今週のメインdeパツイチ2016
第50回シンザン記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第50回 シンザン記念 京都・芝1600m  3歳オープン(GIII) 2016年1月10日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 メイショウシャチ 500万下 4着 もう一押し欲しい。重賞では入着までか。 - -
2 アストラエンブレム サウジRC 3着 強敵相手に好走有。この相手なら勝ち負け。 -
2 3 レオナルド 未勝利 1着 ちと足りない。展開嵌って3着がやっと? - -
4 キングライオン 千両賞 5着 新馬勝ち後の成績今一つ。重賞では苦しい。 - -
3 5 レインボーライン 萩S 3着 萩Sを再評価。この相手なら上位争い可能。
6 ロジクライ 千両賞 4着 前走4着もかなり差のある内容。重賞だと... - -
4 7 ジュエラー 新馬 1着 デビュー戦快勝。相手強化が鍵だが通用しても。
8 スナークスカイ 未勝利 1着 芝戻りで一変するも内容自体は微妙で... - -
5 9 ラルク 牝新馬 1着 新馬戦完勝。ただ破った相手がちと微妙で... - -
10 ピースマインド 未勝利 1着 新馬では後の朝日杯FS馬相手に2着。力通用。
6 11 ファインニードル 500万下 2着 手堅さは評価でき。距離延長で一変あれば。 -
12 ノーブルマーズ デ杯2歳S 3着 前走は相手が悪かったが少々離されすぎで。 -
7 13 クリノシャンボール ヤマボウシ賞 3着 一本調子な上に自分の競馬できても重賞では。 - -
14 シゲルノコギリザメ 500万下 1着 今回条件微妙だが前走はそれなりの結果で。 -
15 ダンツエンペラー 未勝利 1着 ダート専門っぽく。芝ではちと苦しいか。 - -
8 16 ツーエムレジェンド 朝日杯FS 6着 朝日杯FS6着は一応評価。展開嵌れば。
17 ドゥーカ 未勝利 1着 ややパンチ不足。展開の助けないと苦しい。 - -
18 ショウナンアヴィド 未勝利 1着 未勝利戦楽勝も展開嵌った感あるだけに。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第50回シンザン記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第50回シンザン記念の展望と予想とヨタ話

 数々の名馬を輩出したレースだったりするが...
 ここ数年はやや小粒。第50回シンザン記念。

 という訳で、このシンザン記念。過去にはオルフェーヴルやジェンティルドンナ、ダイワスカーレット、タニノギムレットといったクラシックホースを生み出している一戦だったりするが、 ここ数年はNHKマイルカップ勝ちのミッキーアイル(この年にはモーリスもいたりしますが...)がいる程度で、やや小粒になりつつあるのがこのシンザン記念。

 でもって、今年のシンザン記念。頭数は18頭と揃ったが、そこまで実績的に抜けた馬はおらず、やや小粒な印象。まぁ、新馬で後の朝日杯FS馬リオンディーズ相手に2着の実績があるピースマインドとか、 サウジアラビアロイヤルカップではハナ・クビ差の3着だったアストラエンブレムとか、出走馬は5頭しかいなかったが重賞好走馬を多数輩出した萩Sで3着に入ったレインボーラインとか、それなりに活躍しそうな馬は一応いますが... まぁ、この辺りはここの結果次第といったところでしょうか。

 まぁ、それはともかく。シンザン記念の予想。こういう組み合わせだし、一波乱あっても不思議ではないが...ここは前述のピースマインドで勝負してみましょうかねぇ。 新馬ではリオンディーズに1・1/2馬身差をつけられているが、朝日杯FSであれだけの競馬をしたリオンディーズ相手だということを考えれば上々でしょう。この相手だったら十分勝ち負けになるんじゃないかと。 で、相手も無難に実績を評価してアストラエンブレム・レインボーライン、そして朝日杯FS6着のツーエムレジェンドを。

<第50回シンザン記念予想>

◎ピースマインド
○レインボーライン
▲アストラエンブレム
△ジュエラー
△ツーエムレジェンド
△ノーブルマーズ

 何だかんだいっても、結局、無難な決着になりそうな気が...

結果

1着ロジクライ
2着ジュエラー
3着シゲルノコギリザメ
4着アストラエンブレム
5着レオナルド

タイム:1分34秒1 3F:36.0秒
ロジクライ 牡3歳
騎手:浜中俊 厩舎:栗東・須貝厩舎
単勝:6番2250円
複勝:6番480円、7番200円、14番1240円
枠連:3-4 2500円 馬連:6-7 5360円
馬単:6-7 13060円
3連複:6-7-14 95730円
3連単:6-7-14 671850円
ワイド:6-7 1620円
    6-14 11070円 7-14 5120円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。この結果はちょっとなぁ。
 ロジクライは「あって3着まで」という感じの馬だったんだが...

 まぁ、それはともかくシンザン記念の結果。前に行く馬がそれなりに揃ったこともあって、ある程度ペースが速くなるのは想定していたのだが...何だか変な感じの流れになってしまいましたな。 スタート直後は飛ばしていこうとする馬も現れず、馬群は一団のまま。で、この状態のまま淡々と流れる展開に...なるかと思いきや、この後、妙に前を伺う馬がでてきたり、途中でシゲルノコギリザメが抜け出し単騎逃げに持ち込んだもんで、 結局、1000m通過が0:58.1という速めのペースに。

 ただ、こういう流れだったにも関わらず、極端な前崩れの結果にはならず。好位につけていたロジクライ、そして逃げたシゲルノコギリザメが最後まで踏ん張って上位を確保。 いい塩梅の展開になったジュエラーも直線一気で突っ込んできたが、ロジクライを交わすには至らず2着まで。

 そんなこんなで、勝ったのはロジクライ。前走の千両賞がやや離された4着だっただけに、重賞でどこまでやれるか正直微妙なところだったんだが...結果はこれですからね。 まぁ、妙にペースが速く上がりを要す展開になったり、最内をロスなく立ち回った分、最後まで余力があったとかそういうのが今回の勝利に繋がった感あるだけに、 今後も活躍できるかといわれると微妙なところだったりしますが。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。