今週のメインdeパツイチ2016
第60回阪急杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第60回 阪急杯 阪神・芝1400m  4歳上オープン(GIII) 2016年2月28日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ダイワマッジョーレ マイルCS 2着 去年の勝ち馬。ただ最近の成績が... - -
2 ルルーシュ AR共和国杯 1着 距離短縮しても走り変わらず。厳しい。 - -
2 3 ブラヴィッシモ タンザナイト 5着 ワンパンチ足りない。重賞では苦しいかも。 - -
4 ヒルノデイバロー 羅生門S 1着 芝で好走したのは前走評価。ここでも。 -
3 5 ミッキーラブソング 京都金杯 3着 それなりに走る。展開嵌まれば3着なら。
6 ティーハーフ 函館SS 1着 ベストは千二っぽいし前2走が案外では。 - -
4 7 サドンストーム 高松宮記念 4着 末脚は相変わらず。展開嵌まれば出番も。 -
8 マイネルアウラート 東京新聞杯 3着 前走は展開嵌まった感否めず。ちと苦しい。 - -
5 9 レッツゴードンキ 桜花賞 1着 牡馬相手に好走した前走評価。ここでも。
10 ダノンシャーク マイルCS 1着 去年の成績今一つ。衰えてきたのかも。 -
6 11 オメガヴェンデッタ スワンS 3着 前走案外もこの距離なら巻き返し可能。 -
12 サカジロロイヤル 京阪杯 3着 2桁着順連発。好調時の勢いはないか。 - -
7 13 ミッキーアイル NHKマイルC 1着 実績評価も成績不安定。嵌まればいいが。
14 ゼロス 小倉大賞典 4着 前走まずまずも重賞では力不足っぽく。 - -
15 エールブリーズ 京王杯SC 3着 去年の成績物足りず。たまに一発あるが... - -
8 16 マイネルエテルネル 小倉2歳S 1着 たまに大駆けあるが重賞では厳しいか。 - -
17 タガノブルグ NHKマイルC 2着 前走物足りず。一変は望めそうになく。 - -
18 ケントオー 洛陽S 3着 重賞好走馬相手に好走した前走評価でき。 -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第60回阪急杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第60回阪急杯の展望と予想とヨタ話

 フェブラリーSの次は短距離GI・高松宮記念。
 その高松宮記念に向けての一戦、第60回阪急杯。

 という訳で、この阪急杯。距離は高松宮記念より200m長い1400mだったりするが、高松宮記念に向かうには丁度いい塩梅のレース間隔・レース条件だったりすることもあって、 結構メンバーが揃うのがこの阪急杯。高松宮記念の前哨戦と呼ぶに相応しい一戦となることも多々。

 で、今年の阪急杯。今年も高松宮記念を目指す短距離馬がこの阪急杯で揃って始動...といいたいところだが、今年はどちらかというとマイル路線寄りの馬が多め。 まぁ、GIで好走するだけの実績持っていたり、比較的短めの距離も大丈夫だったりする馬がほとんどだったりするんで、この辺りはあまり気にしなくてもいいんでしょうけどね。

 そんなこんなで、今回の阪急杯。前述しているように距離云々は気になるところだが、まぁ、この手の実績馬中心で勝負するのが正解なんじゃないかと。 で、中心はレッツゴードンキ。桜花賞以降やや伸び悩んでいる印象だが、前走のマイルCSでは6着。今回こういう距離のレースにしては先行馬が少なく、いい塩梅の展開になりそうなのも○だしさ。 あとは、京都金杯はイマイチだったが距離短縮で巻き返しありそうなオメガヴェンデッタ、高松宮記念・スプリンターズSの好走を評価してミッキーアイル、 やや格は落ちるが流れに乗れれば上位争いできそうなケントオー・ミッキーラブソングを。

<第60回阪急杯予想>

◎レッツゴードンキ
○ヒルノデイバロー
▲オメガヴェンデッタ
△ミッキーアイル
△ミッキーラブソング
△ケントオー

 あと、芝でも健闘したヒルノデイバローもちと怖い感じ。

結果

1着ミッキーアイル
2着オメガヴェンデッタ
3着ブラヴィッシモ
4着ミッキーラブソング
4着サドンストーム(同着)

タイム:1分19秒9 3F:34.7秒
ミッキーアイル 牡5歳
騎手:松山弘平 厩舎:栗東・音無厩舎
単勝:13番380円
複勝:13番170円、11番210円、3番250円
枠連:6-7 1740円 馬連:11-13 1510円
馬単:13-11 2660円
3連複:3-11-13 4070円
3連単:13-11-3 18050円
ワイド:11-13 570円
    3-13 860円 3-11 910円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。軸は来なかったが▲○で拾ってセーフ。
 ただ、結構人気所の決着で配当が微妙なのが...

 まぁ、それはともかく。阪急杯の結果。この条件にしては逃げ・先行馬が少なかった上に、ミッキーアイルが好スタートを決めてあっさりハナを奪取したもんだから、 道中はもう逃げたミッキーアイルのペース。前半3ハロン通過は33.8秒とそれなりに速いペースだったが、マイペースで行けたこともあって最後まで足取りしっかり。 結局、最後の3ハロンを34.7秒でまとめ後続馬を完封。

 そんなこんなで、勝ったのはミッキーアイル。最近はムラのある競馬が続いていたが...まぁ、ちゃんと走ればこれ位はやれる馬だけに、この結果は妥当なところでしょう。 ただ、これで3歳時のように連勝街道を突き進むかと言われると...ちょっと微妙な感じ。とりあえず、次走きちんと走るかどうか、それ次第でしょうな。



競馬鹿トップへ


Visiter'z : (since 2000/05/25)
注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。