今週のメインdeパツイチ2015
第10回キーンランドカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第10回 キーンランドカップ 札幌・芝1200m  3歳上オープン(GIII) 2015年8月30日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 タガノアザガル ファルコンS 1着 前走イマイチ。今回条件さらにキツくなり... -
2 サクラアドニス 朱鷺S 1着 たまに大駆けあるが重賞ではさすがに厳しく。 -
2 3 クールホタルビ ファンタジー 1着 距離短縮でも思ったほど変わらず。厳しい。 - -
4 スギノエンデバー 北九州記念 1着 衰えてきているがまだそれなり末脚は使う。 -
3 5 レッドオーヴァル スプリンター 3着 立ち直る...が、詰め甘いのが難点で。 -
6 サトノタイガー JBCスプ 2着 芝にも良績あるが近走やや物足りないのが... - -
4 7 マジンプロスパー CBC賞 1着 多少持ち直すがこれ以上の上積みは... - -
8 ネオウィズダム パラダイスS 5着 OPの成績今一つ。重賞では出番ないか。 - -
5 9 エポワス UHB賞 1着 少し詰め甘いが堅実駆け評価。重賞でも。 -
10 ティーハーフ 函館SS 1着 前走完勝。この勢いなら連勝あっていい。 -
6 11 ローブティサージュ キーンランド 1着 去年の勝ち馬だが最近成績不安定で... -
12 オメガヴェンデッタ 京王杯SC 3着 前々走評価。ここでも上位争い可能で。 -
7 13 ウキヨノカゼ クイーンC 1着 重賞勝ちある馬。前走で復活したなら。 -
14 ペイシャオブロー 福島2歳S 1着 復調してきた。もう一変あれば大駆けも。 -
8 15 レンイングランド 函館SS 3着 この条件ならそこそこ走る。3着なら。 -
16 トーホウアマポーラ CBC賞 1着 去年夏以降の成績散々。静観が妥当か。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第10回キーンランドカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第10回キーンランドカップの展望と予想とヨタ話

 ベルカントが連勝したもんで、かなり差がついてしまったが...
 まだチャンスはある?第10回キーンランドカップ。

 という訳で、このキーンランドカップ。サマースプリントシリーズの第5戦。あとは最終戦のセントウルステークスを残すのみという状況だったりするが、 最終戦のポイントだとかいろいろあるもんで、結局、最終戦まで持ち越されることがほとんど。今年はアイビスSD・北九州記念と連勝したベルカントが完全に抜け出し独走態勢となっているが... こことセントウルSの結果次第では他馬の逆転の可能性もまだありそうな雰囲気。実際、函館SS勝ちのティーハーフがここを勝てばベルカントに並ぶことになりますし。

 と、まぁ、サマースプリントシリーズ絡みでいろいろあったりしますが...とりあえず、キーンランドカップの予想。 前述しているように、函館SS勝ちのティーハーフがこのキーンランドCに参戦。その函館SSの勝ちっぷりを考えればここもすんなり勝てていい筈だが... UHB賞組が結構充実しているのが気になるところ。とりあえず中心は素直にティーハーフにしてみますが、格上挑戦で見事UHB賞を制覇したエポワスとか、 一叩きして調子上げてきたレッドオーヴァルとか、嵌まればティーハーフを逆転する可能性もあるんじゃないかと。 あと、そのUHB賞を勝ったエポワスを条件戦で破ったオメガヴェンデッタ・ウキヨノカゼも出番ありそうな雰囲気。今回はこの辺りまできっちりカバーして勝負してみましょうか。

<第10回キーンランドカップ予想>

◎ティーハーフ
○ペイシャオブロー
▲オメガヴェンデッタ
△エポワス
△レッドオーヴァル
△ローブティサージュ

 あと、一発狙いでペイシャオブローも。たまに大駆けあるし、そろそろ...

結果

1着ウキヨノカゼ
2着トーホウアマポーラ
3着ティーハーフ
4着オメガヴェンデッタ
5着レッドオーヴァル

タイム:1分08秒6 3F:34.6秒
ウキヨノカゼ 牝5歳
騎手:四位洋文 厩舎:美浦・菊沢隆厩舎
単勝:13番2910円
複勝:13番630円、16番610円、10番170円
枠連:7-8 7800円 馬連:13-16 30690円
馬単:13-16 59940円
3連複:10-13-16 33630円
3連単:13-16-10 370520円
ワイド:13-16 7220円
    10-13 1440円 10-16 1720円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ウキヨノカゼはマークしていたんだが...
 トーホウアマポーラはさすがに厳しいッス。

 でもって、キーンランドカップの結果。そこまで先行馬が揃った訳ではなく、さらにペース自体も前半3ハロン通過が34.0秒とそこまで速いものではなかったが... 終わってみれば中団より後ろで競馬した馬が上位を占める結果に。最後方から競馬したウキヨノカゼ、勝負所でマクり直線入ったところで先頭に立ち、そのまま押し切り勝ち。 2着以下も後方で末脚を温存していたトーホウアマポーラとティーハーフが差してきて、それぞれ2・3着を確保。

 まぁ、それはともかく。勝ったのはウキヨノカゼ。去年秋に復帰するも2桁着順が続くという微妙な状態であったが、前走のTVh杯で走りが一変。 で、ここでも同じような走りをみせこの結果となったのだが...まぁ、元々重賞勝ちある馬だし、ちゃんと走るようになればこれ位はやれていいんでしょうけどね。 人気はあまりなかったが、それなりには妥当な結果だったんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。