今週のメインdeパツイチ2015
第20回ユニコーンステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第20回 ユニコーンステークス 東京・ダ1200m  3歳オープン(GIII) 2015年6月21日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ラインルーフ 鳳雛S 2着 ダで一変するも展開利あって好走した感有。 - -
2 ダイワインパルス 500万下 1着 戦法変えて走り一変。重賞でも展開次第で。 -
2 3 ピンストライプ 500万下 1着 前走圧勝も相手関係楽だった?ここだと。 - -
4 アキトクレッセント 昇竜S 1着 OP勝ちは評価もマイルはちょっと長い? - -
3 5 ダノングッド 500万下 1着 手堅さは評価もこの相手ではちと厳しく。 - -
6 アルタイル 青竜S 2着 少々詰め甘いが堅実駆けは評価でき。
4 7 イーデンホール ヒヤシンスS 2着 強敵揃ったヒヤシンスSでの2着を再評価。
8 ミッキーシーガル 500万下 1着 ちとパンチ不足。重賞ではさすがに厳しい。 - -
5 9 クワドループル 500万下 1着 嵌まればそれなりに突っ込んでくる馬。穴で。 -
10 ノンコノユメ 青竜S 1着 末脚強烈。展開次第の馬だが嵌まれば。
6 11 マイネルサクセサー コスモス賞 1着 ダートこなせる血統。ただ近走凡走続きで... - -
12 ゴールデンバローズ UAEダービー 3着 能力評価も遠征帰りがちと気掛かりで。 -
7 13 ブチコ 500万下 1着 前走案外も時計出るダートなら巻き返し可。 -
14 タップザット 全日本2歳 2着 ちと伸び悩む。もう一変あればいいが... - -
8 15 マイネルオフィール 500万下 1着 OPの成績今一つ。展開の助けないと辛い。 - -
16 ノボバカラ 青竜S 4着 前々走の楽勝評価も前走ちと物足りなく。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第20回ユニコーンステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第20回ユニコーンステークスの展望と予想とヨタ話

 来週の宝塚記念で春のGIは一段落といったところだが...
 ダート路線はまだ続きますよ。第20回ユニコーンステークス。

 という訳で、このユニコーンステークス。3歳ダート路線の大一番・JDダービーに向けての一戦。 ただ、東京ダートを専門とする馬がここ狙いで使ってきたり、JDダービーではなく新潟のレパードSに向かう馬がいたりするもんで、 JDダービーへのステップとして機能しないこともそこそこあったりするのがこのユニコーンS。

 まぁ、その辺りの話は一旦おいておいて、とりあえずユニコーンSの予想。今年は兵庫CS組が不在だったりするが、 青竜Sや伏竜S、鳳雛S、端午S、昇竜S、ヒヤシンスSといったダートのOP戦を使ってきた馬が多数出走しているのはいつも通り。

 となれば、ここはこれらのOP戦好走馬で手堅く勝負...となるところだが、今年はUAEダービーを使ったゴールデンバローズ・タップザットがいたりするのがちょっと厄介。 実績的にはゴールデンバローズはヒヤシンスS勝ち、タップザットは全日本2歳優駿2着と申し分ない感じではあるが、やはりドバイ帰り(しかも敗北)というのはちょっと気掛かり。 まぁ、ゴールデンバローズなら、多少の不安点は能力の差でブッ飛ばしてしまうかもしれませんが...

<第20回ユニコーンステークス予想>

◎ゴールデンバローズ
○ダイワインパルス
▲ノンコノユメ
△アルタイル
△イーデンホール
△ブチコ

 そんなこんなで、中心はゴールデンバローズでいいんじゃないかと。
 あとは末脚強烈なノンコノユメ、OP好走のアルタイル・イーデンホールを。

結果

1着ノンコノユメ
2着ノボバカラ
3着アルタイル
4着ゴールデンバローズ
5着ブチコ

タイム:1分35秒9 3F:37.0秒
ノンコノユメ 牡3歳
騎手:C.ルメール 厩舎:栗東・厩舎
単勝:10番460円
複勝:10番180円、16番790円、6番240円
枠連:5-8 6020円 馬連:10-16 9180円
馬単:10-16 15000円
3連複:6-10-16 14100円
3連単:10-16-6 100770円
ワイド:10-16 2230円
    6-10 520円 6-16 2970円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。とりあえず印は打っているんだが...
 薄めだったりうまく噛み合っていなかったりしてアウト。

 でもって、ユニコーンステークスの結果。アキトクレッセントやマイネルサクセサーといった前に行くと思われていた馬がスタートで出遅れ後方からの競馬となったが、 それ以外の馬も結構積極的に出て行ったもんで、前半3ハロン通過が34.5秒、1000m通過が0:58.9と結構速めのペースに。

 そんなこともあって、直線では差し・追込馬が台頭する展開に。前で競馬をしたノボバカラやブチコも粘ってはいたが、ノンコノユメの豪脚には全く敵わず。 さらにアルタイルにも差し込まれてしまうことに。

 まぁ、そんなこんながあったが、勝ったのはノンコノユメ。スタートが悪くほぼ最後方からの競馬となったが、前述しているようにいい塩梅のペースになったこともあって、 直線で末脚爆発。前半のロスを挽回して前を捕らえるところか、その勢いのまま突き抜けてしまい、最終的には2着に2・1/2馬身の差をつけ快勝してしまうことに。 まぁ、展開の助けがあったことは確かだが、色々あったにも関わらずあっさり勝ってしまったのは評価していいんじゃないでしょうか。

 あと、他の馬。2着のノボバカラや5着のブチコはこの流れを考えれば負けはしたものの、見せ場を作ってこの着順なら悪くはないでしょう。 展開向けば巻き返しはあっていい筈。1番人気のゴールデンバローズは4着という結果だったが、遠征帰りだとか展開がイマイチ向かなかったことを考えれば、 そこまで悲観的に考えなくていいんじゃないかと。まぁ、次できっちり巻き返せないとちょっとアレですが。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。