今週のメインdeパツイチ2016
第30回根岸ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第30回 根岸ステークス 東京・ダ1400m  4歳上オープン(GIII) 2016年1月31日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 レッドファルクス テレビ静岡賞 1着 ダートならもう少しやれていい。ヒモで一考。
2 グレープブランデー フェブラリー 1着 詰めの甘い競馬続く。一時期ほどの勢いは... - -
2 3 アドマイヤロイヤル プロキオンS 1着 去年の3着馬だしこの条件得意だが近走散々で。 -
4 マルカフリート カペラS 3着 末脚はかなりのもの。あとは展開さえ嵌れば... -
3 5 キョウエイアシュラ オーバルSP 1着 前3走が物足りず。東京ダ1400mは悪くないが... -
6 アンズチャン 欅S 2着 前走は度外視。得意の東京ダ1400mなら出番。 -
4 7 サトノタイガー JBCスプ 2着 去年の成績イマイチ。さすがに衰えが... - -
8 タールタン ファイナルS 1着 前走は位置取りと展開利有。この条件だと? - -
5 9 タガノトネール 南部杯 2着 前走2着もノンコノユメとハナ差。ここなら。 -
10 アドマイヤサガス 北海道SC 1着 立ち直った様子。この条件なら一発あっても。 -
6 11 プロトコル 錦秋S 1着 前々走モーニンに完敗。ここでは3着までか。 -
12 シゲルカガ 北海道SC 1着 やはり逃げないとダメ?単騎逃げなら注意。 -
7 13 シンキングマシーン 薫風S 1着 今回準OPで穴あけた東京ダ1400だが重賞では... - -
14 サクラエール ファイナルS 2着 OPの内容悪くないが重賞ではちと苦しいか。 - -
8 15 モーニン 武蔵野S 3着 前走3着だったが重賞でもやれる目途が立ち。 -
16 レーザーバレット 兵庫ゴールド 1着 交流重賞での実績評価もこの条件となると? - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第30回根岸ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第30回根岸ステークスの展望と予想とヨタ話

 ダートの大一番・フェブラリーSに向け有力馬続々始動。
 フェブラリーSの前哨戦・第30回根岸ステークス。

 という訳で、この根岸ステークス。フェブラリーSと同じ東京コースで行われることもあって、本番に直結しそうな一戦だったりするんだが...200mの距離延長というのが相当のクセ者らしく、 本番で活躍する馬がなかなか現れないのがこの根岸ステークス。まぁ、ダート短距離路線馬・東京ダ1400m専門の馬がここ狙いで使うケースが多いんで、本番で結果残せないのは当然といえば当然なのだが...

 そんな根岸ステークスだが、今年は武蔵野S上位馬やマイルまでこなせる馬が多数参戦していることもあって、前哨戦としてはそれなりに機能しそうな雰囲気。 特に武蔵野S組はノンコノユメ相手に好走していたりしますからねぇ。ここの結果次第ではフェブラリーSの主役になる可能性も十分あるんじゃないかと。

 そんなこんなで、今回の根岸ステークス。中心は前述した武蔵野S上位馬でいいんじゃないでしょうか。中心はモーニン。着順的にはタガノトネールの方が上だったりするが、 タガノトネールはやや展開嵌まってあの着順だった可能性があるだけにねぇ。今回先行勢もそれなりに揃っていることだし、逆転あっていいんじゃないかと。

 で、あとはそのタガノトネール、そして展開と重賞が鍵だが東京ダ1400mでは走りが違うアンズチャン、ダート戻りで巻き返しありそうなレッドファルクスを。 あと、距離延長が鍵も行き切れれば逃げ残りありそうなシゲルカガにも注意かな。

<第30回根岸ステークス予想>

◎モーニン
○シゲルカガ
▲タガノトネール
△アンズチャン
△レッドファルクス
△プロトコル

 タールタン・サクラエールも悪くはないが、この相手となると...

結果

1着モーニン
2着タールタン
3着グレープブランデー
4着タガノトネール
5着アンズチャン

タイム:1分22秒0 3F:35.6秒
モーニン 牡4歳
騎手:戸崎圭太 厩舎:栗東・石坂厩舎
単勝:15番220円
複勝:15番130円、8番280円、2番660円
枠連:4-8 1120円 馬連:8-15 1330円
馬単:15-8 1850円
3連複:2-8-15 11480円
3連単:15-8-2 34400円
ワイド:8-15 530円
    2-15 1340円 2-8 3820円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。モーニンはズバリだったが...
 ヒモがうまく拾えなくてアウト。タールタンはちょっとなぁ。

 でもって、根岸ステークスの結果。 シゲルカガがそれなりに出て行ったもんで前半3ハロン通過が34.6秒とまずまずのペースになったが、 終わってみればその後ろにいた先行勢が上位独占するというほぼ前残りのレースに。好位追走から直線で抜け出したモーニンがそのまま押し切って1着。 好位追走から伸びてきてはいたが、モーニンには及ばなかったタールタンが2着。

 という訳で、勝ったのはモーニン。展開の助けあった感は否めないが、やはり、これ位はやれていい馬なんでしょうな。 東京マイルにも実績ある馬だし、これだけの競馬ができるのであればフェブラリーSでもいい勝負になるんじゃないでしょうか。

 あと、他の馬。2番人気のタガノトネールはワンパンチ足りず押し負けた感じ。 もう少し時計を要すダートなら巻き返しあっていいんじゃないでしょうか。3番人気のアンズチャンは...レースの上がりが35.6秒ではさすがにねぇ。 ただ、上がり3ハロン34.4秒と一頭だけ違う脚を使ったのは評価していいんじゃないかと。展開次第なのは相変わらずだが重賞でもやれる目処は立ったんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。