今週のメインdeパツイチ2015
第51回札幌記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第51回 札幌記念 札幌・芝2000m  3歳上オープン(GII) 2015年8月23日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ラキシス エリ女王杯 1着 前々走評価。ただここでは展開が鍵で。 -
2 2 フレージャパン プロミネJT 1着 2桁着順続く。この条件ではさすがに辛いか。 - -
3 スワンボート 500万下 1着 1000万下で2桁着順続く。ここでは。 - -
3 4 ダービーフィズ 函館記念 1着 前走ぐらいはやれる馬。ここもそれなりに。
5 ヒットザターゲット 目黒記念 1着 前走評価も成績にムラあるのが気がかりで。 -
4 6 サイモントルナーレ 丹頂S 1着 相変わらずパンチ不足。時計かからないと... - -
7 ラストインパクト 金鯱賞 1着 この相手なら勝ち負け。あとは仕上がり次第。
5 8 ヤマカツエース NZトロフィー 3着 前走より条件キツくなる。ここでは苦しい。 - -
9 ステラウインド 七夕賞 2着 前走2着で復調アピールも今回相手強く。 - -
6 10 ハナズリベンジ 大倉山特別 3着 もう少しやれていい馬だがさすがに重賞では。 - -
11 ディサイファ 中日新聞杯 1着 GIIではちと足りない様子。3着までか。 -
7 12 トーホウジャッカル 菊花賞 1着 久々の前走好走。叩き2戦目のここなら。 -
13 トウケイヘイロー 札幌記念 1着 一昨年の勝ち馬だが当時ほどの勢いはなく。 - -
8 14 ハギノハイブリッド 京都新聞杯 1着 調子戻ってきた様子。ここもそれなりに。
15 サクラアルディート 福島TVOP 1着 重賞でも好走ある馬だがさすがにこの相手では。 -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第51回札幌記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第51回札幌記念の展望と予想とヨタ話

 ルージュバック回避で凱旋門賞への壮行レースにはならず。
 だが、それでもまだまだ濃い一戦・第51回札幌記念。

 という訳で、この札幌記念。前述しているように、ここを使って凱旋門賞へという流れがあるもんで、 こういう時期の重賞の割にはGI級の馬が多数出走してくるのがこの札幌記念。今年はルージュバックがここを使って凱旋門賞へ...となるところだったが、熱発のため回避。

 そんなこんなで、有力所の一角を欠く形となった今回の札幌記念だが、それでも菊花賞馬トーホウジャッカルにエリザベス女王杯馬ラキシス、 京都大賞典・金鯱賞とGIIを連勝したラストインパクト、人気薄ではあったが目黒記念・京都大賞典とGII2勝しているヒットザターゲット、 サマー2000シリーズ制覇を狙う函館記念馬ダービーフィズなど、なかなかのメンバーが揃うことに。

 でもって、そんな札幌記念の予想を...となるのだが、まぁ、ここはトーホウジャッカルでいいんじゃないでしょうかねぇ。 脚元の不安があって菊花賞以来の出走となった宝塚記念だったが4着と健闘。叩き2戦目となるここならすんなり勝てていい筈。 強力なライバルもいないことだしさ。

 ただ...問題はトーホウジャッカルの相手。とりあえず、それなりの実績あるラストインパクト・ラキシスはマークしておくが、 ともに詰め甘かったりするもんで、これで決まりと言い切れないのがねぇ。ここは函館記念組まで手を広げるのが正解かな。 まぁ、こういう組み合わせだし、あまり手を広げちゃうとアレだったりしますが...

<第51回札幌記念予想>

◎トーホウジャッカル
○ハギノハイブリッド
▲ラストインパクト
△ダービーフィズ
△ラキシス

 いい塩梅に人気が分散してくれればいいのだが...

結果

1着ディサイファ
2着ヒットザターゲット
3着ダービーフィズ
4着ヤマカツエース
5着ラキシス

タイム:1分59秒0 3F:36.2秒
ディサイファ 牡6歳
騎手:四位洋文 厩舎:美浦・小島太厩舎
単勝:11番1110円
複勝:11番290円、5番810円、4番320円
枠連:3-6 3420円 馬連:5-11 14080円
馬単:11-5 27030円
3連複:4-5-11 33670円
3連単:11-5-4 233540円
ワイド:5-11 3450円
    4-11 1310円 4-5 3430円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。穴予想○△△で一応引っかけたが...
 もうちょっとスッキリ決めたいもんですな。

 という訳で、札幌記念の結果。トーホウジャッカル・ラキシス・ラストインパクトが人気を分け合う形となったが、結局、これらの馬、どれも来ず。 トーホウジャッカル・ラキシスは好位から前を伺っていたが、直線で思ったほど伸びず。ラストインパクトはマクって進出してきたが、こちらも前を捕らえるほどの伸びを見せられず。

 そんなこんながあったりしたが、勝ったのはディサイファ。トウケイヘイローを追いかける形で2番手を追走。 で、直線でこれを捕らえ先頭に立ち、内・外から迫るヒットザターゲット・ダービーフィズらを振り切って先頭でゴールへ。

 しかし...何だか評価が難しい結果になってしまいましたなぁ。人気はなかったものの、重賞実績を考えればそれなりに妥当な馬が上位を占める結果ではあったが、 GIで好走ある上位人気馬がイマイチだった分、上位確保できた感あるのがねぇ。今回の上位馬、GIで通用するかどうかはもう一戦見てみないと判断できないんじゃないかと...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。