今週のメインdeパツイチ2015
第56回宝塚記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第56回 宝塚記念 阪神・芝2200m  3歳上オープン(GI) 2015年6月28日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ショウナンパンドラ 秋華賞 1着 徐々に良化するも牡馬相手ではちと苦しいか。 - -
2 トーセンスターダム チャレンジC 1着 海外遠征してそこそこ好走するも国内GIだと。 - -
2 3 ネオブラックダイヤ ダイヤモンド 5着 今回相手強力。GIではさすがに出番なしか。 - -
4 アドマイヤスピカ セントライト 3着 前走が案外。一度使って変わればいいが。 -
3 5 カレンミロティック 宝塚記念 2着 GI好走素直に評価。この相手でも展開次第で。
6 デニムアンドルビー ジャパンC 2着 去年は5着。良馬場で瞬発力勝負になれば...
4 7 ワンアンドオンリー 日本ダービー 1着 ドバイで好走。今回復活あっていい条件で。
8 ディアデラマドレ エリ女王杯 1着 末脚は強烈。展開嵌れば一発あっても。 -
5 9 トウシンモンステラ ディープC 1着 重賞成績今一つ。良績多い阪神は歓迎だが... -
10 オーシャンブルー 有馬記念 2着 2桁着順続く。もう一変は望めそうにないか。 - -
6 11 ヌーヴォレコルト オークス 1着 前走が物足りず。相手もかなり強化されて... - -
12 レッドデイヴィス 鳴尾記念 1着 GIIIまでの馬。GIではさすがに力不足っぽく。 - -
7 13 ラキシス エリ女王杯 1着 強敵下した前走評価。ただ条件厳しくなって。 - -
14 トーホウジャッカル 菊花賞 1着 久々。さすがにいきなりは狙い辛くて。 -
8 15 ゴールドシップ 天皇賞春 1着 前走快勝。宝塚記念3連覇あっていい。 -
16 ラブリーデイ 京都記念 1着 GIではちと足りない様子。嵌って3着まで。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第56回宝塚記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第56回宝塚記念の展望と予想とヨタ話

 古馬の有力所がここに集結!とはいかなかったが...
 とりあえず春のGIの締めくくりとなる一戦・第56回宝塚記念。

 という訳で、この宝塚記念。前述しているように、春のGIシリーズの締めくくりとなる一戦だが、 古馬の有力所が戦線離脱したり秋に備え早々に休養に入ってしまったこともあって、ちと物足りないメンバー構成に。 とはいえ、宝塚記念3連覇を目論むゴールドシップを筆頭に、去年の3歳牡馬クラシックで活躍したワンアンドオンリー・トーホウジャッカル、 ヌーヴォレコルト・ラキシス・ショウナンパンドラ・デニムアンドルビー・ディアデラマドレといったGIで好走経験ある牝馬勢など、それなりの馬は揃っていたりしますけどね。

 しかし...こういう組み合わせだったら、ここはもうゴールドシップから入るしかないんじゃないでしょうかねぇ。成績が安定しないという不安はあるにしても、 この宝塚記念に関して言えば2連覇中と安定して結果出しているし、前走の天皇賞春を快勝しているように年齢的な衰えもなさそうだしさ。

 そんなこんなで、あとはゴールドシップの相手探し。パンパンの良馬場なら、直線が短めの阪神内回りコースであってもデニムアンドルビー・ディアデラマドレの末脚に期待してもいいのだが... 週末の天気がイマイチなのがちょっとねぇ。ここは遠征帰りがちょっと気になるところだがワンアンドオンリー、詰め甘いが宝塚記念2着・天皇賞春3着の実績評価できるカレンミロティック辺りを狙ってみましょうか。

<第56回宝塚記念予想>

◎ゴールドシップ
○ディアデラマドレ
▲ワンアンドオンリー
△デニムアンドルビー
△カレンミロティック
△トーホウジャッカル

 あとは、ゴールドシップの人気次第といったところかな。

結果

1着ラブリーデイ
2着デニムアンドルビー
3着ショウナンパンドラ
4着トーホウジャッカル
5着ヌーヴォレコルト

タイム:2分14秒4 3F:35.0秒
ラブリーデイ 牡5歳
騎手:川田将雅 厩舎:栗東・池江泰寿厩舎
単勝:16番1420円
複勝:16番470円、6番640円、1番1630円
枠連:3-8 750円 馬連:6-16 12900円
馬単:16-6 19250円
3連複:1-6-16 157770円
3連単:16-6-1 528510円
ワイド:6-16 3490円
    1-16 11080円 1-6 10140円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。△○でとりあえず引っかけた程度だが...
 まぁ、こういう配当だし、悪くない結果だったんじゃないかと。

 でもって、宝塚記念の結果。走る走らないがある馬だけに、凡走するパターンもある程度は予想はしていたが、まさかこういう結末になるとはねぇ。 1番人気のゴールドシップ、スタートで致命的な出遅れをして終了。とりあえず、多少は挽回して馬群に加わったりしたが...結局それだけ。直線ではずるずる後退しブービーという結果に。

 そんなこんなで、かなり荒れた宝塚記念となったが、勝ったのはラブリーデイ。逃げ馬が少なかったこともあって、楽に先手を確保。 良馬場の割には時計を要す馬場状態ではあったが、前半1000m通過が1:02.5と緩めの流れだったことも幸いして、直線に入ってもなかなか止まらず。 最後、大外からデニムアンドルビーが突っ込んできたが、これをなんとかクビ差凌いで先頭でゴールへ。

 ただ...内容が内容だっただけに、どこまで評価していいのか分からん結果になってしまいましたなぁ。勝ったラブリーデイは今年に入って重賞3勝と力つけていることは確かだが、 今回は展開がハマったり、ゴールドシップが自滅したりした分勝てた感は否めないだけにねぇ。本格化したかどうかはもう少し様子見必要だったりするんじゃないでしょうか。 他は...牡馬相手に健闘した牝馬勢はそれなりに評価していいんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。