今週のメインdeパツイチ2015
第35回小倉2歳ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第35回 小倉2歳ステークス 小倉・芝1200m  2歳オープン(GIII) 2015年9月6日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 オフクヒメ フェニックス 2着 前走差のある2着。やや足りないか。 - -
2 2 クリノシャンボール 中京2歳S 9着 前2戦が散々。ここでは厳しいかも。 - -
3 3 シュウジ 中京2歳S 1着 OP完勝評価もややアテにし辛い一戦で。 -
4 レッドラウダ 芝千二1:10.0 1着 やや足りない。ここではヒモまでか。 -
4 5 ファビラスヒーロー 芝千二1:09.6 1着 新馬戦がイマイチ。相手強くなるここでは。 - -
6 レッドカーペット 芝千四1:22.6 1着 前走完勝も新馬でシュウジに完敗していて... -
5 7 オウケンダイヤ 芝千二1:10.9 1着 展開嵌まって勝てた感あり。今回は? -
8 コウエイテンマ フェニックス 1着 中京2歳S5着気掛かりも前走完勝評価。 -
6 9 ブンブンブラウ 芝千二1:09.8 1着 前走の末脚評価。前崩れになれば一発も。 -
10 ゼンノハーデース 芝千二1:10.4 1着 サイモンゼーレと比較すると微妙。ちと辛い。 - -
7 11 キンショーユキヒメ 芝千二1:10.7 1着 地味。もう一押しないと重賞では... -
12 タガノミルキー 中京2歳S 6着 前2戦がイマイチ。この条件では苦しい。 - -
8 13 サイモンゼーレ 芝千二1:09.3 1着 前走ぐらいはやれる馬。未勝利勝ちでも。
14 ジュンゲル 芝千二1:11.1 1着 新馬戦完勝も少々パンチ不足。展開頼み。

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第35回小倉2歳ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法:芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第35回小倉2歳ステークスの展望と予想とヨタ話

 前後に行われた2歳重賞と比較すると地味だが...
 それなりの活躍馬は輩出する一戦・第35回小倉2歳S。

 という訳で、この小倉2歳ステークス。こういう時期のこういう距離の重賞だけに「スピードでゴリ押しする一本調子な馬」が台頭しやすいのがこの小倉2歳ステークスなのだが... 今年はこの手の馬が少なめ。まぁ、今年の小倉開催、馬場状態が芳しくなくこの手の馬があまり台頭しなかったことを考えれば、仕方がないところですが。

 まぁ、それはともかく。今回の小倉2歳ステークス。出走馬のレベルやこれまでの対戦成績を考えれば、ここはシュウジで決まりそうなもんだが... デビューして早い時期の一戦だっただけに、結果をそのまま鵜呑みにできないのがねぇ。ただ、今回は他の馬が微妙だったりするんで、結局、シュウジ中心。 一応、フェニックス賞上位馬がいたりするが...そのフェニックス賞を完勝したコウエイテンマが中京2歳Sで5着に破れていることを考えると、そこまで強く推せなかったりするしさ。

<第35回小倉2歳ステークス予想>

◎シュウジ
○ブンブンブラウ
▲コウエイテンマ
△サイモンゼーレ
△ジュンゲル
△レッドカーペット

 まぁ、こういう組み合わせなら、派手な勝ち方ではなかったが
 新馬を勝ち上がった馬で一発狙ってみるのもアリかもしれんが...

結果

1着シュウジ
2着サイモンゼーレ
3着レッドラウダ
4着レッドカーペット
5着コウエイテンマ

タイム:1分08秒9 3F:35.4秒
シュウジ 牡2歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・橋口厩舎
単勝:3番150円
複勝:3番110円、13番380円、4番420円
枠連:2-8 610円 馬連:3-13 1590円
馬単:3-13 1910円
3連複:3-4-13 5600円
3連単:3-13-4 16700円
ワイド:3-13 710円
    3-4 740円 4-13 2860円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、シュウジは妥当なところ。
 サイモンゼーレもいい塩梅に拾えてまずまずの配当ゲット。

 でもって、小倉2歳ステークスの結果。前述しているように、1番人気のシュウジがその人気に応え順当に勝利したのだが... スタートの出遅れを早急にリカバーし4コーナー回ったところで先頭、そしてそのまま押し切ってしまうというなかなか強引な競馬。 能力の違いがなせる技といえばその通りだが...いやぁ、冷や冷やもんでしたな。

 まぁ、そんなこんながあったりしたが、勝ったシュウジ。まぁ、能力が一枚上だったんでしょうな。無傷の3連勝で重賞制覇。 ただ、今回は相手がちと微妙だった感が否めないだけに、この勢いで一気に2歳馬の頂点へ...と考えるのはちと早計かな。 ある程度相手が揃ったところでどういう走りをするか、それがハッキリするまで評価は保留しておくのが妥当でしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。