今週のメインdeパツイチ2015
第15回アイビスサマーダッシュ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第15回 アイビスサマーダッシュ 新潟・芝1000m  3歳上オープン(GIII) 2015年8月2日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アンゲネーム アイビスSD 5着 去年の5着馬だが前走が今一つで。 - -
2 2 マコトナワラタナ 阪神牝馬S 5着 前走負けすぎ。一変あればいいが... -
3 3 サフィロス 京王杯2歳S 2着 間隔開く。ここは一旦様子見が正解か。 - -
4 フレイムヘイロー 韋駄天S 1着 前々走評価も今回条件厳しくなって。 - -
4 5 サカジロロイヤル 京阪杯 3着 重賞好走素直に評価。一変あれば。 -
6 リトルゲルダ セントウルS 1着 凡走続くが不向きな条件続いた感あるだけに。
5 7 オースミイージー 橿原S 1着 芝・ダ問わない馬。展開さえ嵌まれば... -
8 ヘニーハウンド オパールS 1着 近走悪くなく。展開次第で一発も。
6 9 シンボリディスコ 駿風S 2着 ワンパンチ足りない。ここでは3着までか。 - -
10 エーシントップ NZトロフィー 1着 大きく変わらず。ここも静観が妥当か。 - -
7 11 レンイングランド 函館SS 3着 前走3着は評価も展開嵌まった感あって... - -
12 アースソニック 京阪杯 1着 去年は3着。近走好調だし去年以上も? -
8 13 ベルカント フィリーズ 1着 粘り足りず。直線1000mで変わればいいが。 -
14 セイコーライコウ アイビスSD 1着 去年の勝ち馬。近走も上々だし連覇も。

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第15回アイビスサマーダッシュ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第15回アイビスサマーダッシュの展望と予想とヨタ話

 今週から夏の新潟開催、スタートです。
 一発目は直線1000mの名物重賞・第15回アイビスSD。

 という訳で、このアイビスサマーダッシュ。夏の新潟開催の風物詩となった感のある直線1000mで行われる短距離重賞。 そして、運命の分かれ道となるサマースプリント3戦目。函館SSやCBC賞上位馬がここでポイントを加算し他馬を大きく引き離すのか、 それとも新たな勢力が台頭し北九州記念やセントウルSで決着をつける形となるのか、注目の一戦。

 でもって、今年のアイビスSD。今年はCBC賞組が手薄だったり、逆に函館SS組が揃っていたりと妙なメンバー構成だったりするが... まぁ、普通に新潟直線1000mで結果出している馬がいたりするんでねぇ。今回はこの辺りから入るのが正解でしょう。

 という訳で、中心は去年の勝ち馬セイコーライコウ。去年のアイビスSD以降勝ち鞍はなかったりするが、 大きく崩れることなく手堅く上位確保していることを考えれば、今年も上位争いできていい筈。強力なライバルもいないしことだしさ。

 でもって、あとはこのセイコーライコウの相手探しとなるのだが...まぁ、多少の不安はあるものの去年のアイビスSD3着や前々走の韋駄天S3着の実績を考えれば、 ここはアースソニックでいいんじゃないかと。で、次点候補として近走イマイチも距離とか馬場状態が合わず負け続けた感があるリトルゲルダ、 京阪杯や春雷Sぐらい走れば出番あってよさそうなサカジロロイヤル辺りを。

<第15回アイビスサマーダッシュ予想>

◎セイコーライコウ
○ヘニーハウンド
▲アースソニック
△サカジロロイヤル
△リトルゲルダ

 あと、嵌まれば強い競馬するヘニーハウンドを穴で。

結果

1着ベルカント
2着シンボリディスコ
3着アースソニック
4着セイコーライコウ
5着リトルゲルダ

タイム:54秒1 3F:32.0秒
ベルカント 牝4歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:栗東・角田厩舎
単勝:13番370円
複勝:13番180円、9番370円、12番220円
枠連:6-8 1650円 馬連:9-13 4710円
馬単:13-9 7220円
3連複:9-12-13 9520円
3連単:13-9-12 47230円
ワイド:9-13 1700円
    12-13 730円 9-12 1260円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ベルカントはなぁ。
 1番人気だったとはいえ、近走散々では手が出せないッス。

 でもって、アイビスSDの結果。新潟開幕週だったが、やはり直線1000mは外が有利だったようで。 8枠ということで大外のラチ沿いをすんなりゲットしたベルカント、そのまま先頭に立って、そのままゴールへ。 2着以下も6枠から徐々に外に持ち出したシンボリディスコ、最後はやや内に入れることとなったが7枠から外目を突っ走ってきたアースソニックと、 外目の枠を引いた馬が上位を独占する結果に。

 という訳で、勝ったのはベルカント。いい位置で競馬できたのは確かだが、2〜3歳時に重賞で好走していたように元々それなりの能力は持っていた馬。 スランプから脱してしまえばこれ位はやれてよかったんじゃないかと。ただ、ここまでバッチリ一変するとはねぇ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。