今週のメインdeパツイチ2015
第18回エーデルワイス賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第18回 エーデルワイス賞 門別・ダ1200m  2歳牝オープン(JpnIII) 2015年10月15日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 シリカ アタックCh 1着 自己条件なら通用も交流重賞となると。 - -
2 2 チェストケリリー 新馬 1着 新馬勝ち平凡。ここではちと辛いかも。 - -
3 タイニーダンサー 函館2歳S 1着 地元だけではなく重賞でも好走。ここでも。
3 4 ディーズプラネット 札幌2歳S 10着 前走イマイチもダートで変わる余地あって。
5 マックスガーデン リリーC 2着 地元の成績まずまず。連下なら可能性も。
4 6 ダイアモンドノーム う米豚賞 1着 デビュー戦楽勝もこの相手ではさすがに。 -
7 モリデンサンバ フローラルC 3着 前走3着もかなり差のある内容。ちと辛い。 - -
5 8 デルマオカル ダリア賞 11着 昇級後の成績散々。ダート替わりでも一変は。 - -
9 フェアリーキス アタックCh 2着 勝ち切れなかったアタックChが問題。重賞では。 - -
6 10 ジャストゥラヴ フローラルC 4着 前走物足りず。ここでは入着あれば上々か。 - -
11 サダムフジコ フローラルC 2着 前走2着とはいえ大差。力の差がありすぎで。 - -
7 12 モダンウーマン リリーカップ 1着 前走タイニーダンサーに先着。それなりには。
13 スズカプリズム ききょうS 8着 ややパンチ不足もダートで変わる余地あって。
8 14 エクレールノワール フレッシュCh 1着 初勝利後の成績散々。この条件では... - -
15 ミスミランダー フルールC 2着 リリーCでは差のある4着。ちと厳しいか。 - -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第18回エーデルワイス賞の展望と予想とヨタ話

 牝馬限定だが2歳馬にとって初となるダート重賞が。
 牝馬限定の交流重賞、第18回エーデルワイス賞。

 という訳で、このエーデルワイス賞。前述しているように、牝馬限定だが2歳馬にとってはじめてのダート重賞。 時期的にまだ早いこともあって、中央勢は新馬勝ちがある程度の馬しか出て来ないが、その分、勝機があると考えているのか道営勢が結構充実しているのがこのエーデルワイス賞。 実際、馬券に絡むことも多々あるし。

 で、今年のエーデルワイス賞。今年はダート経験ある中央勢がチェストケリリーぐらいしかおらず、レベル的にはちと微妙。 まぁ、ディーズプラネットやスズカプリズムはダートで変わる余地あるだけにそこを狙ってみるのも手だが...ここは道営勢を狙うのが妥当なところでしょう。 特に今年はフローラルC圧勝だけではなく芝の函館2歳Sでも4着確保しているタイニーダンサーとか、そのタイニーダンサーをリリーカップで破っているモダンウーマンとかいることだしさ。

 そんなこんなで、中心はタイニーダンサー。中央勢がぱっとしない感じだし、前走ぐらい走ればここはすんなり勝てていいんじゃないかと。 あとは、ダートでの一変を期待してディーズプラネット・スズカプリズムの中央勢、そして道営勢のモダンウーマン・マックスガーデンを。

<第18回エーデルワイス賞予想>

◎タイニーダンサー
○スズカプリズム
▲ディーズプラネット
△モダンウーマン
△マックスガーデン

 ただ、有力所が総コケして大波乱になる可能性も...

結果

1着タイニーダンサー
2着モダンウーマン
3着ディーズプラネット
4着マックスガーデン
5着チェストケリリー

タイム:1分14秒1 3F:38.6秒
タイニーダンサー 牝2歳
騎手:桑村真明 厩舎:北海道・角川厩舎
単勝:3番300円
複勝:3番110円、12番190円、4番320円
枠連:2-7 260円 馬連:3-12 670円
馬単:3-12 990円
3連複:3-4-12 3510円
3連単:3-12-4 11320円
ワイド:3-12 300円
    3-4 870円 4-12 1960円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。若干印の順序は違うが◎▲○なら上々でしょう。
 さらに、ディーズプラネットが人気なくて好配当になってるし。

 まぁ、それはともかく。エーデルワイス賞の結果。やはりというか何というか...道営勢が上位を確保するという順当な結果に。勝ったのは2番人気のタイニーダンサー。 中団追走から早めに進出し、直線では逃げ込みを計るモダンウーマンをあっさり捕らえ先頭。で、最終的にはこれに2馬身の差をつけ完勝してしまうことに。あとは、逃げたモダンウーマンがそのまま居残って2着、 そして最後の一伸びでマックスガーデンらを捕らえたディーズプラネットが3着を確保。

 そんなこんなで、勝ったのはタイニーダンサー。中央勢にこれといった強敵がいなかったこともあり、あっさり勝利。そしてリリーカップで先着を許したモダンウーマン・マックスガーデンにもきっちり借りを返しこの結果に。 まぁ、前走のフローラルカップや中央の重賞で好走していることを考えれば、これ位はやれて当然だったりもしますけどね。順当な結果でした。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。