 4380円
3連単:13-3-4 36300円
ワイド:3-13 1200円
    4-13 930円 3-4 370円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。3連復なら余裕の的中だったりするが...
 肝心のナムラビクターが届かず3着止まりではなぁ。

 まぁ、それはともかく。アンタレスステークスの結果。他に行く馬がいなかったこともあってか、1番人気のアジアエクスプレスが押し出されるような形で逃げる展開に。 そんな展開だったもんだから、ペースもそこまで上がらず、1000m通過が1:00.1と緩め。となれば、前に行った馬が残ってしまうのは、まぁ、妥当なところ。 直線では逃げたアジアエクスプレスと2番手から競馬したクリノスターオーの一騎打ち。最後、中団からナムラビクターが伸びてきたりしたが...結局、前に行った2頭で決着。

 そんなこんながあったりしたが、勝ったのはクリノスターオー。逃げ粘るアジアエクスプレス、最後の一伸びで一気に差を詰めたナムラビクターらを退け1着。 まぁ、去年のシリウスSでナムラビクターを破っていたりする馬だし、能力的にはこれ位やれても不思議ではなかったりしますけどね。 人気自体は6番人気とそこまで評価されてはいなかったが、まぁ、順当といえば順当な結果だったんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。