今週のメインdeパツイチ2015
第152回天皇賞(秋)出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第152回 天皇賞(秋) 東京・芝2000m  3歳上オープン(GI) 2015年11月1日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ディサイファ 札幌記念 1着 かなり力つけてきた。今の調子ならGIでも。 -
2 アンビシャス ラジオNIKKEI 1着 前走は流れに乗りきれず。巻き返し注意。
2 3 サトノクラウン 日本ダービー 3着 東京の実績は評価も今回ぶっつけでは。 - -
4 ダコール 新潟大賞典 1着 重賞好走は評価もGIIIまでの馬っぽく。 - -
3 5 クラレント 宝塚記念 3着 近走悪くないがこの相手ではちと力不足で。 - -
6 カレンミロティック 天皇賞春 3着 前走まずまずもこの距離はちと忙しい気が。 - -
4 7 ラストインパクト 天皇賞春 4着 流れに乗れれば一発あっていい。穴で。 -
8 ラブリーデイ 宝塚記念 1着 秋緒戦順当に勝利。この勢いならここも。 -
5 9 エイシンヒカリ 毎日王冠 1着 前哨戦快勝も今回マーク厳しくなりそうで。 -
10 ペルーサ 札幌日経OP 1着 前走超久々の勝利だったが一時期の勢いは... - -
6 11 ワンアンドオンリー 日本ダービー 1着 近走イマイチもそろそろ変わっていい頃で。 -
12 ダービーフィズ 函館記念 1着 少々ジリ。GIではさすがに見劣るか。 - -
7 13 ヴァンセンヌ 安田記念 2着 前走は好スタートが裏目に?一変警戒。 -
14 ステファノス QE2世C 2着 前走7着も内容まずまず。叩き2戦目で。 -
15 ショウナンパンドラ 宝塚記念 3着 牡馬勢一蹴した前走評価。ここでも注意。 -
8 16 イスラボニータ 皐月賞 1着 やや伸び悩む。3着はありそうだが... - -
17 スピルバーグ 天皇賞秋 1着 去年の勝ち馬。叩き2戦目で一変期待。
18 アドマイヤデウス 日経賞 1着 前走の天皇賞春大敗が問題。様子見。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第152回天皇賞(秋)枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第152回天皇賞(秋)の展望と予想とヨタ話

 主役は毎日王冠快勝のエイシンヒカリっぽいが...
 実はかなりの混戦?第152回天皇賞(秋)

 という訳で、この天皇賞秋。前述しているように、前走の毎日王冠快勝などから何かとエイシンヒカリが注目を集める形となっているが... 実際は、そこまで抜けた馬はおらず混戦模様といったほうがいい一戦。一応、ラブリーデイやスピルバーグ、ワンアンドオンリー、イスラボニータ、ショウナンパンドラといったGI勝ち馬も揃っているが、 3連勝でここに駒を進めてきたラブリーデイ以外は何かと一頓挫があって確固たる中心にはならなそうな雰囲気だったりするし。

 そんなこんなで、今回の天皇賞秋。こういう状態だし、ややGI実績足りない気もするが、死角が少ないラブリーデイと毎日王冠快勝で勢いあるエイシンヒカリで勝負...といきたいところだが、 ここは去年の勝ち馬スピルバーグで勝負してみましょうかねぇ。前走は遠征帰り&休み明けということもあって精彩を欠く結果となったが、それでも出走馬中上位の末脚を使って差を詰めていることを考えれば、そこまで悲観視する必要はないんじゃないかと。 叩き2戦目で一変あれば去年のような競馬もできていいんじゃないかと。

 ただ...そこまで嵌まらない可能性もあるんで、ある程度他の馬もおさえつつ勝負していくのが妥当なところでしょうな。東京、そして中距離戦と、ベストとはいえない感じの条件ということもあり、 取りこぼす可能性もあるが、前走の京都大賞典ぐらい走れば無難に上位は確保しそうなラブリーデイ、そして毎日王冠の快勝を評価してエイシンヒカリといった注目馬を無難におさえつつ、 前走の敗北で人気落とすなら妙味ありそうなアンビシャス・ヴァンセンヌ、展開が鍵だが嵌まれば上位狙えそうなラストインパクト・ステファノスで高めを狙ってみましょうか。

<第152回天皇賞(秋)予想>

◎スピルバーグ
○ラストインパクト
▲ラブリーデイ
△エイシンヒカリ
△アンビシャス

 この組み合わせならやや手広く勝負しても大丈夫かな?

結果

1着ラブリーデイ
2着ステファノス
3着イスラボニータ
4着ショウナンパンドラ
5着アンビシャス

タイム:1分58秒4 3F:34.0秒
ラブリーデイ 牡5歳
騎手:浜中俊 厩舎:栗東・池江厩舎
単勝:8番340円
複勝:8番160円、14番590円、16番300円
枠連:4-7 1150円 馬連:8-14 7340円
馬単:8-14 10390円
3連複:8-14-16 24850円
3連単:8-14-16 109310円
ワイド:8-14 2320円
    8-16 820円 14-16 4620円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。とりあえず、○△で引っかけた形に。
 印は微妙なところだが、この配当ならまずまずかな。

 まぁ、それはそれとして天皇賞秋の結果。クラレントが逃げるという思わぬ展開となったが、それが極端な波乱を巻き起こす様子もなく道中は淡々とした流れに。 ペースもあまり上がらず、前半1000m通過は1:00.6と緩め。

 という訳で、あとは直線での追い比べで決着をつける流れとなったのだが...こういう流れならラブリーデイが台頭してくるのは、まぁ、妥当なところ。 前走の京都大賞典同様、好位追走からいい脚を使って抜け出し、そのまま押し切り勝ち。一応、外からステファノスやイスラボニータ・ショウナンパンドラといった辺りも差を詰めてきたが... 好位から競馬したラブリーデイに3F:33.7秒で上がられてしまったんではさすがに太刀打ちできず。結局、差を詰めただけで終了。

 そんなこんなで、勝ったのはラブリーデイ。前述しているように、前走の京都大賞典を再現しているかのような内容で無難に勝利。 相手が強化された分、着差は詰まってしまったが、まぁ、完勝といい結果だったんじゃないでしょうか。2・3着のステファノス・イスラボニータは、叩き2戦目できっちり一変した様子。 ステファノスは香港(QE2世C)での2着、イスラボニータは皐月賞勝ちとか去年の3着だとかそれなりの実績持っている馬だけに、 本来の走りができるのであれば、まぁ、これ位はやれていいんじゃないかと。人気は今一つだったが、妥当といえば妥当な結果でしたな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。