今週のメインdeパツイチ2016
第48回ダービー卿チャレンジトロフィー出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第48回 ダービー卿チャレンジトロフィー 中山・芝1600m  4歳上オープン(GIII) 2016年4月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 キャンベルジュニア 関門橋S 1着 ラジオNIKKEI賞の大敗気になるも勢い評価。 -
2 アルマワイオリ 朝日杯FS 2着 ここ数戦そこそこ見せ場あり。展開嵌れば。 -
2 3 ダイワマッジョーレ マイルCS 2着 たまに大駆けするが、一時期の勢いはなくて。 - -
4 クラレント 安田記念 3着 重賞実績は評価もここは叩き台っぽくて。 - -
3 5 ダッシングブレイズ リゲルS 1着 これまでの走り評価も前走の落馬が気になって。 -
6 サトノアラジン マイルCS 4着 GI・重賞で好走続けるが妙に詰めが甘くて。 -
4 7 メイショウヤタロウ 小倉日経OP 1着 一度使った効果見込めるがOPまでの馬っぽく。 - -
8 エキストラエンド 京都金杯 1着 まだまだやれる。あとは展開次第で。 -
5 9 インパルスヒーロー NHKマイルC 2着 去年の3着馬。今年も一発あっていい? -
10 マジックタイム 京都牝馬S 2着 ここ数戦の走りや53kg評価も中山は微妙で。 - -
6 11 サンライズメジャー マイラーズC 2着 一応中山マイル勝ち有。嵌ればここでも。
12 テイエムタイホー 京都金杯 2着 前走の負け方問題。巻き返しあればいいが... - -
7 13 ダイワリベラル ニューイヤー 1着 中山実績評価。今回重賞だがそれなりには。 -
14 ロゴタイプ 皐月賞 1着 前走は休み明け&相手が悪く。ここなら。
8 15 フラアンジェリコ 京成杯AH 1着 中山芝1600mなら大駆けある。一発注意。 -
16 タガノブルグ NHKマイルC 2着 2桁着順続く。去年もブービーだったりするし... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第48回ダービー卿チャレンジトロフィー枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第48回ダービー卿チャレンジトロフィーの展望と予想とヨタ話

 去年はこのレースで頭角を現したモーリスがターフを席捲。
 そのモーリスに続く馬は現れる?第48回ダービー卿CT。

 でもって、このダービー卿チャレンジトロフィー。例年通りなら、地味なGIII&ハンデ戦ということでローカル場のハンデ重賞のようなレースになるのがこのダービー卿チャレンジトロフィーなのだが... 去年、突然確変してモーリスという怪物を輩出してしまったもんでねぇ。今年は何かと注目を集めそうな一戦に。

 ただ...出走馬はちと微妙な感じ。一応、ロゴタイプやサトノアラジン、ダイワマッジョーレ、アルマワイオリ、インパルスヒーロー、タガノブルグ、クラレントとGI好走馬は揃っているのだが... 中山というよりも東京向きの馬が多く叩き台としてここを使っている感じがしたりとか、ここ数戦の成績が今一つだったりとか、何かと狙い辛い馬ばかり。

 という訳で、ここは実績よりも勢い重視でキャンベルジュニアで勝負してみるのもアリでしょう。準OP勝ち直後ということもあってハンデ54kgと軽めに設定されていたり、 条件戦ではあるが力の違いを見せつけ楽勝していたりするしさ。今回重賞だがあっさり突破する可能性もあるんじゃないかと。

<第48回ダービー卿チャレンジトロフィー予想>

◎キャンベルジュニア
○フラアンジェリコ
▲サトノアラジン
△ダッシングブレイズ
△サンライズメジャー
△ロゴタイプ

 あとは無難に実績馬をおさえておけばいいかな。
 一発狙うなら中山芝1600mで大駆けあるフラアンジェリコを。

結果

1着マジックタイム
2着ロゴタイプ
3着サトノアラジン
4着ダイワリベラル
5着サンライズメジャー

タイム:1分32秒8 3F:34.5秒
マジックタイム 牝5歳
騎手:A.シュタルケ 厩舎:美浦・中川厩舎
単勝:10番1300円
複勝:10番340円、14番280円、6番160円
枠連:5-7 2280円 馬連:10-14 6110円
馬単:10-14 12830円
3連複:6-10-14 6930円
3連単:10-14-6 59230円
ワイド:10-14 1820円
    6-10 850円 6-14 750円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、マジックタイムですか...
 東京ならともかく、中山で狙うのはちょっとねぇ。

 まぁ、それはともかく。ダービー卿チャレンジトロフィーの結果。1枠を引いた上にスタートを決めた1番人気のキャンベルジュニアが単騎で逃げる展開。 ただ、大阪杯と違ってこちらは結構プレッシャーをかけ続けられたこともあるのか、前半3ハロン通過が35.3秒、1000m通過が0:58.3と速めのペースに。

 そんなこともあって、逃げたキャンベルジュニア、最後まで踏ん張れず。直線半ばで好位追走から早め早めに進出してきたロゴタイプに捕まり終了。 あとはロゴタイプがそのまま押し切って1着に...という感じの展開だったのだが、早め早めに動いたことや58kgが堪えたりしたのか、こちらも最後まで持たず。 内からじわじわ伸びてきたマジックタイムに捕まってしまい2着まで。

 そんなこんなで、勝ったのはマジックタイム。前述しているように、良績は東京・新潟ばかりで中山でどこまでやれるか微妙なところだったのだが...結果はこれですからね。 まぁ、今回はいい塩梅の立ち回り&展開になったとか、53kgというハンデが有利に作用した感は否めないだけに過信は禁物だが、とりあえず牡馬相手に勝ったのは評価していいでしょう。 GIでも相手次第ではそれなりに健闘しそうな感じですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。