今週のメインdeパツイチ2015
第10回阪神カップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第10回 阪神カップ 阪神・芝1400m  3歳上オープン(GII) 2015年12月27日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ビッグアーサー 京阪杯 2着 やはり能力高い。そろそろ重賞制覇あっても。 -
2 ダイワマッジョーレ 阪急杯 1着 ここ狙いで使ってきた感あり。一変警戒。 -
2 3 アフォード 春雷S 1着 近走サッパリ。展開嵌まっても出番は... - -
4 テイエムタイホー タンザナイト 1着 重賞成績物足りず。OPまでの馬っぽくて... - -
3 5 ウリウリ CBC賞 1着 去年は4着。堅実だが過信は禁物かも。 - -
6 サンライズメジャー マイラーズC 2着 前2走上々の内容。ここなら出番あっても。 -
4 7 アクティブミノル セントウルS 1着 1400mまでは大丈夫そう。あとは展開次第。
8 ダノンシャーク マイルCS 1着 前走10着も上々の末脚使う。一発注意。
5 9 メイショウライナー オーロC 4着 もう一押し必要。展開嵌まらないと出番は。 - -
10 メイショウツガル セントウルS 6着 多少差を詰めるが重賞ではさすが厳しく。 - -
6 11 タガノブルグ NHKマイルC 2着 展開頼みだが嵌まればそれなりに来る馬で。 -
12 アルマワイオリ 朝日杯FS 2着 多少差を詰める。もう一変あればいいが。 - -
7 13 ロサギガンティア スプリングS 1着 ようやく復活?前走ぐらい走れば重賞でも。 -
14 クラレント 安田記念 3着 短めの距離に戻るも変わるかどうかは... - -
8 15 ダンスディレクター CBC賞 2着 末脚強烈。仕上がっていればここでも上位に。 -
16 マイネルアウラート 六甲アイS 1着 準OP完勝は評価も重賞ではちと苦しいか。 -
17 スマートオリオン 中京記念 1着 前2走案外も距離短縮のここなら巻き返し。 -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第10回阪神カップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2015年版
第10回阪神カップの展望と予想とヨタ話

 締めくくりの一戦というよりも来年に向けての一戦?
 高松宮記念へのステップ?第10回阪神カップ。

 というわけで、この阪神カップ。ここを使った後一息いれて阪急杯、そして高松宮記念に向かう有力馬も結構いるもんで、 マイルCSなど主要なGIを使った余力でもう一戦というよりも翌年を見据えた一戦になりがちなのがこの阪神カップ。

 で、今年もそんな感じ。クラレントとかダイワマッジョーレ、ダノンシャークといった実績馬は辺りはここ狙いで使ってきた感じはするが、 基本的には早めに賞金を上積みして万全の状態で高松宮記念を迎えたい新興勢力が主力。

 そんなこんなで、予想もこれらの新興勢力で勝負するのが妥当なところでしょう、特に今年は、デビューしてからパーフェクト連対、さらに北九州記念・京阪杯でも2着を確保しているビッグアーサーとか、 前走のスプリンターズSは今一つだったが強敵揃ったセントウルSを勝ったのは評価できるアクティブミノル、やや詰めが甘く出世が遅れたが堅実な走りで昇級しても上位確保し続けるダンスディレクターなど、 GIでも好勝負できそうな馬が揃っていますからねぇ。前述した実績馬も怖いが今回はこれていいんじゃないかと。

<第10回阪神カップ予想>

◎ビッグアーサー
○ダイワマッジョーレ
▲サンライズメジャー
△ダンスディレクター
△ダノンシャーク
△アクティブミノル

 ただ、この条件で一変ありそうなダイワマッジョーレは一応注意。

結果

1着ロサギガンティア
2着ダンスディレクター
3着ビッグアーサー
4着サンライズメジャー
5着ウリウリ

タイム:1分21秒4 3F:36.6秒
ロサギガンティア 牡4歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:美浦・藤沢和厩舎
単勝:13番820円
複勝:13番280円、15番320円、1番140円
枠連:7-8 1930円 馬連:13-15 5940円
馬単:13-15 9350円
3連複:1-13-15 6830円
3連単:13-15-1 49650円
ワイド:13-15 1860円
    1-13 680円 1-15 830円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。いい所狙ってはいるんだが...
 印が薄いところ同士で決着してアウト。うーん。

 まぁ、それはともかく。阪神カップの結果。好ダッシュをみせたアクティブミノルがあっさりハナを奪取したこともあって、 前半3ハロン通過は34.8秒とこの距離のレースにしては速いペースにはならず。そんなこともあって、差し・追込馬はあまり突っ込んで来ず。 で、結局、好位から競馬したロサギガンティアやビッグアーサーが失速した一部の先行勢を交わし、そのまま上位を確保。 一応、外から中団よりやや後ろで競馬していたダンスディレクターが突っ込んできたりはしたが...ロサギガンティアを交わすことはできず2着まで。

 そんなこんなで、勝ったのはロサギガンティア。スプリングS勝ち以降どうもぱっとしない競馬が続いたが、 距離短縮が功を奏したのか徐々に盛り返し、そしてこの結果に。まぁ、前述しているように元々重賞勝ちある馬だし、 きちんと走るようになればこれ位はやれていんでしょうけどね。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。