今週のメインdeパツイチ2015
第51回函館記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第51回 函館記念 函館・芝2000m  3歳上オープン(GIII) 2015年7月19日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ヤマカツエース NZトロフィー 1着 重賞実績評価もこの距離長い気が... - -
2 サイモントルナーレ 丹頂S 1着 スピード不足も不良馬場で時計要せば... -
2 3 ハギノハイブリッド 京都新聞杯 1着 良化スロー。もう少し様子見するのが正解か。 - -
4 エックスマーク 白富士S 2着 イマイチ弾けきれず。ここも入着までか。 - -
3 5 ダービーフィズ セントライト 2着 もう一押し欲しい。展開の助けないと。 - -
6 サトノプライマシー オアシスS 2着 芝でもそこそこ実績あり。軽視は禁物。 -
4 7 ラブイズブーシェ 函館記念 1着 去年の勝ち馬だが2桁着順連敗は... - -
8 アーデント 新潟大賞典 4着 そこそこ差は詰めるものの重賞では厳しく。 - -
5 9 ホーカーテンペスト オリオンS 1着 ここ数戦イマイチも時計要す馬場なら多少は。 -
10 リベルタス 名古屋城S 1着 やや不安定だが嵌まればそこそこ走る。
6 11 エアソミュール 毎日王冠 1着 重賞実績評価も最近妙に詰め甘いのが... -
12 デウスウルト 中日新聞杯 2着 前走が案外。巻き返しに期待したいが...
7 13 レッドレイヴン ディセンバー 1着 OP好走評価も重賞成績今一つなのが... -
14 ヴァーゲンザイル メトロS 3着 前走負けすぎ。暫く様子見するのが正解か。 - -
8 15 ツクバコガネオー マリーンS 3着 そこそこ差は詰める。嵌まれば3着も。 -
16 マイネルミラノ 中日新聞杯 3着 前走完勝。ハンデも手頃だし連勝あっても。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第51回函館記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第51回函館記念の展望と予想とヨタ話

 先週の七夕賞に続き、今週もサマー2000シリーズ。
 サマー2000シリーズ第二戦・第51回函館記念。

 という訳で、この函館記念。前述しているように、サマー2000シリーズの第二戦。ここを使ってそのまま北海道に滞在、 そして札幌記念に向かいシリーズ制覇を...という考えがあるのか、それなりのメンバーが揃うのがこの函館記念。

 ただ...そううまく事が運ばないのがサマー2000シリーズ。シリーズ制覇の要となる札幌記念にシリーズとはあまり関係のないGI級の実績馬が参戦、 そしてシリーズ制覇を目論む函館記念組を蹴散らしてしまうことが多々あったりするもんで...ねぇ。最近はどうもトーンダウン気味。

 で、今年の函館記念。エプソムC・鳴尾記念・新潟大賞典・目黒記念といった重賞や、函館で行われた巴賞を使った馬が出てくるのはいつも通りなのだが... 出走メンバーがどうも小粒。この組み合わせだったら、GII勝ちあるエアソミュールや巴賞を楽勝したマイネルミラノ辺りで決まりだったりするんじゃないかと。 ハンデ戦ではあるがそこまで酷な斤量背負わされている訳でもないしさ。

 そんなこんなで、予想もエアソミュール・マイネルミラノ、この2頭を中心にして勝負。あとはその相手探しなのだが...これがなかなか難解。 無難なところなら、重賞実績あるデウスウルト、巴賞上位のレッドレイヴン・リベルタス辺りなんだろうけど、ここは一発狙っていくのもアリなんじゃないかと。 ダートばかり使われているが新馬勝ちの内容を考えれば芝でもやれていい筈のサトノプライマシーとか、やや時計を要す馬場なら浮上ありそうなホーカーテンペストとかさ。

<第51回函館記念予想>

◎マイネルミラノ
○サトノプライマシー
▲エアソミュール
△レッドレイヴン
△リベルタス
△デウスウルト

 まぁ、台風の影響で極端に馬場が悪化するようなら、
 この通りにはいかないんだろうけど...

結果

1着ダービーフィズ
2着ハギノハイブリッド
3着ヤマカツエース
4着エアソミュール
5着レッドレイヴン

タイム:1分59秒1 3F:36.8秒
ダービーフィズ 牡5歳
騎手:岩田康誠 厩舎:美浦・小島太厩舎
単勝:5番640円
複勝:5番270円、3番640円、1番500円
枠連:2-3 3520円 馬連:3-5 8120円
馬単:5-3 12920円
3連複:1-3-5 27810円
3連単:5-3-1 124990円
ワイド:3-5 2510円
    1-5 1400円 1-3 4480円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。実績的には妥当なところだが...
 近走成績や条件が微妙で手が出せずアウト。

 でもって、函館記念の結果。好位から競馬する馬もそれなりにはいたが、マイネルミラノが結構な勢いで出て行き、そのまま後続を引き離して大逃げする形に。 そんなこんなで、馬群は縦長となったのだが...結局、マイネルミラノ一騎が飛ばしていっただけ。他の馬にとっては、比較的緩めのペースのレースに。

 そんなこともあって、終わってみれば、2番手集団にいた馬がそのまま居残るという前残りの結果に。 直線ではマイネルミラノを早めに捕らえにいったダービーフィズ・ハギノハイブリッド・ヤマカツエース、この3頭の争い。 先に動いたのはヤマカツエース・ハギノハイブリッドだったが、これをダービーフィズが猛追し、最後はハギノハイブリッドとダービーフィズの一騎打ちに。

 そんなこんながあったりしたが、結局、勝ったのはダービーフィズ。ハギノハイブリッドとの叩き合いをアタマ差制し先頭でゴールへ。 まぁ、最後はハンデ54kgが効いた感じだが、セントライト記念2着があるように重賞で好走するだけの能力は持っていた馬。 妥当といえば妥当な結果だったんじゃないでしょうか。あと、2着のハギノハイブリッドも3着のヤマカツエースもそれぞれ重賞勝ちある馬だったりしますからねぇ。 ともに人気はなかったが、こちらも妥当といえば妥当な結果だったんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。