今週のメインdeパツイチ2015
第76回菊花賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第76回 菊花賞 京都・芝3000m  3歳牡牝オープン(GI) 2015年10月25日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ミコラソン 新緑賞 2着 500万下を脱出できないようではさすがに。 - -
2 サトノラーゼン 日本ダービー 2着 前走案外だが叩き2戦目で一変あれば出番も。 -
2 3 タンタアレグリア 青葉賞 2着 そこそこ差を詰める。3着なら可能性も。 - -
4 キタサンブラック セントライト 1着 前走快勝。ただ距離延長がちと気になり。 -
3 5 ベルーフ 京成杯 1着 一押し足りない。展開嵌って3着までか。 - -
6 レッドソロモン 若葉S 1着 OPはやや荷が重い様子。GIとなると... - -
4 7 スティーグリッツ 九十九里特別 1着 力つけているがGIとなるとさすがに辛い。 - -
8 ミュゼエイリアン 毎日杯 1着 展開嵌れば出番有。マイペースの逃げなら。 -
5 9 アルバートドック 京都新聞杯 3着 叩き2戦目で上積みあればもう少しやれる筈。 -
10 ブライトエンブレム 皐月賞 4着 前走が案外。叩き2戦目でも一変は? - -
6 11 リアルスティール 皐月賞 2着 実績評価も距離伸びて詰め甘くなっているのが... -
12 ワンダーアツレッタ 能勢特別 1着 格下だが前走の勝ちっぷり上々だしチャンスも。 -
7 13 マサハヤドリーム 玄海特別 1着 春の凡走気になり。自己条件なら兎も角GIでは。 - -
14 マッサビエル 芦ノ湖特別 1着 前走がイマイチ。前々走ぐらい走ればいいが... -
15 ジュンツバサ セントライト 3着 前走上々の内容。展開次第で上位も狙える。
8 16 タガノエスプレッソ デ杯2歳S 1着 前走多少巻き返すが...もう一変ないと苦しいか。 - -
17 リアファル 神戸新聞杯 1着 展開利見込める。前走の再現も有り得そうで。
18 スピリッツミノル すみれS 1着 前走の大敗が問題。粘り戻らないと出番は... - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第76回菊花賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第76回菊花賞の展望と予想とヨタ話

 ドゥラメンテの戦線離脱以外にもいろいろあって混戦模様に。
 3歳牡馬クラシック最終戦・第76回菊花賞。

 という訳で、この菊花賞。前述している通り、皐月賞・日本ダービーの二冠を制覇したドゥラメンテは故障で戦線離脱。 さらに、秋緒戦となるセントライト記念・神戸新聞杯でリアルスティール・サトノラーゼンといった皐月賞・日本ダービー上位馬が揃って敗れるという波乱の幕開け。

 そんなこんなで、抜けた馬がいないという混沌とした状態に逆戻りしてしまったのが、今の菊花賞。 まぁ、神戸新聞杯で敗れたとはいえ2着は確保したリアルスティール、セントライト記念を制した皐月賞3着馬キタサンブラック辺りは春と秋緒戦の実績を兼ね備えているだけに、 他馬と比べ一歩リードしている感じはするが...リアルスティールは日本ダービー・神戸新聞杯と2400mになった途端妙に詰めが甘くなっている点、 キタサンブラックは逃げたミュゼエイリアンよりも粘れなかった日本ダービーや母父サクラバクシンオーという血統背景を考えると、この3000mという距離はちと微妙な感じがするのがねぇ。 これまでの実績通りの走りができない可能性も十分あるんじゃないかと。

 となれば、ここは前走がイマイチでもサトノラーゼンの巻き返しに期待するという手もアリなんじゃないでしょうか。今回は叩き2戦目で上積み見込めそうだし、 2戦2勝と良績ある京都コースだったりするしさ。あとは、距離に不安が残るがリアルスティール・キタサンブラックといった実績馬をおさえつつ、 神戸新聞杯みたいにマイペースで単騎逃げできれば前残りありそうなリアファル、夏を越えてパワーアップした感あるジュンツバサで一発狙ってみましょうかねぇ。

<第76回菊花賞予想>

◎サトノラーゼン
○ミュゼエイリアン
▲リアルスティール
△キタサンブラック
△ジュンツバサ
△リアファル

 あと、前に行く馬ならミュゼエイリアンにも注意必要かな。

結果

1着キタサンブラック
2着リアルスティール
3着リアファル
4着タンタアレグリア
5着サトノラーゼン

タイム:3分03秒9 3F:35.4秒
キタサンブラック 牡3歳
騎手:北村宏司 厩舎:栗東・清水厩舎
単勝:4番1340円
複勝:4番370円、11番170円、17番160円
枠連:2-6 1430円 馬連:4-11 3870円
馬単:4-11 9960円
3連複:4-11-17 4640円
3連単:4-11-17 38880円
ワイド:4-11 1300円
    4-17 1320円 11-17 430円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。しかし、少々微妙な結果ですなぁ。
 ちと印を薄くした馬同士で決着してしまうとは...

 まぁ、それはともかく。菊花賞の結果。距離だとかトライアルの結果がどうだかとか色々あったが、終わってみれば、 セントライト記念勝ちのキタサンブラックが1着、神戸新聞杯2着のリアルスティールが2着、神戸新聞杯勝ちのリアファルが3着と菊花賞トライアル上位馬が上位を独占するという無難な結果に。

 レース自体は、スピリッツミノルがあっさりハナを奪って逃げたもんでペースは緩め...だったのだが、それは中盤まで。 2周目の向こう正面で各馬早々に動き、一気にペースアップ。そして勝負所の淀の下りでは馬群が一団に。

 そんなこんなで、あとは直線の追い比べで決着をつける展開となったのだが、後半一気にペースが上がったこともあってか、ロスの多い競馬をした馬はイマイチ伸びきれず。 結局、最内でじっとしてたキタサンブラックが馬群を捌いて抜け出し先頭に立ち、そのままゴールへ。そして、2・3着も好位の内にいたリアルスティール・リアファルが確保することに。

 しかしなぁ、勝ったキタサンブラック。前走のセントライト記念が上々の内容だったし、これ位はやれていいのかもしれないが... 中盤までペースが緩くスタミナが温存できたり、各馬早め早めに動いた分最後まで持たず上がりを要す展開になったり、 ロスなく立ち回ったりしたのがいい塩梅に嵌まってこの結果に結びついた感があるのがねぇ。まぁ、勝ちは勝ちなんだが... どこまで評価していいのか難しいところですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。