今週のメインdeパツイチ2016
第33回フェブラリーステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第33回 フェブラリーステークス 東京・ダ1600m  4歳上オープン(GI) 2016年2月21日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 パッションダンス 新潟記念 1着 川崎記念が負けすぎ。ダートでは厳しいか。 - -
2 ホワイトフーガ JBCレディ 1着 JBCではサンビスタに楽勝。ここでも注意。 -
2 3 コパノリッキー フェブラリー 1着 前2走案外もこのレース2連覇中で。 -
4 アスカノロマン 東海S 1着 前走快勝評価も展開嵌まった感あって。 - -
3 5 ベストウォーリア 南部杯 1着 去年は3着。今の調子ならそれ以上あっても。
6 ロワジャルダン みやこS 1着 東京に良績あるがこの距離ちと短い? - -
4 7 ノンコノユメ JDダービー 1着 ユニコーンS・武蔵野Sを評価。この条件なら。
8 コーリンベリー JBCスプ 1着 去年は10着。マイルでも少し距離長い? - -
5 9 モンドクラッセ 東海S 2着 今回相手揃う。前走のようにはいかぬか。 - -
10 グレープブランデー フェブラリー 1着 2013年の勝ち馬だがその頃の勢いはなく。 - -
6 11 スーサンジョイ 大和S 1着 勢い評価。200mの距離延長克服できれば。
12 マルカフリート カペラS 3着 末脚勝負に持ち込めば展開次第で一発も? -
7 13 タガノトネール 南部杯 2着 堅実だが詰め甘い。前走以上となると... -
14 モーニン 根岸S 1着 前走きっちり巻き返す。この勢いならGIでも。 -
8 15 サノイチ 白嶺S 1着 前走の勝ちっぷり評価もいきなりのGIでは。 - -
16 ローマンレジェンド 東京大賞典 1着 ほどほどには走るが一時期の勢いはなくて。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第33回フェブラリーステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第33回フェブラリーステークスの展望と予想とヨタ話

 2016年の中央GI、スタートです。
 まずはダートの大一番・第33回フェブラリーS。

 という訳で、このフェブラリーステークス。地方では一足先にJpnI・川崎記念でJpnI・GI戦線がスタートしていますが、 中央ではこのフェブラリーSが今年のGIの開幕戦。まぁ、開幕戦というよりも去年の秋から続いたダート路線の総決算といった色合いが濃かったりしますが。

 で、そんなフェブラリーステークス。中距離路線の有力所がここではなく前述の川崎記念に駒を進めこのフェブラリーSには出走して来なかったもんで、 主力の一角を欠くメンバー構成となったが...それでもフェブラリーS2連覇中のコパノリッキーに、JBCスプリント勝ちのコーリンベリー、JBCレディスクラシック勝ちのホワイトフーガ、 マイルCS南部杯勝ちのベストウォーリア、JDダービー勝ちのノンコノユメといった2015年のダートGI・JpnI勝ち馬に加え、 条件戦を連勝した勢いで一気に台頭してきたモーニン・スーサンジョイといった新興勢力が揃い、GIらしい一戦に。

 そんなこんなで、今回のフェブラリーS。有力所が揃ったこともあって混戦気味だったりするが...ここはもうこの馬で勝負してしまっていいんじゃないでしょうかねぇ。ノンコノユメ。 前走のチャンピオンズカップでは1・1/2馬身差の2着だったが、後方からよく差を詰めての2着。今回、ユニコーンS・武蔵野Sを勝っている東京ダ1600mだったりするし、 きっちり巻き返して快勝してくれるんじゃないでしょうか。

 で、あとはノンコノユメの相手探し。実績的にはフェブラリーS2連覇中のコパノリッキーだったり、JBCレディスクラシックで後のチャンピオンズカップ勝ち馬であるサンビスタ相手に楽勝したホワイトフーガ、 去年はこのレースで3着確保しているマイルCS南部杯馬ベストウォーリアなんだろうけど...ここは勢い重視でモーニン・スーサンジョイで勝負してみましょうか。 ともにまだ底をみせてないのも○だったりするしさ。

<第33回フェブラリーステークス予想>

◎ノンコノユメ
○ベストウォーリア
▲モーニン
△スーサンジョイ
△コパノリッキー

 実績的には東海S組もアリだが...展開嵌まった感否めないのがねぇ。

結果

1着モーニン
2着ノンコノユメ
3着アスカノロマン
4着ベストウォーリア
5着ロワジャルダン

タイム:1分34秒0(R) 3F:35.6秒
モーニン 牡4歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:栗東・石坂厩舎
単勝:14番510円
複勝:14番180円、7番120円、4番420円
枠連:4-7 530円 馬連:7-14 680円
馬単:14-7 1510円
3連複:4-7-14 3820円
3連単:14-7-4 16010円
ワイド:7-14 320円
    4-14 1690円 4-7 1070円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。とりあえず、1・2着はきっちりゲット。
 ただ、3着のアスカノロマンは狙い辛いところだったんで...

 まぁ、それはともかく。フェブラリーステークスの結果。週末の雨が残ったこともあって、やたらと時計が出るこの週の東京ダート。 このフェブラリーSも例外ではなかったようで、東京ダ1600mのレコードを0.1秒、フェブラリーSのレコードを0.6秒更新する結果に。

 レース自体は、コーリンベリー・モンドクラッセ・スーサンジョイ・タガノトネール辺りが出て行ったもんで、コパノリッキー、前2年のような競馬はできず。 ペースも前述した先行勢が結構な勢いで行ったもんだから、前半3ハロン通過が34.1秒、1000m通過が0:58.4と速め。 ただ、時計が出る馬場だったこともあってか、オーバーペースで逃げ・先行馬総崩れという展開にはならず。 結局、これら先行勢を一通り先に行かせ好位から競馬したモーニンが直線でも止まらず最後までしっかりと伸び、 後方から差を詰めてきたノンコノユメ・アスカノロマンらを退け先頭でゴールすることに。

 そんなこんなで、勝ったのはモーニン。やはりこの条件は走りますなぁ。前走の根岸ステークス同様、好位追走から抜け出しそのまま押し切り勝ち。 逆にノンコノユメは勝ちパターンのような展開ではあったが、前にいたモーニンが思っていた以上に強い競馬したもんでこれを捕らえきれず2着まで。 まぁ、武蔵野Sではモーニンをきっちり差し切っているし、今回は馬場や展開の差で負けた、そんな感じだったりするんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。