今週のメインdeパツイチ2015
第17回新潟ジャンプステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第17回 新潟ジャンプステークス 新潟・芝3250m  3歳上オープン(J.GIII) 2015年8月29日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 コスモソユーズ 中山GJ 2着 少々スピード不足。この条件では辛い。 - -
2 2 ウメジマダイオー 障・未勝利 1着 前2走悪くないがこの条件ではさすがに。 - -
3 3 マイネルアダマス 障・オープン 1着 快勝した前走評価。ここも展開次第で。
4 メジロサンノウ 障・オープン 1着 成績頭打ち。いい頃の走り戻ればいいが... - -
4 5 カシマシンセイ 障・オープン 2着 詰め甘いが堅実駆けそれなりに評価でき。 -
6 スマートリバティー 障・オープン 1着 流れに乗れればそれなり。展開次第で。
5 7 クリノテンペスタ 障・オープン 4着 後方をついて回るだけ。ここも出番なし。 - -
8 エーシンホワイティ 障・オープン 1着 前走案外もこの条件なら巻き返し可能。
6 9 ティリアンパープル 障・オープン 2着 やや足りない。入着はあるもそれ以上は? -
10 タナトス 東京ジャンプ 2着 能力は通用も展開が鍵。嵌まればいいが。 -
7 11 グラッツィア 障・未勝利 1着 平地力評価。前走ぐらい走れば重賞でも。 -
12 カントリースノー 障・オープン 4着 OPでは展開頼み。前崩れにならないと... - -
8 13 タイタン 障・オープン 1着 入障後の成績上々。重賞でも通用しそう。
14 ドクタールキア 障・オープン 4着 昇級後の成績ちと足りず。この条件だと... - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第17回新潟ジャンプステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第17回新潟ジャンプステークスの展望と予想とヨタ話

 秋の目標は中山大障害ではなく阪神・東京の重賞?
 一応、秋に向けての一戦だが...第17回新潟ジャンプS。

 でもって、この新潟ジャンプステークス。秋には中山大障害という大一番があったりするが...どちらかというと手前の阪神ジャンプステークスや東京ハイジャンプ、 京都ジャンプステークスを目標に据えた馬が多数出走してくるのがこの新潟ジャンプステークス。ま、大障害コースを不得手とする馬がいたりするもんで、 こういう流れになるのも仕方がないところだったりしますが。

 というわけで、この新潟ジャンプステークス。障害の難易度が低めということあって、スピードで押し切るタイプの馬の好走が多いのがこの新潟ジャンプステークス。 実際、障害の難易度がやや高い他の重賞で結果出せなかった馬がここで巻き返したり、オープンを快勝した馬がその勢いでここも快勝したりすることが多々あったりしますし。

 そんなこんなで、予想もこの手の馬を狙っていくのが妥当なところでしょう。中心はエーシンホワイティ。前走の東京ジャンプステークスは9着に敗れてしまったが、 スピード活かせるこの条件なら巻き返しあっていいでしょう。前々走新潟コースで快勝しているのも○だしさ。あとは相手。オープン好走馬が揃い、なかなか相手選びが難しいところだが、 入障後安定して上位確保しているタイタン、未勝利勝ち直後だが重賞で上位争いしていた平地力侮れぬグラッツィア、OPの走り評価できるスマートリバティー・タナトス辺りで勝負してみましょうか。

<第17回新潟ジャンプステークス予想>

◎エーシンホワイティ
○マイネルアダマス
▲タイタン
△グラッツィア
△スマートリバティー
△タナトス

 あと、前走ぐらい走ればマイネルアダマスもアリかも。

結果

1着ティリアンパープル
2着グラッツィア
3着エーシンホワイティ
4着タイタン
5着スマートリバティー

タイム:3分29秒7 3F:37.4秒
ティリアンパープル 牝5歳
騎手:金子光希 厩舎:美浦・金成厩舎
単勝:9番5260円
複勝:9番580円、11番170円、8番120円
枠連:6-7 1410円 馬連:9-11 7510円
馬単:9-11 20270円
3連複:8-9-11 5200円
3連単:9-11-8 92510円
ワイド:9-11 2020円
    8-9 1300円 8-11 290円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。一応印は打っているんだが...
 薄めのティリアンパープルが来ちゃってアウトっす。

 まぁ、それはそれとして。新潟ジャンプステークス。マイネルアダマス・ドクタールキアが並んで逃げる形となったが、勝負所でドクタールキアが脱落。 で、これに替わって好位から競馬したエーシンホワイティ・グラッツィアといった人気所が進出し直線に入ったのだが...抜けてきたのはその後ろにいたティリアンパープル。 エーシンホワイティとグラッツィアの間から進出し、先頭、そしてそのまま押し切ってしまいました。

 という訳で、勝ったのはティリアンパープル。オープンではそれなりに好走するも重賞では...という感じの馬だったが、 ここにきて本格化したのか、前2走着実に差を詰め上位確保、そしてこの新潟ジャンプステークスを制することに。 まぁ、新潟の未勝利戦快勝を考えると、単に「このコースが合っていた」だけだったりするのかもしれませんが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。