今週のメインdeパツイチ2015
第5回JBCレディスクラシック出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第5回 JBCレディスクラシック 大井・ダ1800m  3歳上牝オープン(JpnI) 2015年11月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ユーセイクインサー 絵馬特別 1着 交流重賞で全く歯が立たす。ここでは。 - -
2 カチューシャ スパーキング 2着 前2走の大敗が問題。一変あればいいが。 -
2 3 ホワイトフーガ 関東オークス 1着 古馬勢に連敗も着差は詰める。そろそろ?
4 ノットオーソリティ シンデレラM 1着 牝馬が相手ならもう少しやれる筈。ヒモなら。 -
3 5 リュウグウノツカイ ビューチフル 4着 手堅く走っているが格下感否めず。ここでは。 - -
6 サンビスタ JBCレディ 1着 前走快勝で復活した様子。連覇も視野に。
4 7 アムールブリエ エンプレス杯 1着 前走がちと物足りず。逆転は難しいかも... -
8 アクティフ 優駿スプ 2着 この距離微妙。相手も一気に強化され... - -
5 9 タッチデュール スパーキング 5着 たまにおこぼれ拾う程度。JpnIではさすがに。 - -
10 ブルーチッパー クイーン賞 3着 交流重賞好走あるが上位陣とはかなり差が... - -
6 11 アスカリーブル 関東オークス 1着 前2走が負けすぎ。一時期の勢いは... - -
12 ボーラトウショウ ヴェガ特別 1着 地元で入着が精一杯。ここでは出番なし。 - -
7 13 キャニオンバレー ブリーダーズ 4着 マイペースの逃げなら怖い。大駆け注意。 -
14 サイモンガーランド 釜山S 2着 末脚それなり。前崩れの流れなら上位も? -
8 15 ブラックバカラ ミラク特別 1着 大きいところで結果出せず。ここでは苦しい。 - -
16 トロワボヌール JBCレディ 2着 サンビスタには敵わなくても2着なら十分可能。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第5回JBCレディスクラシックの展望と予想とヨタ話

 JBCシリーズ、一発目は牝馬の出番。
 連覇か?それとも?第5回JBCレディスクラシック。

 という訳で、このJBCレディスクラシック。ダート牝馬路線唯一のJpnIということもあり、ダート路線の女王決定戦といった感じのレースになるのがこのJBCレディスクラシック。 今年も主要な牝馬限定の交流重賞で結果を出した古馬・3歳馬がこのJBCレディスクラシックに集結!

 ...なのだが、大体、前哨戦のレディスプレリュードでほぼ決着ついてしまうのがねぇ。 今年は、女王の座に君臨していたサンビスタがスパーキングレディーカップ・ブリーダーズGCと立て続けに敗れてしまったもんで、 主役不在で混沌としたままこのJBCレディスクラシックを迎える可能性もあったが...そのサンビスタがレディスプレリュードで華麗に復活しちゃいましたからねぇ。 結局、今年もレディスプレリュードの流れを引き継いで、無難にレディスプレリュード上位馬がそのままここでも上位確保しそうな雰囲気。

 そんなこんなで、今回のJBCレディスクラシック。ここは素直にレディスプレリュード上位馬で勝負していいんじゃないかと。 順序も1着のサンビスタ、2着のトロワボヌール、3着のホワイトフーガと着順そのまんまでさ。まぁ、ホワイトフーガが、前々走のブリーダーズGC、 前走のレディスプレリュードと着実に古馬勢との差を詰めていることを考えれば、この順序をひっくり返す可能性もなくはないのだが...

<第5回JBCレディスクラシック予想>

◎サンビスタ
○ホワイトフーガ
▲トロワボヌール
△アムールブリエ

 ただ、馬券的には微妙。人気が割れてくれればいいんだが...

結果

1着ホワイトフーガ
2着サンビスタ
3着トロワボヌール
4着アムールブリエ
5着リュウグウノツカイ

タイム:1分51秒5 3F:39.6秒
競走除外:14番
ホワイトフーガ 牝3歳
騎手:大野拓弥 厩舎:美浦・高木厩舎
単勝:3番930円
複勝:3番140円、6番100円、16番120円
枠連:2-3 530円 馬連:3-6 570円
枠単:2-3 2110円 馬単:3-6 2000円
3連複:3-6-16 470円
3連単:3-6-16 6040円
ワイド:3-6 190円
    3-16 340円 6-16 130円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。ま、こんなもんでしょうな。
 この組み合わせでこの配当なら悪くはないかと。

 でもって、JBCレディスクラシックの結果。レディースプレリュードの上位馬がそのまま上位を独占するという順当な結果だったが... 着順までそのままとはいかなかったようで。レディースプレリュードでは3着だったホワイトフーガがここで逆転。サンビスタやトロワボヌールらを蹴散らし1着に。

 レース自体は、 ブルーチッパーやキャニオンバレー・カチューシャが積極的に出て行ったもんで、レディースプレリュード上位の有力所はその後ろからの競馬に。 ただ、そのままじっとしている訳はなく、勝負所でこれら有力所、早々に上がっていき先頭集団の後ろまで進出。

 で、一足先に抜けたのが1番人気のサンビスタ。...だったが、そのまま押し切りとはならず。直線での脚色はその後ろで競馬していたホワイトフーガの方が上。 結局、そのホワイトフーガがサンビスタをあっさり捕らえ先頭、そしてそのまま独走態勢に持ち込み、最終的にはサンビスタに5馬身の差をつけ圧勝してしまうことに。

 そんなこんなで、勝ったのはホワイトフーガ。斤量差とか位置取りとか展開とか、逆転する要因はそれなりに考えられるが...まぁ、単に力つけていただけなのかもしれませんな。 使われつつ上昇、そしてこの結果になった、そんなところなんじゃないでしょうか。2着以下は...まぁ、レディースプレリュードの着順通りなんで、これはこれで順当な結果でしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。