今週のメインdeパツイチ2015
第17回ジャパンダートダービー出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第17回 ジャパンダートダービー 大井・ダ2000m  3歳オープン(JpnI) 2015年7月8日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 コスモエポール 九州ダービー 3着 地元でなんとか通用する程度。ここでは出番なし。 - -
2 2 マイネルサクセサー コスモス賞 1着 ダート云々以前に2桁着順続く現状では... - -
3 3 フジノサムライ 北海優駿 1着 2歳時の成績今一つ。この条件はちとキツい。 - -
4 4 ポムフィリア 関東オークス 2着 もう一押し欲しい。ここでは入着が精一杯か。 - -
5 マイネルジャスト 九州ダービー 2着 前走離れた2着。相手強化されるここでは。 - -
5 6 クロスクリーガー 兵庫CS 1着 前走楽勝。今回相手強化されるがここでも。
7 ストゥディウム 羽田盃 1着 展開が鍵。ただ前崩れの流れになれば一発も。 -
6 8 インディウム 兵庫ダービー 1着 兵庫CSで決着済の感あり。交流GIでは辛い。 - -
9 ノンコノユメ ユニコーンS 1着 前走の楽勝評価もこの条件では展開が鍵で。
7 10 ライドオンウインド 鳳雛S 1着 派手さはないが流れに乗れれば勝ち負け可能。
11 パーティメーカー 東京ダービー 2着 それなりの末脚使うもワンパンチ足りなくて。 -
8 12 ラッキープリンス 東京ダービー 1着 成績不安定。嵌まればなかなかの走りするが... -
13 ディアドムス 全日本2歳 1着 JpnI勝ち評価も前2走と遠征帰りが気掛かりで。 -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第17回ジャパンダートダービーの展望と予想とヨタ話

 もうすっかり夏競馬モードだったりしますが...
 春の3歳ダート路線の締めくくりとなる一戦・第17回JDダービー。

 でもって、このジャパンダートダービー。前述しているように、春の3歳ダート路線の締めくくりとなる一戦。相変わらずユニコーンS組の参戦が少なかったりするが... それでも去年の全日本2歳優駿勝ちのディアドムス、ユニコーンSを強烈な末脚を披露し圧勝してしまったノンコノユメ、兵庫チャンピオンシップで他馬を全く寄せ付けなかったクロスクリーガーといった中央勢に、 東京ダービー1・2着のラッキープリンス・パーティメーカー、羽田盃勝ちのストゥディウムといった南関東勢の有力所が集結するなど、3歳ダート路線の頂点を決める一戦に相応しいレースとなりました。

 で、そんなJDダービーの予想。実績的にはJpnI勝ちのあるディアドムスなのだが...近走成績を考えると、ユニコーンS・兵庫CSといった主要な重賞をそれぞれ楽勝したノンコノユメ・クロスクリーガーの一騎打ちと考えていいんじゃないでしょうか。 ただ...ノンコノユメは追い込み一手というのが気になるところ。差し・追込馬の台頭もある大井だったりするが、うまく流れに乗れず取りこぼす可能性もあるんじゃないかと。とりあえず、ここはクロスクリーガーを中心にして、 別の馬が突っ込んでくる可能性を考慮して勝負するのが妥当なところでしょう。好位から競馬できるライドオンウインドとかさ。

<第17回ジャパンダートダービー予想>

◎クロスクリーガー
○ストゥディウム
▲ライドオンウインド
△ノンコノユメ
△ディアドムス

 ディアドムスは...様子見かな。前2走がちょっと物足りないし。

結果

1着ノンコノユメ
2着クロスクリーガー
3着ラッキープリンス
4着ストゥディウム
5着ライドオンウインド

タイム:2分05秒6 3F:38.2秒
ノンコノユメ 牡3歳
騎手:C.ルメール 厩舎:美浦・加藤征厩舎
単勝:9番280円
複勝:9番120円、6番110円、12番330円
枠連:5-6 200円 馬連:6-9 210円
枠単:6-5 450円 馬単:9-6 470円
3連複:6-9-12 1730円
3連単:9-6-12 4980円
ワイド:6-9 140円
    9-12 990円 6-12 660円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。ま、こんなもんなんでしょうけど...
 この組み合わせなら3着までゲットしておきたかったなぁ。

 そんなこんなで、ジャパンダートダービー。やはりこの2頭で決まってしまいましたか。ノンコノユメとクロスクリーガー。 道中はクロスクリーガーが逃げ、ノンコノユメは中団よりやや後ろからの競馬。勝負所に差し掛かってもノンコノユメがあまり上がっていかなかったこともあって、 直線では逃げたクロスクリーガーがそのまま押し切る勢いだったが...ねぇ。ノンコノユメ、モノが違いましたな。直線で追い出すと一頭だけ違う末脚を使い、 抜け出していたクロスクリーガーをあっという間に捕らえ先頭、そしてそのまま突き放して完勝してしまう始末。

 という訳で、勝ったのはノンコノユメ。今回は大井ということで前走のユニコーンSのようにはいかないんじゃないかと思っていたが...結果はこれですからね。 しかも、兵庫CSを圧勝したクロスクリーガー相手にこの内容。これはもう「能力が一枚上だった」と判断するしかないんじゃないでしょうか。 ドバイ遠征組の出方次第ではあるが、この勢いのまま突き抜け、ダート路線を牛耳るような事態になる可能性も十分あるんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。