今週のメインdeパツイチ2015
第32回エプソムカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第32回 エプソムカップ 東京・芝1800m  3歳上オープン(GIII) 2015年6月14日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ノーステア ダイヤモンド 4着 徐々に良化。そろそろ出番あっていい頃で。
2 2 サトノアラジン 共同通信杯 3着 元々重賞好走ある馬。ここでも上位狙える。
3 3 ゲシュタルト 小倉日経OP 3着 多少持ち直すが現状では入着も厳しそうで。 - -
4 4 ヒラボクディープ 青葉賞 1着 前走まずまず。もう一変あればチャンス有。 -
5 ユールシンギング 新潟大賞典 1着 絶不調から抜けた感はあるが、まだ厳しい。 - -
5 6 エイシンヒカリ 都大路S 1着 チャレンジCの敗北気になるも前走完勝は評価。 -
7 ペルーサ 天皇賞秋 3着 前走多少良化するも、さらなる上積みは... - -
6 8 アーデント 新潟大賞典 4着 この条件ならそこそこ走る。嵌れば3着も。 -
9 フェスティヴタロー モンゴル賞 2着 やはり逃げた方がいい様子。単騎逃げできれば。 -
7 10 マイネルホウオウ NHKマイルC 1着 実績評価も復帰後の成績が散々。まだ様子見。 - -
11 フルーキー チャレンジC 2着 重賞勝てる能力はある。展開さえ嵌れば。
8 12 ディサイファ 中日新聞杯 1着 去年の勝ち馬。前走上々の内容だし今年も。 -
13 フルアクセル 湘南S 1着 一度使った効果見込めるが重賞ではさすがに。 - -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第32回エプソムカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第32回エプソムカップの展望と予想とヨタ話

 ここで結果出して中1週で宝塚記念に滑り込み!
 ...なんてことはなさそう。第32回エプソムカップ。

 という訳で、このエプソムカップ。前述しているように、中1週で宝塚記念に向かうこともできるが、 さすがに条件がキツいということもあって宝塚記念へのステップとして使ってくる馬は稀。 新潟大賞典や東京のOP戦からの流れでここに出てきた馬や、サマー2000・マイルシリーズを見据えて使ってきた馬が基本形。

 で、今年も相変わらずそんな感じ。ただ、今年は新潟大賞典組は少なめで、モンゴル大統領賞上位のサトノアラジン・フェスティヴタロー・ヒラボクディープや、 都大路S勝ちのエイシンヒカリといったOP組がメイン。

 そんなこんなで、予想もこれらのOP組を中心にして組み立てていけばいいんだけど...問題はエイシンヒカリの取り扱い。 前走の都大路SやアイルランドTの内容を考えれば重賞でも通用していい筈だが、前々走のチャレンジカップで9着に敗れているのがちょっとねぇ。 人気先行型になりつつあるのも馬券的な意味で気掛かりだしさ。ここはおさえ程度にしておくのが正解だったりするんじゃないかと。

 という訳で、中心はサトノアラジン。準OP・OPと連勝しここに駒を進めてきたが、 元々、神戸新聞杯・共同通信杯・ラジオNIKKEI杯2歳Sといった重賞で好走していたことを考えれば、これ位はやれて当然。 今の勢いなら3連勝で重賞制覇することも十分可能でしょう。で、あとは、おさえのエイシンヒカリ、重賞好走評価できるディサイファ・フルーキーを。 あと、長期休養明け3戦目でそろそろ一変ありそうなノーステアにも注意かな。

<第32回エプソムカップ予想>

◎サトノアラジン
○ノーステア
▲エイシンヒカリ
△ディサイファ
△フルーキー

 単騎逃げできればフェスティヴタローも怖いところだが...
 エイシンヒカリという強力な同型馬がいるのではなぁ。

結果

1着エイシンヒカリ
2着サトノアラジン
3着ディサイファ
4着フルーキー
5着ヒラボクディープ

タイム:1分45秒4 3F:34.6秒
エイシンヒカリ 牡4歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・坂口厩舎
単勝:6番300円
複勝:6番130円、2番110円、12番150円
枠連:2-5 370円 馬連:2-6 380円
馬単:6-2 760円
3連複:2-6-12 790円
3連単:6-2-12 2750円
ワイド:2-6 190円
    6-12 380円 2-12 290円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。とりあえず的中したが...
 こういう配当になってしまうのではなぁ。うーん。

 でもって、エプソムカップの結果。比較的内枠有利な今の東京も相まって、内側の枠に入った人気のエイシンヒカリ・サトノアラジンがあっさりワン・ツーフィニッシュ。 さらに3着以下も人気上位のディサイファ・フルーキーが順当(?)に突っ込み、1〜4番人気が上位を独占するという無難な結果に。

 という訳で、勝ったのはエイシンヒカリ。同型馬いたがすんなりハナを奪って単騎逃げ。で、マイペースの逃げに持ち込んで結局そのまんま。 直線では好位から競馬したサトノアラジンに迫られる場面もあったが、そこからもう一伸びしてこれをクビ差退け先頭でゴールへ。 マイペースで競馬できたり、いいコース取り出来たことは確かだが、とりあえずこの勝利は素直に評価していいんじゃないかと。 ただ、今回より相手がさらに強化されると...どうなんでしょうかねぇ。正直、もう一押し欲しいところだったりするが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。