今週のメインdeパツイチ2016
第57回アメリカジョッキークラブカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第57回 アメリカジョッキークラブカップ 中山・芝2200m  4歳上オープン(GII) 2016年1月24日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 マイネルフロスト 日本ダービー 3着 少し詰め甘いがこの条件なら上位確保可能で。
2 アップルジャック 日本海S 3着 2桁着順続く。この状態ではさすがに... - -
2 3 ディサイファ 札幌記念 1着 重賞実績素直に評価。ここでも勝ち負けに。 -
4 ショウナンマイティ 安田記念 2着 実績は認めるが長期休養明けではさすがに。 - -
3 5 クランモンタナ 新潟記念 2着 ぼちぼち走るがこの相手ではちと苦しいか。 - -
6 サトノラーゼン 日本ダービー 2着 前2走やや物足りないが今回手頃な条件で。 -
4 7 ショウナンバッハ ノベンバーS 1着 準OPの走り評価も中山はやや微妙な感じで。 - -
8 ステラウインド 七夕賞 2着 伸び悩む。入着はあるがそれ以上となると。 - -
5 9 ライズトゥフェイム 中山金杯 4着 前走の末脚評価も相変わらず展開が鍵で。 -
10 ルルーシュ AR共和国杯 1着 前2走イマイチな上に長期休養明けでは... - -
6 11 スーパームーン AR共和国杯 3着 復調してきた。そろそろ出番あっていい頃で。
12 フラガラッハ 中京記念 1着 まだ多少は走るが衰えてきた感は否めなく。 - -
7 13 ヤマニンボワラクテ 迎春S 1着 今回昇級戦だが堅実駆け評価。ここでも。
14 スズカデヴィアス 京都記念 2着 近走イマイチも思い切った競馬なら一発も。 -
8 15 マイネルディーン 福島民報杯 3着 去年は13着。重賞ではどうも物足りなく... - -
16 マイネルメダリスト 目黒記念 1着 スランプ脱した?前走ぐらい走れば多少は。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第57回アメリカジョッキークラブカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第57回アメリカジョッキークラブカップの展望と予想とヨタ話

 ここで結果を出してGIへ...というにはまだ気が早い?
 次が勝負?第57回アメリカジョッキークラブカップ。

 という訳で、このAJC杯。レースの条件自体はまずまずなのだが、ここを使って春のGIを目指すには間隔が開きすぎるなど、 何かとローテーションが組み辛くイマイチメンバーが揃わないのがこのAJC杯。まぁ、金鯱賞や中山金杯の延長線上にある中距離重賞と考えるのが妥当な一戦。

 で、今年も金鯱賞・中山金杯組が主力を形成するという相変わらずの一戦に。となれば、あとはここはこれらの重賞上位馬で無難に勝負...といきたいところだが、 そういう思惑通りににはいかず、ちょいとばかり荒れるのがこのAJC杯だったりするんでねぇ。波乱の立役者となる馬を拾えるか否かがこのAJC杯の鍵といったところでしょうか。

 そんなこんなで、今回のAJC杯。ディサイファやサトノラーゼンといった実績馬をおさえつつ、穴っぽいところを拾っていくというスタンスで勝負してみましょうか。 前走は展開嵌まった感あるが、条件での安定した走りは評価できるヤマニンボワラクテ、去年の成績今一つだったが前走の2着など復調気配窺えるスーパームーンとかさ。 あと、あまり人気を集めないようならマイネルフロストもアリかも。

<第57回アメリカジョッキークラブカップ予想>

◎ディサイファ
○スズカデヴィアス
▲サトノラーゼン
△ヤマニンボワラクテ
△マイネルフロスト
△スーパームーン

 一発狙うなら、スズカデヴィアスの逃げに期待するのも手だが...

結果

1着ディサイファ
2着スーパームーン
3着ショウナンバッハ
4着マイネルフロスト
5着ヤマニンボワラクテ

タイム:2分12秒0 3F:35.4秒
ディサイファ 牡7歳
騎手:武豊 厩舎:美浦・小島太厩舎
単勝:3番500円
複勝:3番180円、11番220円、7番310円
枠連:2-6 1750円 馬連:3-11 1800円
馬単:3-11 3360円
3連複:3-7-11 6350円
3連単:3-11-7 30540円
ワイド:3-11 740円
    3-7 1260円 7-11 1210円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。人気所で決着した割には結構いい配当に。
 できれば3着まで拾いたかったが、ここでショウナンバッハはなぁ。

 でもって、AJC杯の結果。1番人気のサトノラーゼンがコケたり、3着に7番人気のショウナンバッハが突っ込んできたりしたもんで、そこそこの配当にはなったが...それなりには順当な結果だったんじゃないかと。 GIIで好走を続ける2番人気のディサイファが勝ち、アルゼンチン共和国杯で2年連続好走している3番人気のスーパームーンが2着を確保。

 レース自体は、やはり他に行く馬がいないこともあってスズカデヴィアスが単騎で逃げる展開。ただ、後続を引き離したり、速いラップを刻んで逃げるという形ではなく、普通の逃げ。 そして、ペースもそこまで速くはならず前半1000m通過は1:00.8止まり。そんなこんなで、それほど荒れた展開にならなかったもんで、好位・中団といったほどよい位置にいた馬が上位を占めるという無難なレースに。

 で、この流れにうまく乗ったのが勝ったディサイファ。道中は先行集団を見る形で好位を追走。前には1番人気のサトノラーゼンがいたりしたが、手応えが怪しくディサイファの相手にはならず。 で、結局、好位追走から難なく抜け出し先頭、そしてそのまま押し切るという横綱相撲で勝利。まぁ、GIIで好走続けていた馬だし、いい塩梅の展開になればこれ位はやれて当然なのかもしれませんが。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。