今週のメインdeパツイチ2015
第38回帝王賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第38回 帝王賞 大井・ダ2000m  4歳上オープン(JpnI) 2015年6月24日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ホッコータルマエ チャンピオン 1着 実績評価も遠征帰り&間隔開くのが気掛かり。 -
2 2 トーセンアレス 浦和記念 3着 JpnIでは足りない。入着あれば上々か。 -
3 3 リワードレブロン オグリ記念 1着 前走快勝も交流重賞で差のある競馬続いて。 - -
4 4 ジョーメテオ 兵庫ゴールド 2着 距離実績なく。相手もかなり手強くて... - -
5 5 クリソライト ダイオライト 1着 前走は展開の差。JpnII快勝の再現できれば。
6 ワンダーアキュート かしわ記念 1着 立ち直る。この調子なら連覇あっても。 -
6 7 ユーロビート 東京記念 1着 スランプ脱す兆しあり。もう一変あれば。 -
8 クリノスターオー アンタレスS 1着 中央GIII3勝評価。流れに乗れれば。
7 9 ハッピースプリント 東京ダービー 1着 この条件ならそれなり。中央勢崩れるなら。
10 ニホンピロアワーズ JCダート 1着 多少調子上向くが一時期ほどの勢いは... -
8 11 タッチデュール クイーン賞 4着 川崎記念10着で決着済。ここでは厳しい。 - -
12 サイモンロード 梅見月杯 1着 前3走がイマイチ。JpnIではさすがに辛い。 - -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第38回帝王賞の展望と予想とヨタ話

 今週末には春のGIの締めくくり・宝塚記念がありますが...
 今週はダート路線の大一番もありますよ。第38回帝王賞。

 でもって、この帝王賞。春のダート路線の大一番となるレースだが、フェブラリーS連覇を達成したコパノリッキーは故障で戦線離脱してしまい不在。 そんなこんなで、ダート路線の有力所を欠くこととなってしまったが、それでもチャンピオンS・東京大賞典・川崎記念とGI・Jpin3連勝したホッコータルマエ、 去年この帝王賞を制し、今年はかしわ記念を快勝しているワンダーアキュート、JBCクラシック2着に加え、NTV盃・ダイオライト記念での圧勝光るクリソライト、 南関東の雄・ハッピースプリント、JCダート馬ニホンピロアワーズなど、ダート路線の有力馬が多数出走。

 しかし、やはり中心はこの2頭だったりするんじゃないでしょうかねぇ。ホッコータルマエとワンダーアキュート。ホッコータルマエはドバイ遠征帰りで仕上がりが気になるところだが、 前述しているようにチャンピオンS・東京大賞典・川崎記念で力の違いをみせつけ3連勝している実績はダントツだし、ワンダーアキュートはちょっと調子落としていたが前走のかしわ記念快勝でまだまだやれることをアピールし、 ここに駒を進めて来たという強みを持っていたりするしさ。

 そんなこんなで、予想もこの2頭中心になってしまうのは仕方がないところ。ただ、遠征帰りのホッコータルマエがどこまでやれるか未知数だったりするんで...ここは順調さを評価してワンダーアキュートを軸にして、 自分の競馬出来ればJpnIでも上位争いできそうなクリノスターオー、NTV盃やダイオライト記念ぐらいの走りできればJpnI・GIでも勝ち負けできていいクリソライト、地の利あるハッピースプリントで勝負してみましょうか。

<第38回帝王賞予想>

◎ワンダーアキュート
○クリソライト
▲クリノスターオー
△ハッピースプリント
△ホッコータルマエ

 ホッコータルマエはおさえでいいかな。配当的に微妙だし...

結果

1着ホッコータルマエ
2着クリソライト
3着ハッピースプリント
4着ユーロビート
5着ニホンピロアワーズ

タイム:2分02秒7 3F:38.7秒
ホッコータルマエ 牡6歳
騎手:幸英明 厩舎:栗東・西浦厩舎
単勝:1番150円
複勝:1番110円、5番170円、9番210円
枠連:1-5 220円 馬連:1-5 570円
枠単:1-5 320円 馬単:1-5 760円
3連複:1-5-9 1600円
3連単:1-5-9 4010円
ワイド:1-5 270円
    1-9 320円 5-9 770円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。だけど、この組み合わせではなぁ。
 薄めのホッコータルマエをなんとか引っかけた程度というのは...

 まぁ、それはともかく。帝王賞の結果。ドバイ遠征帰りでどこまでやれるか不安な面もあったホッコータルマエだったが...問題ありませんでした。 道中は積極的に動いていったクリノスターオー・クリソライトらを見る形で好位を追走。比較的ペースが速く、逃げ馬勢に厳しい展開になったことも幸いして、直線では難なく先頭に。 クリソライトがかなり食い下がったものの、結局、これを逆転するまでには至らず、ホッコータルマエがリードを保ったままゴールへ。

 という訳で、勝ったのはホッコータルマエだが...まぁ、実績を考慮すればこれ位はやれて問題ない馬。順当な結果でしょう。むしろ評価すべきは2着のクリソライト。 前に行った馬に厳しい展開になったこともあって、直線ではホッコータルマエに突き放されて終了となっていいところだったが、しぶとく食い下がるだけではなく、巻き返す場面もあったりしましたからねぇ。 これ位やれるのであればJDダービー以来のGI・JpnI制覇もあっていいんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。