今週のメインdeパツイチ2015
第50回デイリー杯2歳ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第50回 デイリー杯2歳ステークス 京都・芝1600m  2歳オープン(GII) 2015年11月14日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ウインムート もみじS 6着 OPの成績物足りず。重賞では厳しい。 - -
2 2 デピュティスカイ ダ千二1:12.6 1着 芝もこなせそうだが現状はダート向きっぽく。 - -
3 3 リッチーリッチー 芝二千2:03.7 1着 前走まずまずも、重賞ではちと苦しいかも。 -
4 ウォーターミリオン 芝千四1:24.9 1着 展開嵌まった感あるが勝ちっぷり評価でき。
4 5 テイエムハヤブサ 芝千八1:48.3 1着 パンチ不足。展開の助けないと出番は... - -
6 メイプルキング 芝千四1:23.3 1着 前走一頭だけ違う脚使う。重賞でも注意。
5 7 ナイトオブナイツ 芝千四1:21.7 1着 未勝利戦完勝も新馬の4着が気になり。 - -
8 キングライオン ききょうS 6着 昇級後の成績がイマイチ。入着まで。 - -
6 9 エイシンギガント アイビーS 11着 前走イマイチ。この条件では力不足か。 - -
10 ノーブルマーズ 萩S 4着 一本調子だがこの組み合わせなら一発も。 -
7 11 ラハトケレブ 紫菊賞 7着 ジリ。上がり要すなら多少は出番ありそうだが... -
12 クラウンドジャック サフラン賞 9着 自己条件で入着もできず。さすがに... - -
8 13 エアスピネル 芝千六1:34.5 1着 過信は禁物だが新馬戦完勝は評価でき。 -
14 シュウジ 小倉2歳S 1着 実績素直に評価。この相手なら4連勝も。

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第50回デイリー杯2歳ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第50回デイリー杯2歳ステークスの展望と予想とヨタ話

 周辺にいろいろ出来たんで立ち位置微妙ですが...
 一応GIIですよ。第50回デイリー杯2歳ステークス。

 で、このデイリー杯2歳ステークス。朝日杯FSに向けての一戦だが、サウジアラビアロイヤルC・京王杯2歳S・東スポ杯2歳S・京都2歳Sとステップレースが多数あるもんで、 有力馬が分散、その結果どのレースも微妙に手薄になりがち。このデイリー杯2歳ステークスも例外ではなく、去年・今年とメンバーがイマイチ揃わず。

 でもって、今年のデイリー杯2歳ステークス。前述しているように、今年もどうもパッとしないメンバー構成に。 頭数自体は14頭と去年よりも大幅に増えたが、まだまだ中身が伴わない様子。一応、中京2歳S・小倉2歳Sと連勝したシュウジや、 新馬戦を快勝したエアスピネル・ウォーターミリオン・メイプルキングとかいたりするが...実績やレース内容を考えるとねぇ。やや決定打を欠く感じ。

 そんなこんなで、予想の方も中心となる馬が定まらず。まぁ、OP・500万下で通用しなかった馬とか未勝利勝ちの内容がイマイチだった馬とか消去法である程度削っていけるんで、 それで絞り込んで勝負...という感じなのだが、結局、前述したシュウジ・エアスピネル・ウォーターミリオン・メイプルキング辺りしか残らないことに。まぁ、決定打は欠くが、 今回はこれらの馬で勝負するしかないんじゃないかと...

<第50回デイリー杯2歳ステークス予想>

◎シュウジ
○ノーブルマーズ
▲エアスピネル
△メイプルキング
△ウォーターミリオン

 一応、中心はシュウジで。レベル的には微妙な小倉2歳Sだが...
 2着に2・1/2馬身の差をつけ完勝していることだしさ。

結果

1着エアスピネル
2着シュウジ
3着ノーブルマーズ
4着ナイトオブナイツ
5着リッチーリッチー

タイム:1分35秒9 3F:34.2秒
エアスピネル 牡2歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・笹田厩舎
単勝:13番260円
複勝:13番110円、14番110円、10番310円
枠連:8-8 220円 馬連:13-14 220円
馬単:13-14 480円
3連複:10-13-14 1280円
3連単:13-14-10 3930円
ワイド:13-14 140円
    10-13 690円 10-14 650円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。ま、こんなもんでしょうな。
 3着のノーブルマーズも拾えたし悪くはないかな。

 でもって、デイリー杯2歳ステークスの結果。マイル戦にしては前半3ハロン通過が36.6秒と緩めの流れだったが、2歳戦でこの距離のレースということを考慮すれば、「まぁ、こんなもんかな」といったペース。 そんなこんなで、あとは直線の追い比べで決着をつける展開となったが...ねぇ。直線ではエアスピネルの独壇場。すんなり先頭に立ち、馬なりのまま後続をちぎって楽勝してしまうことに。

 という訳で、エアスピネルの強さばかり目立つ結果となってしまったが...まぁ、その通りなんでしょうな。今回相手関係が楽だったのは確かだが、それでもこれだけ余裕の競馬してしまうんではねぇ。 これといった対抗馬が出て来ないのであれば、エアスピネルの独壇場になる可能性もあるんじゃないかと...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。