今週のメインdeパツイチ2016
第52回中日新聞杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第52回 中日新聞杯 中京・芝2000m  4歳上オープン(GIII) 2016年3月12日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ライズトゥフェイム 中山金杯 4着 前走が案外。巻き返しあればいいが。 - -
2 サトノアポロ 中日新聞杯 1着 久々を一度使ったが...まだ様子見必要。 - -
2 3 メドウラーク アイルランド 5着 さすがに重賞では厳しい様子。ここでも。 - -
4 バウンスシャッセ 愛知杯 1着 前走評価もまだ信用は出来そうになくて。 - -
3 5 サトノノブレス 菊花賞 2着 復調しつつあるが詰め甘さ解消できず。 -
6 アングライフェン アメジストS 1着 準OPの走り悪くなく。重賞でもそれなりに。
4 7 デウスウルト 中日新聞杯 2着 去年の2着馬だがそれ以降の成績が... - -
8 ブライトエンブレム 皐月賞 4着 差は詰めている。あとは展開次第か。
5 9 ショウナンバッハ AJC杯 3着 前走は馬場堪えたか。良馬場なら。 -
10 アルバートドック 小倉大賞典 1着 条件ちと厳しくなるが勢いは評価でき。 -
6 11 ケツァルテナンゴ 白富士S 1着 スランプ脱したか。この調子なら重賞でも。
12 メイショウカンパク 京都大賞典 1着 一時期よりマシになったがもう一変ないと。 - -
7 13 レコンダイト 目黒記念 2着 伸び悩む。大きく負けてはいないが... - -
14 ヒストリカル 毎日杯 1着 重賞好走評価も中京だと展開が鍵で。 -
15 ファントムライト 福島記念 3着 堅実駆け評価もややジリっぽくて。 -
8 16 ヤマニンボワラクテ AJC杯 5着 昇級戦まずまず。ここならそれなりに。 -
17 ロンギングダンサー 新潟記念 4着 重賞では展開の助けないと苦しいようで。 - -
18 クルーガー 初富士S 1着 元々重賞好走ある馬。ここも展開次第。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第52回中日新聞杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第52回中日新聞杯の展望と予想とヨタ話

 ここで結果出して安田記念・宝塚記念へ...
 といきたいところだが、さて?第52回中日新聞杯。

 そんなこんなで、この中日新聞杯。ここで賞金を加算して前述したGIへ...という流れも考えられるのだが、 そこまで高い目標を設定している馬は稀で、典型的なローカル場のハンデ重賞になりがちなのがこの中日新聞杯。

 ただ、今年は「ここの結果次第ではGI出走も視野に入れている馬」もちらほらいることもあって、ローカル場のハンデ重賞といった印象は薄め。 となれば、ここはこの手の馬を中心にして勝負...といきたいところだが、妙に伸び悩んでいるサトノノブレス・ヒストリカルや、愛知杯を快勝するもまだ信用できないバウンスシャッセ、 末脚評価も中京で差し切れるか微妙なショウナンバッハと不安を抱えている馬ばかりというのがねぇ。

 という訳で、今回はOP・準OPの走り評価できるケツァルテナンゴ・アングライフェンといった新興勢力で勝負してみてもいいんじゃないかと。 前に行って速い脚を使えるという小回り向きの脚質なのも○だしさ。

<第52回中日新聞杯予想>

◎ケツァルテナンゴ
○ショウナンバッハ
▲サトノノブレス
△ヒストリカル
△ブライトエンブレム
△アングライフェン

 あとは、無難に前述の実績馬を絡めていけばいいでしょう。

結果

1着サトノノブレス
2着ファントムライト
3着レコンダイト
4着ヤマニンボワラクテ
5着バウンスシャッセ

タイム:2分01秒3 3F:34.9秒
サトノノブレス 牡6歳
騎手:川田将雅 厩舎:栗東・池江厩舎
単勝:5番560円
複勝:5番200円、15番320円、13番1110円
枠連:3-7 1020円 馬連:5-15 4140円
馬単:5-15 7910円
3連複:5-13-15 52450円
3連単:5-15-13 251670円
ワイド:5-15 1110円
    5-13 4820円 13-15 6180円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。サトノノブレスは妥当なところだが...
 ファントムライト・レコンダイトはちょっと厳しいッス。

 でもって、中日新聞杯の結果。とりあえず1番人気のサトノノブレスがその実績通りの走りをして勝ったが...やはりローカル場のハンデ重賞ということもあってか、 2・3着に9番人気のファントムライト、13番人気のレコンダイトといった人気薄が絡んで波乱の決着に。

 レース自体は、これといった逃げ馬がいなかったこともあってか、前半3ハロン通過が36.8秒、1000m通過が1:02.1とこの条件にしてはかなり緩めの流れ。 そんなこともあってか、差し・追込馬は台頭できず、好位から競馬した馬が上位を独占する結果に。

 そんなこんなで、勝ったのはサトノノブレス。58kg背負わされたり、こういう展開だったりしたこともあって爆発的な伸びはなかったが、 最後までしっかりとした足取りで伸び、粘るヤマニンボワラクテ・ファントムライトらを交わし先頭でゴールへ。まぁ、実績通りの走りができればこれ位はやれて当然でしょう。順当勝ち。 2着以下は...展開の助けがあってこの着順を確保できた感あるのがねぇ。この辺りは条件や展開次第で入れ替わりありそうな気が。



競馬鹿トップへ


Visiter'z : (since 2000/05/25)
注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。