今週のメインdeパツイチ2016
第109回京都記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第109回 京都記念 京都・芝2200m  4歳上オープン(GII) 2016年2月14日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ヤマカツエース 中山金杯 1着 重賞連勝評価。この相手ならGIIでも、
2 2 アドマイヤデウス 日経賞 1着 多少巻き返す。もう一変あればいいが... - -
3 トーセンレーヴ エプソムC 1着 スランプ脱したか。この調子ならここでも。
3 4 ショウナンバッハ AJC杯 3着 前走好走は素直に評価。展開嵌まれば。 -
5 トウシンモンステラ 万葉S 4着 OP入り後の成績物足りず。重賞では... - -
4 6 タッチングスピーチ エリ女王杯 3着 牝馬だが能力は通用。あとは展開次第か。 -
7 サトノクラウン 日本ダービー 3着 ここなら巻き返し可能だが過信は禁物。 -
5 8 マイネルディーン 福島民報杯 3着 パンチ不足。いい塩梅の展開にならないと。 - -
9 レーヴミストラル 日経新春杯 1着 復活。展開が鍵だがこの勢いなら。 -
6 10 ワンアンドオンリー 日本ダービー 1着 前2走そこまで負けていない。多少は。 -
11 トラストワン アンドロメダ 2着 前走悪くないが重賞ではちと足りないか。 - -
7 12 ヒストリカル 毎日杯 1着 末脚安定。あとは展開さえ嵌まれば... -
13 ミュゼゴースト ラジオNIKKEI 2着 前走が負けすぎ。様子見するのが正解か。 - -
8 14 スズカデヴィアス 京都記念 2着 前走健闘。去年ぐらい走れば今年も。 -
15 コスモロビン 目黒記念 3着 2桁着順続く。大きく負けてはいないが... - -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第109回京都記念の展望と予想とヨタ話

 ドバイ絡みもあって一線級の馬が出てくることもあるが...
 今年は通常営業?第109回京都記念。

 でもって、この京都記念。ここを使ってドバイに遠征する一線級の馬がいたりするもんで、この時期の重賞の割には妙にハイレベルな一戦になることもあるのがこの京都記念だったりするが、 今年はそこまで強力な馬は出走して来ず。

 そんなこんなで、割と普通のGIIとなった今年の京都記念。こういうメンバー構成なら、金杯・日経新春杯・AJC杯の流れをそのまま引き継ぐような結果になるんじゃないでしょうかねぇ。 特に、今年はレーヴミストラルとかヤマカツエース、ショウナンバッハなど、これらの重賞で好走した馬が多数出走していることだしさ。

 という訳で、予想もこれらの馬中心でいいでしょう。中心はヤマカツエース。重賞の格自体はGIIIとやや劣るが重賞連勝は素直に評価していいでしょう。 今回先行馬が少なめで前走の中山金杯のような前残りも期待できるのも○だしさ。あとは、日経新春杯勝ちのレーヴミストラル...といきたいところだが、展開に左右されそうなんで、 ここはアンドロメダSのように比較的前で競馬することもできるトーセンレーヴを優先させ、その後にレーヴミストラル、そしてヒストリカル・サトノクラウンといった感じで勝負してみましょうか。

<第109回京都記念予想>

◎ヤマカツエース
○スズカデヴィアス
▲トーセンレーヴ
△レーヴミストラル
△ヒストリカル
△サトノクラウン

 あと、先行馬少なめなんで、スズカデヴィアスの逃げにも注意。

結果

1着サトノクラウン
2着タッチングスピーチ
3着アドマイヤデウス
4着ヒストリカル
5着ヤマカツエース

タイム:2分17秒7 3F:36.7秒
サトノクラウン 牡4歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:美浦・堀厩舎
単勝:7番920円
複勝:7番320円、6番210円、2番240円
枠連:4-4 2870円 馬連:6-7 2880円
馬単:7-6 5690円
3連複:2-6-7 8020円
3連単:7-6-2 45480円
ワイド:6-7 1040円
    2-7 1290円 2-6 820円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印薄いところ同士で決着してしまってはなぁ。
 肝心のヤマカツエースはどうもぱっとせず5着止まり。

 でもって、京都記念の結果。かなり時計を要す馬場状態になっていたこともあってか、瞬発力が身上の馬は軒並み不発。 結局、2番手から競馬したサトノクラウンが直線で抜け出し押し切り勝ち。一応、タッチングスピーチとかヒストリカルも差を詰めてきてはいたが... こういう馬場だったこともあってジリジリとしか伸びず、2着争いに加わるのが精一杯。

 そんなこんながあったりしたが、とりあえず勝ったのはサトノクラウン。まぁ、今回は何かと恵まれた感は否めないが、それなりに走るようになったのは評価していいんじゃないかと。 ただ、いい頃の走りが戻ったと判断するのはちと早計かな。ここはもう一戦様子をみるのが正解かと...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。