今週のメインdeパツイチ2015
第66回全日本2歳優駿出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第66回 全日本2歳優駿 川崎・ダ1600m  2歳オープン(JpnI) 2015年12月16日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アンビリーバボー 南部駒賞 2着 地元の成績物足りず。ここでは荷が重い。 - -
2 2 ラクテ ハイセイコー 4着 前走差のある4着。マイルは長いのかも... - -
3 3 マイタイザン 兵庫若駒賞 1着 兵庫ジュニアGPで決着済。この条件では。 - -
4 4 ポッドガイ 鎌倉記念 1着 まだ底見せず。相手強化のここでも注意。
5 5 アンサンブルライフ 平和賞 1着 同型の出方次第。展開嵌まれば一発も。
6 サウンドスカイ 兵庫ジュニア 1着 兵庫ジュニアGP完勝も相手楽だっただけ? -
6 7 トロヴァオ ハイセイコー 1着 それなりに走るが今回かなり相手揃って。 -
8 オーマイガイ オキザリス賞 1着 前走僅差も強敵破る。JpnIでもいきなり。
7 9 エネスク 北海道2歳 3着 一押し足りない。うまく流れに乗れないと。 - -
10 レガーロ もちの木賞 1着 今回相手揃う。ここではちと苦しいかも。 -
8 11 コウエイテンマ 兵庫ジュニア 2着 ダートでもやれる馬だがちょっと足りない。 - -
12 スティールキング 北海道2歳 2着 勝ち切れないが強敵相手に好走は評価。

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第66回全日本2歳優駿の展望と予想とヨタ話

 阪神JF・朝日杯FSと2歳GI目白押しですが...
 ダートもやってますよ。第66回全日本2歳優駿。

 という訳で、この全日本2歳優駿。この条件の通り、2歳ダート路線の頂点を決める一戦...なのだが、 今年はエーデルワイス賞・北海道2歳優駿と連勝し2歳ダート路線の主役となったタイニーダンサーが中央移籍、さらに芝路線に備えることもあって、ここには出て来ず。

 そんなこんなで、主役を欠くメンバー構成となった今回の全日本2歳優駿だが...それでも、兵庫ジュニアGPを楽勝したサウンドスカイを筆頭に、 同レース2着のコウエイテンマ、北海道2歳優駿の2・3着馬スティールキング・エネスク、 ハイセイコー記念・鎌倉記念・平和賞といった南関東の主要な2歳重賞で結果を残したトロヴァオ・ポッドガイ・アンサンブルライフといった有力馬がここに多数参戦してきていますからねぇ。 JpnIとしては上々の顔ぶれだったりするんじゃないでしょうか。

 まぁ、それはそれとして。全日本2歳優駿の予想。それなりの実績馬が揃ったことだし、これらの実績馬の中から...と考えたくなるが、 ここは500万下特別のオキザリス賞を勝ったオーマイガイで勝負してもいいんじゃないかと。そのオキザリス賞はクビ差の勝利とそこまで強い勝ち方ではなかったが、 このレースの2着馬ストロングバローズが先週の500万下で力の違いを見せつけ楽勝していることを考えるとねぇ。能力的にはかなりのものを持っていたりするんじゃないでしょうか。

 あとは、まだ底を見せていない南関東のポッドガイ、レースのレベルとしてはちと微妙かもしれないが楽勝は評価できるサウンドスカイ、 鎌倉記念でポッドガイに完敗してはいるものの展開嵌まれば前残りありそうなアンサンブルライフ、 詰め甘いがタイニーダンサー・タービランスといった道営の一線級に迫った点は評価できるスティールキングといった実績馬で手堅く勝負...といった感じですかねぇ。

<第66回全日本2歳優駿予想>

◎オーマイガイ
○スティールキング
▲ポッドガイ
△サウンドスカイ
△アンサンブルライフ

 あとは、いい塩梅に人気が分散してくれれば...

結果

1着サウンドスカイ
2着レガーロ
3着アンサンブルライフ
4着トロヴァオ
5着エネスク

タイム:1分43秒1 3F:40.1秒
出走取消:4番
サウンドスカイ 牡2歳
騎手:戸崎圭太 厩舎:栗東・佐藤正厩舎
単勝:6番310円
複勝:6番130円、10番140円、5番250円
枠連:5-7 250円 馬連:6-10 480円
枠単:5-7 460円 馬単:6-10 990円
3連複:5-6-10 1810円
3連単:6-10-5 6180円
ワイド:6-10 220円
    5-6 550円 5-10 690円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。人気所の決着だったが...
 うーん、狙いどころがズレてしまっていてはねぇ。

 まぁ、それはともかく。全日本2歳優駿の結果。前走の北海道2歳優駿もそうだったが、ゲートの出が一歩遅く置かれる形となったエネスク以外は比較的平穏。 同型馬が多数いたがやはりアンサンブルライフがハナ、そしてこれをオーマイガイが追いかける形に。

 ただ...これらの先行馬がそのまま押し切ってしまうという展開にはならず。直線で逃げたアンサンブルライフが粘るものの、その後ろで競馬していたサウンドスカイがこれをあっさり交わして先頭、 そしてそのまま後続を引き離してゴールへ。さらに、後方待機からマクって進出してきたレガーロも最後の一伸びでアンサンブルライフを捕らえ2着に。

 そんなこんなで、終わってみれば中央勢が上位を占める結果に。ポッドガイが出走できていれば別の結果になった可能性もあったが...出走取消ではねぇ。 この組み合わせならこういう結果になってしまうのは仕方がないところ。サウンドスカイ・レガーロ、人気通りの走りをして上位を確保。まぁ、オーマイガイやエネスク辺りがもう少し上位に絡んできてもいい気もするが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。