今週のメインdeパツイチ2015
第15回JBCクラシック出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第15回 JBCクラシック 大井・ダ2000m  3歳上オープン(JpnI) 2015年11月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 クリソライト JDダービー 1着 前走差のある2着も一叩きして変われば。 -
2 オグリタイム 黒潮盃 2着 南部杯7着とそこそこ健闘するもここでは。 - -
2 3 タイセイローマン NTV盃 6着 交流重賞で全くいいところなく。厳しい。 - -
4 ユーロビート マーキュリー 1着 マーキュリーCを再評価。嵌まればJpnIでも。 -
3 5 サウンドトゥルー NTV盃 1着 軌道に乗ったか。前走ぐらい走ればここも。
6 クラシカルノヴァ 名古屋GP 2着 2桁着順続く。相手強化されるここでは。 - -
4 7 リワードレブロン 高知県知事賞 1着 交流重賞で差のある競馬続く。力不足か。 - -
8 ニホンピロアワーズ JCダート 1着 多少持ち直すが一時期の勢いはないようで... - -
5 9 マヤノクレド 白山大賞典 4着 白山大賞典4着も前とは大差。JpnIでは。 - -
10 ホッコータルマエ 帝王賞 1着 実績素直に評価。あとは仕上がり次第か。
6 11 メイショウパーシー 建依別賞 3着 NTV盃10着で決着済。ここでは出番なし。 - -
12 グランドシチー 東海S 2着 前2走が案外。さすが衰えてきた様子? -
7 13 ハッピースプリント JDダービー 2着 前走案外も大井なら巻き返しあっても。
14 サミットストーン 浦和記念 1着 嵌まればそこそこ走る馬。3着穴で一考。 -
8 15 コパノリッキー フェブラリー 1着 前走差のある3着も叩き2戦目だし注意。 -
16 アウトジェネラル 羽田盃 1着 近走サッパリ。今回相手も強化されるし... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第15回JBCクラシックの展望と予想とヨタ話

 JBCシリーズ、最後は中距離戦。
 ダート路線の有力がここで激突!第15回JBCクラシック。

 という訳で、このJBCクラシック。マイルCS南部杯組がJBCスプリントに向かったこともあって、ダート路線の有力所が勢揃い!という形にはならなかったが、 それでも、フェブラリーS勝ちのコパノリッキー、帝王賞・川崎記念勝ちのホッコータルマエ、帝王賞2着、そして去年のJBCクラシック2着のクリソライト、 前走の日本テレビ盃で前述のコパノリッキー・クリソライトに完勝したサウンドトゥルーといったダート路線の強豪がこのJBCクラシックに参戦。

 そんなこんなで、予想もこれらの馬中心で...となるのは、まぁ、妥当なところ。問題はその順序。実績を考えればホッコータルマエがダントツなのだが、帝王賞以来の出走となるのがちと気掛かり。 まぁ、ドバイ遠征帰りの帝王賞をあっさり勝ってしまったことを考えれば、いきなりでも大丈夫なのかもしれんが...とりあえず、今回は別の馬を優先させてみましょうか。

 で、中心はクリソライト。日本テレビ盃の内容を考えれば、ここはサウンドトゥルーを中心に据えるのが正解なのかもしれないが...敢えて2着だったこの馬で勝負。 今回、叩き2戦目ということで上積みも見込めそうだしさ。あと、叩き2戦目で一変という点では3着のコパノリッキーもアリいえばアリなのだが...前走3着とはいえ結構離れた3着だったことを考えるとねぇ。 こっちはおさえ程度の評価に留めておいて、様子見するのが正解かも。

<第15回JBCクラシック予想>

◎クリソライト
○ユーロビート
▲ホッコータルマエ
△コパノリッキー
△ハッピースプリント
△サウンドトゥルー

 あと、南関東勢のハッピースプリント・ ユーロビート・ サミットストーンも
 流れに乗れればそこそこやれそう。3着穴で狙ってみるのもいいかも。

結果

1着コパノリッキー
2着サウンドトゥルー
3着ホッコータルマエ
4着クリソライト
5着ハッピースプリント

タイム:2分04秒4 3F:37.0秒
コパノリッキー 牡5歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・村山厩舎
単勝:15番620円
複勝:15番110円、5番150円、10番100円
枠連:3-8 2850円 馬連:5-15 2630円
枠単:8-3 5780円 馬単:15-5 5140円
3連複:5-10-15 650円
3連単:15-5-10 10860円
ワイド:5-15 560円
    10-15 160円 5-10 210円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印は打っているが...順序が逆だなぁ。
 重めにしたホッコータルマエ、クリソライトが3・4着では...

 まぁ、それはともかく。JBCクラシックの結果。外枠だとかスタートでちょっと遅れたりとかあったが、 他の馬がそこまで積極的に出ていかなかったこともあって、 コパノリッキーが楽に単騎逃げする形に。 道中もこれに競りかけてくる馬はおらず、終始先頭。で、そのまま先頭をキープしたままゴールへ。

 そんなこんなで、勝ったのはコパノリッキー。前走は休み明けということもあってか、逃げはしたものの粘りが足りず3着に破れてしまったが... 今回は叩き2戦目ということもあって走りが一変。直線では逃げ粘るどころか、後続を突き放して完勝してしまうことに。 まぁ、本来の走りが戻ればこんなもんでしょうけどね。

 逆に本来の走りじゃなかった感あるのが3着のホッコータルマエ。直線での伸びがイマイチでコパノリッキーに突き放されてしまったり、 サウンドトゥルーに交わされてしまったりと、どうもパッとしない結果に。叩き2戦目で変わればいいんだが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。